院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 二重・目元に関するブログ » 埋没法・目頭切開・目尻切開の効果

埋没法・目頭切開・目尻切開の効果

今回は目を大きくしたい願望のモニターさんです。

一重で蒙古ヒダが強いタイプのまぶたです。
目は大きくしたいけど、メイクをしていないときでも自然な感じの二重、というご要望でした。

まず、一重の方が二重にする場合の注意点です。
① 一重の方はまぶたの皮膚が厚い傾向にあるため二重を広くすると不自然になりやすいです。
② もともと一重の方は目の開きが弱く、一重はほぼ眼瞼下垂と考えている先生もいるほどです。
③ 目の開きが弱い方に広い二重を作ると更に目の開きが弱くなり、眠たい感じの目元になってしまいます。

これらの注意点を踏まえて一重の方が自然なパッチリ二重になる方法を説明します。

二重の幅はやや狭く設定します。すると末広型の二重となります。
末広型だと自然ですが、パッチリ感が弱いです。
そこで、目頭切開をして平行型に近い二重を作ります。すると、目頭側の白目が広がり目の大きさが大きく見えるようになります。
さらに、目尻切開を行うと目尻側の白目が広がります。やはり目が大きく見える効果と軽度な垂れ目効果があります。
両施術により目の開きが改善されることで、まぶたに覆われていた白目と黒目がしっかりと見えるようになることで、目が大きく見えるようになります。

今回のモニター様の施術をそれぞれもう少し詳しく説明します。
二重はフォーエバーブリリアントの埋没法を行っています。
目頭切開は斜め下45°の方向に目を開きたいという希望でしたのでW法を行っています。
目尻切開は目の開きを大きく見せる効果が出にくい手術ですが、特殊なシリコンシートを使用することで後戻りを防いで手術効果が高くなるように工夫しています。

(術前)

 

(術後)

メイクしていない写真ですが、自然な二重の目元で、かつ目力アップも出来ています。
傷もとても綺麗に治っていると思います。

【フォーエバーブリリアント埋没法のリスク】
・二重の消失
・縫合糸膿瘍等の感染症
・埋没した糸の透見(皮膚から透けて見える)
・目の異物感
・左右差等

【フォーエバーブリリアント埋没法の副作用】
1.術後の腫脹 大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血 術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。

3.目の違和感 術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
4.ドライアイ 術後は目の開きが大きくなるため眼球の乾燥感が出現する可能性があります。

5.術後痛み 手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

【フォーエバーブリリアント埋没法 リスクと副作用に対する予防】
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。左右差に対しては術前に十分なシミュレーションを行いご本人が納得した状態で施術を受けるように取り組んでいます。

【目頭切開法のリスク】
傷跡、多少の後戻り、元の状態に戻せない、感染症。

【目頭切開法の副作用】
1.術後の腫脹
術後は1週間程度の腫れがあります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

【目頭切開法 リスクと副作用に対する予防】
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。


1 / 211234...10...
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.