院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 二重・目元に関するブログ » 腫れぼったいまぶたの二重整形(マイクロ切開B)

腫れぼったいまぶたの二重整形(マイクロ切開B)

腫れぼったいまぶたの治療を希望し来院される方も多いです。

多くの場合、埋没法のみを行いますが、
腫れぼったいまぶたの場合は埋没法だと二重のラインが取れる可能性が高いです。

埋没法を3~5回ほど繰り返す方もいますが、
短期間での繰り返しの施術はあまりお勧めできません。

取れにくい埋没法としてフォーエバーブリリアント法があります。
しかし、腫れぼったいまぶたの方で希望の二重幅が通常よりも広い場合、
不自然な仕上がりになる可能性もあります。

かといって、埋没法を繰り返されている方は全切開に対しての抵抗感も強いです。

そこで、当院でよくお勧めするのがマイクロ切開です。

5mm程度の小さな切開は必要ですが、眼窩脂肪の切除も行えるので、
腫れぼったい瞼をすっきりとさせる効果があります。

また、脂肪を減量するため二重自体も取れにくくなります。
さらに切開した部分で切開重瞼と同じ固定を行うこともできるため、
二重がより取れにくくなります。この方法がマイクロ切開Bです。

マイクロ切開と埋没法の大きな違いは、
術前と術後のイメージが大きく変わることです。

例えば普段からアイテープなどを使用していて、
二重の線ができやすい人では埋没法を行っても大きな変化はありません。

しかし、マイクロ切開では脂肪を切除するため二重のラインがより深くなります。

目の周りの骨格によっては奥目っぽくもなりますし、
眉毛と目の距離も縮まります。

以前からアイテープなどを使って二重にしていた人でも、
術後の二重の印象は変わります。

逆に術後のイメージをあまり変えたくない人にはお勧めしていません。

マイクロ切開の手術後によく言われることは
「朝のメイクがとても楽になった」ということです。

腫れぼったい瞼だとアイテープに要する時間が長くかかるためだと思います。

今回は、もともと一重まぶたの19歳のモニターさんです。
アイテープは使用していたがラインは付きにくかったようです。

朝の寝起きはむくみがちで二重のラインは入りにくい状態でした。
シミュレーションでもラインは入りにくく、
埋没法では取れやすいことが予想されたためマイクロ切開Bで手術を行いました。

左まぶたの白い膨らみ(脾粒種 ※矢印の箇所)も切除しました。

術後3カ月です。

しっかりとしたラインの平行型の二重になっています。
メイクしていない状態でこの程度の傷です。

傷は術後6カ月まで経過するとさらにきれいになります。

※二重整形(マイクロ切開B)の詳細はこちら


1 / 41234
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.