院長Dr.石井の美容ブログ
東京・大塚を始めとする全国の大塚美容形成外科・歯科で沢山の患者様と日々対峙している院長・石井によるブログです。最近注目の施術や、院長の仕事について、またよくあるご相談・悩みなどを徒然にお伝えしていければと思います。
1 / 2741234...10...

目元の若返りpart2

前回に引き続き今回も「目元の若返り」についてご説明します。
前回のモニターさんは20歳の方でした。「20歳にしては老け顔でしたが、埋没法だけで年齢相応になりました」という内容でした。
※前回の記事はこちら(https://www.otsuka-biyo.co.jp/blog/page/1/

今回ご紹介するのは、加齢からくる脂肪や筋肉の減少によりまぶたやフェイスラインにたるみが出て、年齢以上に老けた印象を与えてしまっているモニターさんです。

【症例】
今回のモニターさんは46歳の方です。私の第一印象では、年齢よりも老けて見えることと、疲れた印象がありました。ご本人は目のタルミを気にされて来院されましたが、「治療したことが職場ではばれたくない」ということでした。

(術前)

お顔の状態は、額のシワが目立つことと、上まぶたのタルミと下まぶたのタルミがあります。
またフェイスラインにもタルミがあり、目尻のシワも深くなりつつあります。
このような症状になっているのには、それぞれに以下のような原因があります。

●額のシワ:上まぶたのタルミが原因
→埋没法でタルミを取ることで改善します。

●下まぶたとフェイスラインのタルミ:側頭部から頬にかけたボリューム減少が原因
→側頭部へのヒアルロン酸注入でボリュームが復活するとリフトアップしてタルミが改善します。

●目尻のシワ:笑った時の表情シワが原因
→ボツリヌストキシン治療で表情シワを改善できます。

(術後)

二点留めのナチュラル埋没法で自然な二重になったため、無理に目を開ける必要もなくなりおでこのシワが改善されました。またこめかみにヒアルロン酸を注入したことで顔全体がリフトアップされて、下まぶたとフェイスラインのたるみが解消されているのが分かります。目じりにはボトックスを注入したことにより、笑いシワも目立たなくなりました。

◆顔の加齢現象の原因と対処法
顔の加齢現象として脂肪や筋肉の減少があります。脂肪や筋肉のボリュームが減少すると頬が凹み、頬骨部分は突出が目立つため、顔が波打つような変形が出てきます。そこでヒアルロン酸をボリューム減少した部分に少量ずつ注入することによって顔の輪郭が若返るため、顔全体のリフトアップ効果につながるのです。

<ナチュラル埋没法のリスク>
1.術後の腫脹 大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血 術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.目の違和感 術後1 間程度は目が引っ張られる感じがあります
4.ドライアイ 術後は目の開きが大きくなるため眼球の乾燥感が出現する可能性があります。
5.術後痛み 手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

<ナチュラル埋没法のリスクに対する対処法>
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

<ヒアルロン酸注入のリスク>
1.内出血 術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然 に消失します。
2.術後痛み 施術当日は注入による痛みが出現する可能性があります。

<ヒアルロン酸注入のリスクに対する対処法>
本施術による感染症の可能性は非常に少ないですが、もしも感染が生じた際には抗生剤を処方いたします。場合によってはヒアルロン酸を溶解することもあります。

<ボトックス注入のリスク>
1.内出血 術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.術後痛み 手術当日は注入による痛みが出現する可能性があります。

<ボトックス注入のリスクに対する対処法>
細い針と丁寧な施術で内出血を予防しています。


無料カウンセリング無料メール相談
1 / 2741234...10...
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.