美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

ヒアルロン酸による豊胸術について

ヒアルロン酸による豊胸術

ヒアルロン酸プチ豊胸

メスを使わず、わずか20分で理想のバストサイズに。

ヒアルロン酸プチ豊胸とは

メスを使わないダウンタイムの少ないプチ豊胸術

メスを使わないダウンタイムの少ないプチ豊胸術

ヒアルロン酸による豊胸術は、当院でも人気のプチ整形術のひとつです。バッグや脂肪注入等による豊胸術と異なり、ダウンタイムもなく短時間でバストアップすることが可能です。

例えば1カップだけ大きくしたい方や、1シーズンだけ試してみたい方はもちろん、出産や授乳などでバストが下がってしまった方にお勧めの施術です。さらに、バスト全体へ注入してバストアップすることはもちろん「バストの上部に膨らみを出したい」「左右差をなくしたい」など、部位を限定して注入することも可能です。

ヒアルロン酸による豊胸術の施術プロセス

ヒアルロン酸プチ豊胸の主成分「ヒアルロン酸」

ヒアルロン酸プチ豊胸の主成分「ヒアルロン酸」

ヒアルロン酸プチ豊胸の成分であるヒアルロン酸は、もともと体内にある成分のため、アレルギー等の心配もありません。注入後は少しずつ体内に吸収されていきます。

豊胸術で使用するヒアルロン酸は、若返りの注入術や鼻の整形等で使用するヒアルロン酸よりも粒子が大きく、ボリュームアップに適したものになっています。また、ヒアルロン酸は粒子が大きいため体内への吸収速度が遅く、1年~2年ほど効果が持続します。(通常の顔用のヒアルロン酸は半年程度)

豊富な経験を持った医師が施術します

豊富な経験を持った医師が施術します

ヒアルロン酸による豊胸術は手軽な施術ではありますが、乳腺下の深層にバランスを見ながら注入するため正確な解剖知識が必要な施術です。

当院ではヒアルロン酸注入はもちろん、バッグや脂肪注入などによる豊胸術や、バストアップ全般の知識を備えた美容外科経験が長い医師が施術を行っています。

ヒアルロン酸プチ豊胸

Pick up症例
  • 施術前
  • 施術後

  • 施術前
  • 施術後

  • 施術前
  • 施術後
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
25歳の方です。中学生の頃からバストに対してコンプレックスがあり、水着になれなかったようです。ご希望は1カップほどの自然な感じでしたので、ヒアルロン酸の注入を片方に100ccずつ、両側で200cc注入しました。自然な膨らみを希望されていたので乳腺の下に全体的に広がるように注入しています。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
今までのヒアルロン酸とは違います

当院で使用している新しい豊胸用ヒアルロン酸は、粒子が小さくソフトで、感触がとてもナチュラルです。

施術のポイント

大塚美容のプチ豊胸術ヒアルロン酸プチ豊胸のポイント

豊胸専用のヒアルロン酸 豊胸専用のヒアルロン酸

当院で使用しているヒアルロン酸「ヒアルロン酸プチ豊胸」は、豊胸用として作られた柔らかい感触のヒアルロン酸です。粒子が大きいため体内への吸収速度は遅く、効果の持続期間が1年~2年と、しわ取りなどで使用するヒアルロン酸よりも持続期間が長い点も特長です。

米国FDAにも認可された正規品 米国FDAにも認可された正規品

本製品はスウェーデンQ-Med社による正規品で、米国の厚生労働省にあたるFDAにも認可されています。なおQ-Med社は世界でも信頼性の高いヒアルロン酸を製造しており、同社の製品を正規品として取り扱っている美容クリニックは国内にそれほど多くありません。

痛みが少なく手術時間は20分程度 痛みが少なく手術時間は20分程度

手術を伴う豊胸術と異なり、注射による注入によってご希望のサイズへのバストアップが可能です。施術の際は局所麻酔を行うため痛みもほぼありません。施術は20分程度でシャワーや入浴も翌日から可能なため、お仕事や学校でなかなか休みが取れない方や来週までにサイズアップをしたいとお急ぎの方にも人気です。

注入後の面倒なアフターケアもなし 注入後の面倒なアフターケアもなし

医療バッグ等による豊胸手術の場合は、術後にマッサージ等のアフターケアが必要な場合もありますが、ヒアルロン酸プチ豊胸豊胸術の場合は注入した当日から通常の生活を送ることができます
ただしシャワーと入浴は翌日からで、施術当日は多少の痛みを感じることがあります(個人差があります)。

経験豊富な医師による注入 経験豊富な医師による注入

美容形成外科として約40年の歴史を誇る当院では、経験豊富な医師による施術を行っています。一人ひとりの骨格や脂肪、皮膚の状態を的確に判断した上で注入を行います。

ヒアルロン酸による豊胸術のプロセス

  • ヒアルロン酸による豊胸術の施術プロセス その1
    カウンセリングで注入量や注入部位など、患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • ヒアルロン酸による豊胸術の施術プロセス その2
    局所麻酔を行います。
  • ヒアルロン酸による豊胸術の施術プロセス その3
    細い注射器を使ってヒアルロン酸を希望の部位に注入します。施術時間は約20分。
  • ヒアルロン酸による豊胸術の施術プロセス その4
    ヒアルロン酸が注入された状態。
    施術後は入院や通院は不要です。施術当日から通常の生活が可能です。
    ただし、ただしシャワーと入浴は翌日からです。また、施術当日は多少の痛みを感じることがあります(個人差があります)。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    ダウンタイムの無い施術を希望している
  • Case 2
    すぐに効果を実感したい
  • Case 3
    メスを使った施術は避けたい

施術の留意点

施術時間 約20分
ダウンタイム なし
術後の腫れ 針穴の赤み
施術の痛み 麻酔をするので痛みはほとんどありませんが、当日は多少痛みがあります。
入院・通院 抜糸の必要がないので手術当日で終了。術後、通院の必要はありません。
麻酔 局所麻酔
持続性 約1~2年
シャワー・入浴 翌日から可能です。

施術料金

施術名 数量 定価(税抜)
ヒアルロン酸プチ豊胸 1本・10cc ¥36,000

よくあるご質問

入院は必要ですか?
ヒアルロン酸による豊胸術は、その日のうちに帰れますので入院の必要はありません。
アフターケアは必要ですか?
特に必要ありません。ただしシャワーと入浴は翌日からで、施術当日は多少の痛みを感じることがあります(個人差があります)。
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP