肌・美容皮膚科 症例写真

肌・美容皮膚科 症例写真

注入法・内服薬・レーザー治療など、肌・美容皮膚科に関連する症例写真を紹介しています。
肌・美容皮膚科 症例写真Skin Photo Menu

内服薬(ニキビ)

Pick up症例
  • 内服薬(ニキビ) 施術前施術前
  • 内服薬(ニキビ) 施術後施術後
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
今回のモニターさんは17歳です。ニキビは頬全体とおでこ、こめかみの部位にあり、以前から治らない、ということで相談に来られました。 以前に皮膚科での治療経験があり、ビタミン剤の内服と軟膏治療をしていたようですが改善しないため治療を中断してしまったようです。ニキビは、15歳ごろに出来始めたようなので約1年以上続いていることになります。
治療法は内服薬と保湿目的の基礎化粧品のみです。ただし治療を開始したらすぐに良くなるわけではありません。約6カ月の治療期間が必要です。
治療前と比べると赤いニキビが減ってきているのがわかると思います。ニキビの原因である脂腺の活動が抑えられ、炎症が改善してきています。治療はもう少し必要ですが、このまま続けて行けばデコボコ肌にならないで、きれいになっていくと思われます。

CO2レーザー

Pick up症例
  • CO2レーザー 施術前施術前
  • CO2レーザー 施術後施術後
施術方法

Qスイッチ付きルビーレーザー、トレチノイン治療(ハイドロキノン含む)

Pick up症例
  • Qスイッチ付きルビーレーザー 施術前施術前
  • Qスイッチ付きルビーレーザー 施術後施術後
施術方法

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
50代のモニターさんです。頬部から目の周りにかけたシミを取りたい希望で来院されました。
治療はQスイッチルビーレーザーとハイドロキノンの塗布を行いました。ハイドロキノンはメラニン産生を抑制する働きがあるため予防的な治療効果があります。写真は治療前と3カ月後です。レーザーは1回の照射です。ハイドロキノンの塗布(ご自身で行います)は3カ月間です。治療後は大きなシミが取れていることと、肌全体のくすみが消えて明るくなっているのが分かります。


症例写真カテゴリーPhoto Category
フリーダイヤル ネット予約・相談 クリニック一覧 TOP