顔や頬のたるみ治療について

顔や頬のたるみ治療

たるみの原因や部位に合わせて最適な治療をご提案します。

加齢が原因のたるみについて

年齢とともに顔周り(フェイスライン)がたるんで下がってきた、ほうれい線が深くなり頬が下がってきた、目の下がたるんでくぼみができた…。このようなご相談で来院される方も増えてきております。このような顔、頬、目の下などのたるみの主な原因は、加齢です。

たるみ治療について

たるみ治療について

加齢とともに、皮膚を構成しているコラーゲンやエラスチンが変質・減少していきます。このため、皮膚(表皮・真皮)が老化し、肌のハリや弾力が失われ、皮膚に溝ができてしわになっていきます。

また、真皮の下には皮膚を支えている皮下組織があり、この中の線維状の組織(コラーゲンなど)も弾力を失っていき、重力にひっぱられてしまうのです。このような皮膚の老化、皮下組織の老化がたるみの原因になっていきます。たるみの部位としては顔周り(フェイスライン)や頬、上まぶたや下まぶたなど目の周囲などが多いです。

当院では、気軽に受けられるヒアルロン酸注入やプチ整形といった治療法から、リフトアップ等の本格的な手術まで、年齢や肌の状態・症状等お一人お一人のお悩みにあった施術が可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

肌の深部から若返る!次世代のエイジングケア「エンディメッドプロ」

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
加齢によるたるみには、しっかりと皮下組織を引き上げることが大切です。

たるみとは組織が部分的に変形している状態であり立体的な変化です。しわとは皮膚に線状の折り目が出来ている状態であり直線的な変化です。すなわちたるみの変化の方が大きな変化であるため、治療も簡単な方法では効果が限られます。

基本的には手術を行って物理的に引き上げることが必要となります。この時に大切なことはたるみの原因は皮膚ではなくて皮下組織(脂肪や筋肉など)だということです。手術では皮膚だけを引き上げても意味がありません。皮下組織を引き上げることによって若いころの状態に戻すことができるのです。

たるみの種類と原因

顔(フェイスライン)、頬、目の下のたるみなど、たるみも加齢に伴う皮膚のハリ・弾力の低下が主な原因ですが、部位によってたるみの原因に違いや特徴があります。

頬・あごのたるみ 頬・あごのたるみ

頬のたるみはmalar fat pad、あごのたるみはjowl fat padという皮下脂肪の下垂(たるみ)が原因です。

これらの皮下脂肪はSMASという筋膜の上にあり、それぞれがligament(靭帯)という線維によって表情筋や骨に付いています。
斜めの床に絨毯がひいてありソファーが木のくいでずれないように固定されている状態で、絨毯がSMAS、ソファーが脂肪、木のくいがligamentと想像して下さい。

よって表情筋が動くことによって皮膚が動き多彩な表情を表現できるようにしています。加齢性の変化では線維組織が徐々に緩んでくるためSMASとligamentが弱くなり脂肪が重力によりずれてきた状態が「たるみ」です。(木のくいが弱くなりソファーと絨毯がずれてきた状態)

首のたるみ 首のたるみ

首ではあご下部分の皮下脂肪がたるんでくることが多く、二重あごと呼ばれます。

首全体では皮下脂肪は少なく広頸筋という薄い筋肉が皮膚の下にあります。広頸筋はあごの上方でSMASにつながっていきます。SMASと同時に広頸筋が緩むことによってあご下の皮下脂肪がたるみ、二重あごとなります。
また、あごと首の輪郭ラインも鈍くなり老けた輪郭となります。

目(下まぶた)のたるみ 目(下まぶた)のたるみ

目の下(下まぶた)のたるみには1つの要因があります。

1つ目は「皮膚性のたるみ」です。目の下(下まぶた)の皮膚はもともと非常に薄いことと、皮膚の下には眼輪筋という目を閉じるための筋肉があるため表情じわが出来やすい部位です。
眼輪筋は表情を作ることによって何度も皮膚が引き延ばされ、たるみとなります。

もう1つは「脂肪性のたるみ」です。目の下(下まぶた)には眼窩脂肪という眼球の周囲にある脂肪があります。眼輪筋と眼窩脂肪の間には隔膜という膜があり、この脂肪をネット状に支えています。加齢とともにこのネット状の膜は緩んでくるため脂肪が皮膚の方へ盛り上がり、目の下(下まぶた)が膨らんできます。この状態をbaggy eyeといって老けて見える大きな原因の1つとなります。

目(上まぶた)のたるみ 目(上まぶた)のたるみ

上まぶたのたるみには3つの要因があります。

1つ目は「眉毛の下垂によるたるみ」です。眉毛はおでこの筋肉(前頭筋)により上方に引き上げられていますが、加齢とともに筋力が弱くなり眉毛が下がり、その結果上まぶたがたるんできます。

2つ目は「皮膚のたるみ」です。上まぶたは目を閉じたり開いたりするため常に動いている部分です。動きによって皮膚は徐々に引き延ばされ、加齢とともに「たるみ」が出現します。

3つめは「筋肉のたるみ」です。医学的には眼瞼挙筋(目を開く筋肉)の機能が低下している状態です。正確には筋肉ではなくて筋肉の先端に付いている腱膜と瞼板の間のゆるみです。筋肉は機能しているが力が伝わっていないため、まぶたの開きが弱くたるんでいる状態です。

このように一言で「たるみ」といっても原因は様々です。医師の正確な診断に基づいた治療が必要です。

顔や頬のたるみ治療一覧

大塚美容が支持される理由

  • 小さな手術で大きな効果を

    創立以来の当院の基本理念です。患者様の心身のご負担を少しでも取り除くことができる手術の提案をし、また、患者様の理想の美しさをきちんと理解することで、大きな効果を導き出しています。

  • 豊富な経験に基づく実績

    1976年の大塚院開設以来、多数の手術実績があり、技術力は「日本美容外科学会」「アメリカ美容外科学会」など世界各国の学会で高い評価を得ています。また多数の症例から学んだノウハウを活かし施術を行っています。

  • 確立された技術力

    日本形成外科学会や大学病院で経験を積んだ形成外科医・美容外科医が在籍し、日々技術力の向上に努めています。また更なるスキルアップのため医師同士の意見交換会も実施しています。

  • 丁寧なカウンセリング

    手術方法だけではなく、メリット・デメリットについても丁寧に説明します。手術前の不安を取り除いてください。また手術後は、メール相談や24時間対応の緊急連絡先にいつでもご相談可能です。

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー アクアフィリング豊胸 エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 美容点滴 大塚点滴ラウンジ ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP