美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

豊胸手術(プロテーゼ挿入法)について

豊胸バッグによる豊胸術

豊胸手術(プロテーゼ挿入法)

大胸筋または乳腺下に医療用豊胸バッグを入れ、ご希望のバストの大きさや形に。

豊胸手術(プロテーゼ挿入法)とは

ご希望にピッタリの形やサイズに!

メスを使わないダウンタイムの少ないプチ豊胸術

バッグ(豊胸インプラント)による豊胸術は、バストの形やサイズを患者様の希望にあわせてバストアップすることができます。

バックを挿入する方法としては「乳腺下法」「大胸筋下法」「大胸筋膜下法」の3つがあります。年齢や体型、さらにバスト部分の皮膚や脂肪の厚さ、大胸筋の状態、乳腺の量などといった様々な状態を考慮した上で挿入方法を選択するため、熟練の判断力が問われます。

保証メニューをご用意しています

ヒアルエイド®の主成分「ヒアルロン酸」

美容形成外科として約40年の歴史をもつ大塚美容形成外科では、経験豊富な医師がカウンセリングから手術までを行います。また、術後10年間に渡って保証するメニューも用意しています。

10年保証の詳細はこちら

豊胸手術(プロテーゼ挿入法)

Pick up症例
  • 施術前
  • 施術後

  • 施術前
  • 施術後

  • 施術前
  • 施術後
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代半ばの方です。右の乳房にあったホクロを切除する手術を受けたら右側が小さくなり左右差が気になったため来院されました。左右差を整えつつ、同時に両方とも2カップほど大きくしたいという希望でした。2カップ以上のバストアップを希望されている場合はシリコンバックの挿入が確実な方法です。シリコンバッグはテクスチャードタイプのハイプロファイル型で右に260g、左に220gのサイズを大胸筋下に挿入しています。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
色々な材質・大きさをお選びいただけます

形や触感など多様なバッグをご用意しております。その中から医師と相談の上、患者様の年齢や体型・バストの状態・お肌の状態などに応じて、ご希望のバッグをお選び頂けます。

実際にバッグをお手にとってご覧いただけます

シリコンジェルの材質から大きさまで、実際にお手に取ってご覧頂けます。また手術中や直後にも確認することができますので、サイズや位置などを調整していくことも可能です。

施術のポイント

豊胸手術(プロテーゼ挿入法)のポイント

サイズやデザインへのこだわり サイズやデザインへのこだわり

当院では、手術はもちろんですが術前のカウンセリングも丁寧に行っております。ただ胸を大きくするのではなく、一人ひとりのご要望に対して医師がオーダーメイドで提案を行い、納得していただいた上で手術を行っています。さらに手術直前には切開場所や注入場所、デザイン等を細かく決めることで、より理想に近いバストへと仕上げます

全身麻酔と術後の万全な管理体制 全身麻酔と術後の万全な管理体制

全身麻酔は麻酔科専門医による徹底した管理と、入院設備までを含めた術後管理ができるクリニックでなければ行うことはできません。当院では全身麻酔によって手術への不安や痛みを最大限に軽減しています。また熟練の医師とベテランの看護師、スタッフによって手術を行うため術後のケアやアフターフォローも万全です。

10年保証によるアフターフォローもあり 10年保証によるアフターフォローもあり

万が一、破損や感染があった際には、10年間は無償でバッグ抜去と再挿入を行っています
また、バッグ挿入後のアフターケアとしてマッサージ指導も行っております。(テクスチャードタイプのバッグはバッグが固定されるためマッサージ不要です)

より安全な手法を採用 より安全な手法を採用

当院では美容医療の経験が豊富な医師が施術を行っております。更により安全にバッグ挿入ができるように、傷口を最小限にするケラーファンネル等の器具を使用します

ケラーファンネルの詳細はこちら
約40年間の美容形成外科の実績と経験に基づく施術 約40年間の美容形成外科の実績と経験に基づく施術

豊胸バッグ挿入による豊胸術は、一人ひとりの体型や脂肪、皮膚の厚さによって挿入部位も挿入個所も異なります。解剖学の知識や形成外科的な高い技術力も求められるため、実績が豊富で信頼できる医師による施術をお勧めします。

切開部位について

バッグを挿入する際の切開部位は3通りあります。日本では脇の下から挿入する方法が一般的ですが、術後の痛みが少ないのは乳房下から挿入する方法です。事前にそれぞれの切開方法のメリット、デメリットを話し合った上で手術を行います。

豊胸バッグ挿入時の切開部分
(1)腋の下(腋窩)

日本では最も一般的な挿入個所です。乳房に傷が残らず傷跡も目立ちにくい点が特徴です。
ただし大きなバッグの場合は挿入しにくく、経験の少ない医師の場合傷跡が目立ってしまったり出血が多くなる可能性があります。場合によっては乳房の感覚に影響を与えることもあるため経験豊富な医師による慎重な手術が求められます。

(2)乳房下縁

乳房の下からバッグを挿入します。固定位置が近いためバッグを比較的安全に挿入することができます。術後の傷跡はバストの下のラインに隠れるため、大き目のバストの方や色白の方の場合は特に目立ちにくい点が特徴です。

(3)乳輪周辺

欧米で採用されることが多い方法です。乳輪の色の濃い部分を切開するため傷跡は目立ちません。

切開部位の負担を軽減!ケラーファンネル

切開部位の負担を軽減!ケラーファンネル

通常バッグは医師が手作業で挿入しますが、挿入の際にケラーファンネルという漏斗状の特殊な器具を使用することで、 より皮膚の負担を小さくし傷跡を最小限にとどめることが可能です。

なお、ケラーファンネルはオプションのため別途費用がかかります。(¥25,000/税抜)

ケラーファンネル利用の特徴
ケラーファンネル利用の特徴
  • 皮膚の切開部分の負担を減らす
  • 皮膚に接触しないため感染や拘縮のリスクを減らす
  • 手術時間が短縮できる
  • 挿入時のバッグへの負担を軽減し、破損の可能性を軽減

豊胸バッグについて

バッグの材質

バッグには複数の材質があります。スムースタイプのバッグは、表面がツルツルしているため挿入された空間を自由に移動することができます。そのため、仰向けや横向きになった際に自然なバストラインの流れが生まれます。胸全体の手触りも柔らかい感触です。テクスチャードタイプは、表面がざらざらしたタイプのバッグです。表面に特殊加工をすることで手術後の被膜拘縮を防ぐといわれています。
大胸筋下に挿入する場合はテクスチャードタイプ、乳腺下に挿入する場合はスムースタイプを使用することが多いです。

  • スムースタイプ スムースタイプ

    ・表面がツルツルしている。
    ・乳房内の可動性が高く自然。
    ・やわらかい

  • テクスチャードタイプ テクスチャードタイプ

    ・表面がざらざらしている。
    ・術後、拘縮しにくい。
    ・術後マッサージの必要がない
    ・少し硬い

※拘縮(こうしゅく)とは

人間には異物が体内に混入した際に保護しようとする働きがあります。これは豊胸バッグに限らずペースメーカーなどでも同様で、これらが体内に入った際に異物の周囲にカプセル被膜を作り、身体から隔離したスペースを形成します。ごくまれに、このカプセル被膜のスペースが小さく形成されてしまい、バッグが狭い場所に閉じ込められてしまうことがあります。

バッグの形

バッグには複数の形・高さのものがありますが、円形のラウンド型を使用することがほとんどです。通常のラウンド型は立体的でなだらかな円形ですが、よりバストに高さを出したい場合にはハイプロファイルというバッグが前方に隆起したものを使用します。 アナトミカルは主に乳房再建で使用するバッグです。

  • ラウンド型 ラウンド型

    ・日本人にあう自然な形
    ・胸の上部から盛り上がりハリが出る

  • ハイプロファイル型 ハイプロファイル型

    ・胸に高さが出る

  • アナトミカル型 アナトミカル型

    ・主に乳房再建で使用

当院で使用する豊胸バッグ

当院では複数のバッグを用意しています。希望のサイズや手触りに合わせてお選びいただくことが可能です。また10年間の保証も行っておりますのでお気軽にお問合せください。

ナトレル(バイオセル) MOTIVA(モティバ)
ナトレル(バイオセル) ALLERGAN(アラガン)社 ナトレル(バイオセル) 手触り 特徴

・高品質のプロテーゼを製造するアラガン社製
・ソフトコヒーシブシリコンバッグプロテーゼによるバッグ
・アメリカの厚生労働省であるFDAの認可取得済み
・製造特許を多数持っている
・バッグの伸縮性が良く、非常に柔らかい触感
・安全性・耐久性にも優れています

※10年保証あり(オプション) 豊胸バッグの形
MOTIVA(モティバ) AEstablishment Labs社 MOTIVA(モティバ) 手触り 特徴

・6層構造で強い強度
・伸長率は90%と際立った安定感
・シリコン充填率が100%
・挿入後にバッグの縁が目立ってしまう現象(リップリング)が起きにくい
・最新の表面コーティングで手触りも自然

※10年保証あり(オプション) 豊胸バッグの形
10年保証について

当院では、オプションにてバッグを挿入した方について10年間の保証を行っています。 万が一、破損や感染があった際には無償でバッグを抜去し、再挿入いたします。 ※ご自身の意志によるサイズ変更等の場合は適用できません。

豊胸バッグの挿入場所

バッグは、主に以下3か所の場所に挿入します。体格や骨格、希望のサイズによって最適な方法は異なりますので、事前のカウンセリングや診察の上ご提案いたします。

乳腺下法 大胸筋膜下法 大胸筋下法
乳腺下法 乳腺下法

乳腺の下、大胸筋の上に挿入

適応

・バストが比較的大きい
・下垂気味
・スムースバッグを挿入の方

特徴

1)手術の際に大胸筋をはがす必要がないので痛みが少ない
2)乳腺を傷つけず挿入することができる
3)感触がとてもやわらかく、自然な仕上り
4)挿入したバッグの特徴を感じやすいためやわらかいバッグを挿入する
5)垂れ気味の胸が改善する

大胸筋膜下法 大胸筋膜下法

大胸筋前方筋膜の下、大胸筋の上に挿入

適応

・脂肪が少ない方
・皮膚が薄い方

特徴

1)脂肪の少ない方もバックが浮いて見えず自然な仕上がり
2)術後の痛みや腫れが少ない
※大胸筋膜下法は、高度な技術が必要なため当院では経験豊富な医師が担当しています

大胸筋下法 大胸筋下法

皮膚のすぐ下ではなく、胸の筋肉(大胸筋)の下に挿入

適応

・バストが小さい方
・皮膚が薄い方
・テクスチャーバッグを挿入の方

特徴

1)脂肪の少ない方もバックが浮いて見えず自然な仕上がり
2)乳腺に触れない手術方法
※大胸筋下法は、高度な技術が必要なため当院では経験豊富な医師が担当しています

バッグの内容物

バッグの中身は製造メーカーによって異なります。当院ではコヒーシブシリコンのバッグを使っています。

生理食塩水 体内で万が一漏れても安全なため、以前は多く使われていました。最近は技術の発展によってあまり使われておりません。
ハイドロジェルバック バッグの中身がムコ多糖と生理食塩水でできているバッグ。万が一破損しても体外に排出されます。少し固めの手触りです。
シリコンジェルバッグ 生理食塩水と同様に古くから使われてきたバッグです。仕上がりは自然な手触りですが、万が一破損した場合に身体へ影響を与える可能性があり現在ではあまり使われていません。
バイオセルバック バッグの膜が特許を取得した三重の構造になっており、破損の心配がほぼないタイプです。手触りも自然で違和感も少ないバッグです。
コヒーシブシリコン 半固体状のシリコンです。やや固い質感で粘着性があるため破損しても漏れません。 米国FDAに認可された商品です。 ※「コヒーシブ」とは凝縮したという意味。

ソフトコヒーシブシリコン
(当院で使用しているバッグです)

安全性が高いコヒーシブシリコンを、より自然な柔らかさにした最新のバッグです。従来の製品よりもソフトで柔らかな触り心地が特徴です。米国FDAにも認可されています。

当院では、全身麻酔による手術を行っております

大塚美容形成外科の全身麻酔手術

全身麻酔は、麻酔科専門医による徹底した管理と、入院設備までを含めた術後管理ができるクリニックでなければ行うことはできません。全身麻酔によって眠っている間に痛みを感じることなく手術を終えることができます。

なお、クリニックによっては全身麻酔ではなく硬膜外麻酔という背骨に麻酔を注射する方法を行うところもあります。この方法は麻酔科専門医ではなく外科医が自ら麻酔を行うため、医師の経験が少ないと麻酔の効きが弱く痛みを感じたり、逆に効きすぎて呼吸が止まってしまうリスクもあります。さらに硬膜外麻酔の場合、意識はしっかりとあるため、手術の様子を認識することができ怖がられる方も多いようです。

また全身麻酔を行うクリニックでも、麻酔科専門医がおらず外科医が自ら麻酔を行うこともあります。麻酔を管理しながらの手術になるため、リスクは高まるでしょう。

当院では出来る限り安全な環境で痛みを軽減して手術を行えるように、麻酔科専門医による全身麻酔で手術を行っています。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    バストサイズやデザインにこだわりたい
  • Case 2
    2カップ以上バストアップしたい
  • Case 3
    半永久的効果のある施術を希望している

施術の留意点

施術時間 約1.5時間
ダウンタイム 1カ月
術後の腫れ 傷跡は2か月ほど赤みあり
施術の痛み 2~4週間ほど痛みあり
入院・通院 消毒のため翌日と、抜糸のため1週間後来院が必要です
麻酔 全身麻酔または静脈麻酔
持続性 半永久
シャワー・入浴 シャワーは2日後から、入浴は抜糸後から。

施術料金

施術名 数量 定価(税抜)
シリコンジェルバッグ ¥450,000~
270g以上 プラス¥95,500

よくあるご質問

授乳に影響はありませんか?
豊胸術は乳腺には一切触れない方法なので、授乳にはまったく影響はありません。御結婚前の方でも治療を受けて頂くことができます。
傷跡は残りませんか?
わきの下のしわに沿って約5cm程度ほど切開するだけで、傷はしわに隠れて目立たなくなり、時間とともに目立たなくなっていきます。
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP