美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

エラ・小顔注入(ボツリヌストキシン)

エラ・小顔注入(ボツリヌストキシン)

エラ・小顔注入(ボツリヌストキシン)

発達したエラの筋肉を、注入術ですっきりと。

ボトックス注入とは

発達した咬筋に効果的です

発達した咬筋に効果的です

エラが張っている原因は、骨もしくは筋肉(咬筋)の発達によるものです。まずはどちらが原因かを確認することが必要です。筋肉(咬筋)によってエラが張って見える場合にはボツリヌストキシン注射を行います。

ただし、骨が突出している場合にはボツリヌストキシン注射を行っても効果は少ないので、この場合は骨削り術を行います。

ボトックス注入の施術プロセス

エラ・ボトックス注射

  • 施術前
  • 施術後(3週間後)
施術後(2カ月後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
モニターさんは20代です。小顔の治療と左右差を治したい目的で来院されました。
左右差の原因は下顎骨の大きさの違いと咬筋の太さの違いでした。左右差に対して左側に35単位、右側に50単位と注入量を変えて注射しています。
3週間後でもすでに小顔効果が出ており、左右差も改善しております。2カ月後(アフター写)ではさらに効果が見られており、友人からは「痩せた?」と言われるそうです。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
施術前の診察が大切です。

ボツリヌストキシンを咬筋に注入することにより確実にエラ部分を細くすることができます。しかし、確実な効果を出すには咬筋の位置を理解していることが大切です。施術前に咬筋の動きと肥大部分を確認します。

また、咬筋の付着である頬骨弓付近は凹みやすい部位なので、顔の輪郭を考慮して注入する量を決めます。

ボトックス注入のプロセス

ボツリヌストキシンは筋肉の動きを弱める作用があります。筋肉(咬筋)に注射をすることでエラの原因となっている筋肉の動きを弱め、フェイスラインをシャープに整えることが可能です。

術後1か月程度で次第にエラ周辺のラインがシャープになります。10分程度の注射で、4ヵ月~6ヶ月持続するため、人気の小顔プチ整形術です。

正面
  • エラボトックス注入 正面1
  • エラボトックス注入 正面2
  • エラボトックス注入 正面3
斜め
  • エラボトックス注入 斜め1
  • エラボトックス注入 斜め2
  • エラボトックス注入 斜め3

こんな悩みの方に

  • Case 1
    エラが張っている

施術の留意点

所要時間 約10分
腫れ・傷跡 なし
施術の痛み チクッとする程度
入院・通院 なし
麻酔 クリーム麻酔
持続性 4~6ヶ月
洗顔 当日から可
シャワー・入浴 当日から可
メイク 当日から可

施術料金

施術名 定価(税抜)
ボツリヌストキシン ¥46,000~

よくあるご質問

注入後どのぐらいで効果を実感できますか?
注入量や注入する位置、患者様の個人差などで多少の違いはありますが、約2週間後には少しずつ効果を実感して頂けます。
ボトックスの持続期間は?
ボトックスは注入後、4~6ヶ月持続します。
小顔・輪郭・アゴ その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー アクアフィリング豊胸 エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 美容点滴 大塚点滴ラウンジ ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP