脂肪吸引 症例写真

脂肪吸引 症例写真

確実に余分な脂肪を落として美しいボディラインに導く「脂肪吸引」の症例写真を紹介しています。
ボディライン・脂肪吸引 症例写真Bodyline Photo Menu

脂肪吸引

Pick up症例
  • 施術前
  • 施術後

  • 施術前
  • 施術後
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
40代後半のモニターさんす。20年ほど前に他院で太もも部分の脂肪吸引をされていましたが、再度足のラインが気になるということで来院されました。まずベイザー超音波により脂肪細胞を溶解させ、その後から脂肪細胞を吸引していきます。脂肪吸引の範囲は大腿部(太もも)全体と膝の内側部分です。吸引量は2800mlでした。術後はスラっとした綺麗な美脚ラインが出来上がりました。

脂肪吸引

  • 施術前
  • 施術後(1ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(1ヶ月後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
30代のモニターさんです。大腿部(太もも)の脂肪吸引を行いました。大腿部は、ダイエットやエステでは細くすることが難しく、コンプレックスをお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。術後は内側の脂肪がスッキリとして美脚になりました。

脂肪吸引(大腿部)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代半ばのモニターさんです。ベイザーによる超音波で脂肪細胞を分解し、脂肪吸引器で脂肪を2600cc吸引しました。
術後2カ月には自然な美脚ラインとなりました。脂肪吸引のメリットはリバウンドしにくいことです。

脂肪吸引(大腿部全体、膝内側、ふくらはぎ、二の腕)

  • 施術前
  • 施術後(3ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(3ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(3ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(3ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(3ヶ月後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
二十代半ばのモニターさんです。大腿部全体と膝内側、ふくらはぎ、二の腕の脂肪吸引を行いました。写真は二の腕の症例になります。麻酔法は全身麻酔なので施術中の痛みは全くありません。
チューメセント麻酔を吸引の範囲で行い、ベイザーによる超音波を使用して脂肪を乳化(溶かす)させ、それから脂肪吸引を行っていきます。吸引量は二の腕から300cc(左)、400cc(右)、大腿部と膝内側から1000cc(左)、1000cc(右)、ふくらはぎからは500cc(両側)でした。脂肪の吸引量としてはそれほど多くはありませんが、均一な脂肪吸引を行うため全体的に細い脚のラインとなりました。

脂肪吸引(大腿部、下腹部、臀部)、脂肪注入(臀部)

  • 施術前
  • 施術後(1ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(1ヶ月後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
ダイエットと筋トレにより理想な体型を作ることが最良だと思いますが、特に太ももの外側の脂肪を細くすることは難しく、年齢を重ねると脂肪が下の方へ下がってくるため脚にもたるみが生じてきます。この様な悩みに対して、脂肪吸引をお勧めします。効果的に脚を長く見せるためには、ただ単に脂肪を取るのではなく必要な部分の脂肪を残しつつ綺麗なラインになるように丁寧に脂肪吸引を行います。臀部も年齢と共に徐々にたるんできます。そうすると、お尻の最も高い位置が下へ移動するため脚は短く見えます。そこで、太もも部分に付いた脂肪を吸引して臀部の腰に近い部分を膨らませることによりヒップアップ効果が期待され、脚の付け根が高まり、脚が細くなるため美脚ラインを作ることができます。今回のモニターさんは30代半ばです。大腿部全体と膝内側、下腹部、臀部下部から脂肪吸引を行い、お尻に脂肪注入を行いました。

脂肪吸引

脂肪吸引(お尻・太腿)

脂肪吸引(ウエスト)

脂肪吸引(腹部・背部・腰部・臀部・大腿部)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
腹部全体から腰部、背部、臀部、大腿全体の広範囲のボディデザイン脂肪吸引を行いました。
この方の一番の問題は下腹部です。腹部は全体に脂肪も付いていましたが下腹部は皮膚が余っているため術前写真の通りたるみがあります。脂肪吸引を行うと皮膚が余ってしまいたるみがより目立ってしまう可能性があったため、できるだけたるまないように広い範囲の脂肪吸引を行いました。術後の写真では下腹部にはたるみが出ていません。全体的にきれいなボディデザインに仕上がっています。大腿部は全周性にまんべんなく脂肪吸引を行うことにより、効果が高まりモデルさんのような美脚を作ることができます。

脂肪吸引(二の腕)

脂肪吸引(大腿部全体、膝内側、下腿、足首)、ボトックス痩身法(下腿)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月半後)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月半後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
今回のモニターさんは下半身(足)全体を細くしたい、という希望でした。モニターさんは、身長157cm 体重50kgでした。BMIは20.3です。BMIが22だと最も病気になりにくく健康的な数値だとされています。ということでモニターさんの体形は標準だということになります。
この状態から足を細くする目的でダイエットすると体形はやせ形となり健康的な体形から離れてしまう可能性もあります。このような場合は脂肪吸引によるボディデザインが最も効果的です。脂肪吸引の範囲は大腿部全体、膝内側、下腿(ふくらはぎ部)、足首です。
ふくらはぎの部分は筋肉が太いことも原因であったためボトックスの注射も行っています。術後2カ月半なのでまだボトックスの効果は完全ではありませんが、太もも部分を中心に足全体がひと回り細くなりました。

脂肪吸引(二の腕)

  • 施術前
  • 施術後(2ヶ月後)
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
脂肪吸引とは、体の皮下脂肪を吸引の圧力を利用して除去していく施術です。皮下脂肪はダイエットでは落としにくく、部位によっては脂肪吸引が有効です。また、軽度肥満から正常範囲の体形でも気になる部分の皮下脂肪があれば、脂肪吸引が有効です。
モニターさんは二の腕からワキ、肩の範囲で脂肪吸引を行いました。術後写真は術後2カ月なのでまだ腫れていますが、二の腕全体が細くなっているのがわかります。

脂肪吸引

  • 施術前
  • 施術後

  • 施術前
  • 施術後
施術方法

症例写真カテゴリーPhoto Category
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP