院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 鼻の整形に関するブログ » だんご鼻の手術について(隆鼻術、鼻翼縮小など)

だんご鼻の手術について(隆鼻術、鼻翼縮小など)

鼻の手術で最も多い施術は「隆鼻術」です。

隆鼻術とは鼻を高くする目的の施術です。
方法としては注射で高くする方法と手術で高くする方法があります。

注射の場合はヒアルロン酸の注射とレディエッセを注射する方法があります。
手術では固形シリコンのプロテーゼを挿入して高くします。

注射の方法は吸収されるものを使用するため半年から1年ほどで戻ります。
手術で使用するシリコンは吸収されないため抜去しない限り、永久です。

次に多い施術は鼻尖修正と鼻翼縮小です。

鼻尖修正とは鼻先を細くする目的の手術で、
丸いだんご鼻を治したい場合に行います。

鼻翼縮小は小鼻を縮める手術で、小鼻の幅が広い場合
(一般的には目頭と目頭の間の距離よりも広い場合)に行います。

鼻尖修正の手術は鼻翼軟骨という軟骨を切除して鼻先を細くしますが、
もともと鼻翼軟骨が薄い場合だと手術の効果が弱くなります。
その様な症例では耳介軟骨を移植することで鼻先を細くします。

また、最近増えてきた手術は鼻中隔延長術です。
鼻中隔延長術は鼻先を伸ばす目的の手術です。
鼻先が上向き(ぶた鼻)の場合や鼻の穴が気になる場合、
鼻の長さが短い場合に行う手術です。

今回のモニターさんは鼻全体が低く、小鼻も目頭間距離よりも広く、
鼻先も丸い状態で、いわゆるだんご鼻という形でした。

触診してみると鼻翼軟骨は非常に薄く、
皮膚と皮下組織が厚いことが鼻先の丸みの原因でした。
さらに鼻腔内の診察で鞍鼻であることがわかりました。

鞍鼻とは鼻中隔軟骨が欠損(または弱い)している状態です。
鼻中隔軟骨は鼻の大黒柱のような役目ですので鼻の支柱となっています。

手術の方針としては鼻中隔軟骨の代わりとなる軟骨の移植や骨移植が
必要でしたが、ご本人が大掛かりな手術を希望されなかったため、
鼻の高さを十分に高くできない可能性を説明したうえで他の方針を考えました。

実際に行った手術はシリコンプロテーゼによる隆鼻術、
鼻翼縮小、鼻尖修正、鼻尖部の耳介軟骨移植です。

鼻の上部分(目の間)には鼻骨があるためプロテーゼにより高くなりますが
下部分では支えとなる軟骨が欠損しているため高くならず
鼻先との間に段差が生じてしまいます。

そこで、段差の部分までかかるように耳介軟骨の形を作り移植しているため
明らかな段差にはなっていません。

また、鼻翼縮小の手術では皮膚の切除だけではなく、
鼻翼の真皮部分を正中で縫合しているため手術の効果が高くなり、
戻りも少なくなるようにしています。

鼻の手術のみですが、顔全体がすっきりし洗練された印象となりました。

※当院の鼻の施術一覧はこちら


1 / 51234...
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.