院長Dr.石井の美容ブログ
肌・スキンケア > TOP » しわ(口元、目元、額など)に関するブログ » 口周りにできるシワにヒアルロン酸注入とボトックス注入

口周りにできるシワにヒアルロン酸注入とボトックス注入

口角の外側にできるシワは2重、3重になるため意外と気になっている方も多いのでは?
笑うと余計にシワの線が深くなるため笑うこともためらってしまう、なんて方もいるようです。

この口周りにできるシワは顎が小さく、痩せている方にできやすいです。

顎が小さいと口が閉じにくい状態となります。口が開いていると口腔内が乾燥してしまうため無意識に口を閉じます。この時にオトガイ筋を収縮させて口を閉じます。オトガイ筋に力が入ると周りの筋肉や皮膚が押し広げられるため口角の外側にシワができます。頬に脂肪がしっかりと付いていると皮膚にハリがあるためシワは出来にくくなります。

46歳のモニターさんです。口周りとほうれい線、顎にシワがあるため年齢よりも老けて見えます。施術前の写真は何も指示してなく正面を向いている状態ですが、口を硬く閉じているように見えます。

施術前
ヒアルロン酸(ボリューマ2本)の注入とボトックス注射を行いました。
ヒアルロン酸は頬のボリュームが減少している部分と顎に注入しています。口周りのシワには注入していません。仮にシワの部分に注入するとシワは無くなるかもしれませんが、頬が膨らみすぎてしまい綺麗な仕上がりにはなりません。

 

施術後(3ヶ月後)
施術後の写真を見るとわかりますが、頬と顎のボリュームが適度に改善するとVラインのフェイスラインとなるためホームベース型のフェイスラインからV型のフェイスラインとなり、リフトアップしたように見えます。また、頬のボリュームが改善したためほうれい線も目立たなくなりました。そして、ボトックス注射によりオトガイ筋が弱まり口周りのシワが改善しています。

顔のタルミやシワは顔の筋肉や脂肪などの変化と密接に関係しています。ヒアルロン酸とボトックスを上手に組み合わせて治療すると、より良い効果が期待できます。

 

施術前

↓ 

施術後(3ヶ月後)
 

▼クマやしわにふっくらとしたハリを取り戻すヒアルロン酸注入
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/skin/ope/shiwatori.html

▼気になる表情じわを解消するボトックス注入
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/skin/ope/botox.html

===

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ


1 / 51234...
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.