ワキガ治療 吸引法

ワキガ治療 吸引法

腋を5ミリ程度切開し、臭いの元となるアポクリン汗腺を吸引します。

吸引法とは?

吸引法は、皮膚に5ミリ程度の穴を開けて吸引器を差し込み、ワキガの匂いの元となる汗腺を吸引するワキガ治療法です。

切開部分が小さいため、傷跡や色素沈着のリスクが低く、術後の見た目の問題について大変優れた施術です。

吸引法のメリット・デメリット

吸引法のメリットは、反転剪除法(切開法)に比べ、切開部分が小さくて済むため傷跡や色素沈着のリスクが低く、ダウンタイムが非常に短くすぐに普段の生活に戻れることです。

デメリットとしては、目視しながら直接ハサミでアポクリン腺を取り除く反転剪除法(切開法)と比べ、目視が不可能なため、取り残しが生じてしまうことです。
アポクリン腺の取り残しがあると、やはり反転剪除法よりは効果は薄くなり、再発の可能性も出てきます。
とはいえ、アポクリン腺は確実に減るので匂いは軽減します。
ワキガが軽減できれば良い、どうしても手術が怖いという方におすすめです。

施術のプロセス

  • カウンセリング

    カウンセリングで患者様のお悩みやご要望、症状について伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 施術

    • 4センチほど切開 脇の上部を5mmほど切開します。
    • アポクリン腺を除去 そこから吸引器のカニューレ(針)を差し込み、アポクリン腺を除去していきます。
    • 縫合 切開部位を縫合し、ガーゼでしっかり固定します。
  • 施術後

    2~3日後にガーゼを外し、再度包帯で圧迫します。
  • 術後7日で抜糸を行います。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    ワキガを治療したいが手術は避けたい
  • Case 2
    匂いを軽減させたい

施術の留意点

所要時間 1時間
ダウンタイム 2~3日
腫れ・傷跡 傷跡は残りますが、もともとあるシワに隠れるので目立ちません。
施術の痛み 局所麻酔を行うので痛みの心配はありません
入院・通院 入院はなし・通院は3回
麻酔 局所麻酔
持続性 半永久的
シャワー・入浴 切開部分意外は当日から可能
湯船に浸かる入浴は術後1週間お控えください。

当院のこだわり

血管網をある程度残せるほどの吸引で改善するような方におすすめしています

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
診察の上、臭いがそれほど強くない場合には吸引法を行います。吸引法は切開線が5mmくらいなので傷の心配がありません。
施術方法は浅層の脂肪吸引と同様ですが、より浅い皮下の部分まで行うので真皮下血管網という血管の層まで吸引を行います。
吸引をやり過ぎてしまうと反転剪除法と同様に皮膚の血流は弱くなりトラブルの原因となります。よって、血管網をある程度残せるほどの吸引で改善するような方に、吸引法を行うようにしています。 ネット予約

よくある質問

傷跡はどれくらい残りますか?
5mmほどです。
ダウンタイムはどれくらいですか?
2~3日程度です。
術後の痛みは残りますか?
1週間ほど残ります。その間は痛み止めをお出しします。
施術は痛いですか?
麻酔時の注射のチクッとした痛みがあります。

施術料金

ワキガ治療 吸引法

料金(税抜)
吸引法 ¥200,000
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP