院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » プチ整形に関するブログ » ヒアルロン酸注入で顎のラインを美しくシャープに

ヒアルロン酸注入で顎のラインを美しくシャープに

8月2日の開催されたヒアルロン酸(ジュビダームビスタボリューマXC)注入の勉強会でモニターになった当院スタッフのその後です。ジュビダームビスタボリューマXCは、顔のボリュームロスを改善することに適した長期持続型のヒアルロン酸です。

加齢によるタルミの原因は、「皮膚のタルミ」「筋肉の減少」「脂肪の減少」です。これらのタルミ要素が複合的に絡み合うことによって、「目の上下のくぼみ」や「こめかみや頬のくぼみ」のようなボリュームロスや「ほうれい線やマリオネットライン」のように老け顔と呼ばれる症状が出てしまいます。

ブログでは何度か書かせていただいていますがジュビダームビスタボリューマXCは、高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混合し効率よく強固に架橋しています。この複雑な網目構造のおかげでヒアルロン酸が酵素に分解されにくく持続性が高い、また膨潤しにくい低吸収性のため注入時の美しい仕上がりをキープします。

今回のスタッフモニターは加齢に伴うタルミだけでなく、もともと顎が少し後退しており輪郭にメリハリがないのも気になっていたため、以下の箇所にジュビダームビスタボリューマXCを注入いたしました。


<術前と術後1か月>

顎の左右差が改善したため、優しい印象となりました。


フェイスラインがすっきりとしました。

ぼやけて見ていた輪郭がはっきりとしボリュームロスの改善だけでなく全体的なリフトアップもかなったことがわかります。特に顎の部分の改善が大きく横顔のバランスがとてもきれいになりましたのでクローズアップしてご紹介します。

<術前>


正面から見た顎ラインの角度は120°でした。また横からみたところ顎の後退が目立ちます。オトガイ下三角と呼ばれる顎の下部分から顎先と下唇のラインを結んだ角度が140°です。後退していることで口元が前突して見えてしまっています。
そこで顎を作るためにヒアルロン酸(ジュビダームビスタボリューマXC)を顎の前方向に注入し形成します。

<術後1か月>


横から見た顎ラインの角度は120°で術前と比較して顎がシャープに形成されたことがわかります。術前では前突しているように見えた口元が、顎を形成したことにより目立たなくり顎から鼻先に向けてのラインが美しくなりました。また正面からみると顎がでて引き締まって見えます。実際顎のラインは110°で術前よりもシャープで若々しいラインになりました。

▼8月2日のアラガン社ジュビダームビスタボリューマXC注入勉強会
http://www.otsuka-biyo.co.jp/blog/antiaging/2908/

▼厚生労働省認可のヒアルロン酸 ジュビダームビスタボリューマXCについて
http://www.otsuka-biyo.co.jp/blog/skin/2634/

▼ジュビダームビスタボリューマXCを使用した若返りについて
http://www.otsuka-biyo.co.jp/blog/antiaging/2691/

▼ジュビダームビスタボリューマXCで劇的にクマを改善
http://www.otsuka-biyo.co.jp/blog/eye/2809/

▼ジュビダームビスタボリューマXCを使用した若返り術について
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lp/hyalu/

=====
  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ


無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.