院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 脂肪吸引・痩身に関するブログ » 脂肪吸引について

脂肪吸引について

美容整形で行われている施術の中で
最も認知度の高いものは何でしょうか?

最も多く行われている施術方法は
「二重埋没法」です。

しかし、「二重埋没法」は美容整形に関心がある方であれば
聞いたことがあるかもしれませんが、逆に関心が無ければ
聞いたこともない言葉だと思います。

医師であっても美容外科、形成外科、眼科以外の先生は知らないです。

「脂肪吸引」という単語はどうでしょうか?

私の個人的なイメージですが、
美容整形自体に全く関心が無い方にも認知されている単語だと思います。

インターネット上での検索ボリュームも
1カ月間で埋没法が12,100回に対して脂肪吸引が22,000回と
圧倒的に脂肪吸引が検索されています。

検索数が多いということは
「脂肪吸引」という言葉を知っている人が多いということです。

ということで、今回は脂肪吸引のモニターさんを紹介します。

二十代半ばのモニターさんです。

大腿部全体と膝内側、ふくらはぎ、二の腕の脂肪吸引を行いました。

麻酔法は全身麻酔なので施術中の痛みは全くありません。

チューメセント麻酔を吸引の範囲で行い、
ベイザーによる超音波を使用して脂肪を乳化(溶かす)させます。

それから、脂肪吸引を行っていきます。

吸引量は二の腕から300cc(左)、400cc(右)、
大腿部と膝内側から1000cc(左)、1000cc(右)、
ふくらはぎからは500cc(両側)でした。

脂肪の吸引量としてはそれほど多くはありませんが、
均一な脂肪吸引を行うため全体的に細い脚のラインとなりました。

術後は1~2カ月ほどの圧迫が必要となります。
二の腕は専用のバンドで、足全体は弾性ストッキングという
強めのストッキングを着けて圧迫します。

※当院の詳しい脂肪吸引術はこちらです。





無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.