美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

ワキガ治療 反転剪除法(切開法)

ワキガ・多汗症

ワキガ治療 反転剪除法(切開法)

重度のワキガにも高い効果が期待できるワキガ治療法です。

反転剪除法(切開法)とは?

反転剪除法(はんてんせんじょほう)は、文字通りメスを使用して切開する施術方法のため「切開法」とも言います。

切開するワキガ治療の中では最も効果が高いと言われており、重度のワキガに対しても効果が期待できる施術方法です。ワキを切開後、皮膚を反転させ、ワキガの原因となる皮下組織内のアポクリン腺を、ハサミで直接取り除きます。

反転剪除法(切開法)では、匂いの元となる汗腺そのものを取り除いてしまうので、確実な効果が期待できます。

反転剪除法のメリット

反転剪除法のメリットは再発率の低さにあります。

目で見ながら除去することによって取り残しを少なくすることが出来、再発のリスクが極めて低くなります。

しかし、取り残しを少なくするには熟練した医師の技術が必要です。当院では十分な経験と技術を持った医師が、丁寧にアポクリン腺を除去します。
美容医療に特化した医師が施術しますので、傷跡の目立ちにくさにも配慮します。

ボトックス注射などでは解消出来ない重度のワキガの方、確実にワキガを治したいという方におすすめの治療法です。

施術のプロセス

  • カウンセリング

    カウンセリングで患者様のお悩みやご要望、症状について伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 施術

    • 4センチほど切開 脇の下の中央のシワに沿って、4センチほど切開します。
    • アポクリン腺を除去 そこから皮膚を反転させ、目で確認しながらアポクリン腺を除去していきます。
    • 縫合 その後縫合し、ガーゼを丸めたもので皮膚を圧迫し、縫い付けます。
  • 施術後

    • 2~3日後にガーゼを外し、再度包帯で圧迫します。
    • 術後7日で抜糸を行います。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    確実にワキガを治療したい
  • Case 2
    重度のワキガで、注射や吸引での治療は無理と言われた

施術の留意点

所要時間 2時間
ダウンタイム 2~3日
腫れ・傷跡 傷跡は残りますが、もともとあるシワに隠れるので目立ちません。
施術の痛み 局所麻酔を行うので痛みの心配はありません
入院・通院 入院はなし・通院は3回
麻酔 局所麻酔
持続性 半永久的
シャワー・入浴 切開部分意外は当日から可能
湯船に浸かる入浴は術後1週間お控えください。

当院のこだわり

リスクを見極め、それぞれに合った方法で切開します。

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
まず傷を目立たなくするために切開する部位や縫合の仕方については脇という部位を考慮した方法で行います。
この切開は豊胸術の際と同じなので、美容外科である当院には多くのノウハウがあります。
また、反転剪除法のリスクとして皮膚壊死があります。これは皮膚の血流が悪くなり起こり得る合併症ですが、施術の前からハイリスクかどうかを見極めることができます。もしもハイリスクと診断した場合には切開線を短くして2本の切開線から施術を行うようにしています。 ネット予約

よくある質問

傷跡はどれくらい残りますか?
4cmほどの傷が残りますが、当院の医師は脇の切開について多くのノウハウを持っているので、限界まで目立たなくすることが出来ます。
ダウンタイムはどれくらいですか?
2~3日ですが、その後もしばらくは腕を上げるなどの激しい動きは避けてください。
術後の痛みは残りますか?
1週間ほど残ります。その間は痛み止めをお出しします。
手術は痛いですか?
局所麻酔をしますので、その時注射のチクッとした痛みを感じる程度です。

施術料金

ワキガ治療 反転剪除法(切開法)

料金(税抜)
反転剪除法(切開法) ¥300,000
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP