美容整形|大塚美容形成外科公式ブログ

院長Dr.石井の美容ブログ
東京・大塚を始めとする全国の大塚美容形成外科・歯科で沢山の患者様と日々対峙している院長・石井によるブログです。最近注目の施術や、院長の仕事について、またよくあるご相談・悩みなどを徒然にお伝えしていければと思います。
2017年09月08日(金)

女性らしいくびれを実現できるスカルプシュアー

今年の1月後半に当院に導入した『スカルプシュアー』が人気です。スカルプシュアーは、25分間体外からダイオードレーザーを当てるだけで脂肪細胞に直接働きかけ部分痩せが可能な脂肪融解マシンです。皮下の脂肪を破壊して細胞数自体を減らしていくため、リバウンドがほとんどないことが特徴です。メスや針は使用しないため、傷跡が残ったりや腫れ、内出血したりしません。

また施術後の注意点も特になく普段通りに過ごしていただけます。そのため、ダウンタイムをゆっくりと取れる時間のないモデルさんやOLさんにも人気です。

図のように皮下脂肪の付きやすい部分ほとんどに施術可能です。また写真のようにウェスト周りの部位でもお悩みに合わせてアプリケーターの位置を変えて施術することができ、思い描くボディーデザインが可能なのも魅力の一つです。

<スカルプシュアーの施術可能箇所>

<腹部周辺のアプリケーター装着パターン>

デメリットを上げるとすると、痩身を実感するまでに時間がかかることです。レーザーを照射してから時間をかけて脂肪が破壊され、約3か月後に体外に排出されるので、即効性のある痩身をご希望の方には脂肪吸引のようにすぐに効果を実感できる施術をおすすめしています。

30代のモニター様です。一見ほっそりとしていてスカルプシュアー施術の必要はなさそうでしたが、カウンセリングをさせていただくと腹部と腰部の皮下脂肪が目立つ状態でした。

スカルプシュアーは部分痩せに適しているのでこのモニター様のように「お腹だけ痩せたい!」というご希望をかなえられる施術です。

<術前>

日ごろからジムやサノレックスの服用など様々なダイエットにチャレンジされているという意識の高い方です。ポッコリとしたお腹が気になっているようで、腹筋にチャレンジされたようです。しかし、お腹の脂肪を減らすことができなかったとのことで今回スカルプシュアーの施術を決意されました。

下腹部と腰部へ4フレームずつ合計で8フレーム照射いたしました。

<施術中の様子>

<術後1か月>

<術前術後比較>

術後1か月半経過し、筋トレでも減らせなかった下腹部の脂肪がすっきりと落ちました。スカルプシュアーの施術を受けたことで頑張ろう!という気持ちになり、日々変わらぬ生活をされつつ、夜のビールや炭水化物を控え太らない努力をなさったようです。

スカルプシュアーは、完全に脂肪融解が進み排出されるまで約3か月かかりますので、このモニター様はもう少し変化が見られるかもしれません。スカルプシュアーは2か月経過すると2回目の施術が受けられます。変化が小さい場合やさらなるボディーデザインをお望みの場合は、2回目の施術を行うことでより効果を発揮します。

【スカルプシュアーのリスク】
効果が弱い

【スカルプシュアーの副作用】
1.施術中の痛み
脂肪にレーザーを照射することで熱が生産されて脂肪細胞が融解されるため、治療部位が熱くなります。(47度まで)治療中は熱による痛みを感じにくくさせるための冷却装置がついています。
2.術後の軽い痛み
治療部位の範囲で術後に軽度な痛みを伴うことがあります。痛みは2~3日程度でなくなります。
効果が弱いリスクに対して本治療は術後のダウンタイムが無く、施術中の痛みも少なく、脂肪減少効果はFDAで認可を受けています。しかし、1回の施術での脂肪減少効果は少ないため効果を実感するには複数回の治療が必要となります。

【リスクに対する対処法】
本治療は術後のダウンタイムが無く、施術中の痛みも少なく、脂肪減少効果はFDAで認可を受けています。しかし、1回の施術での脂肪減少効果は少ないため効果を実感するには複数回の治療が必要となります。

【料金(税別)】
1フレーム(35cm2)…¥15,000
4フレーム(35cm2×4)…¥60,000

▼スカルプシュアー https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/bodyline/sculpsure/

効果を実感するには複数回の治療が必要となります。

▼スカルプシュアーのメカニズムについて
https://www.otsuka-biyo.co.jp/blog/bodyline/2822/

▼このモニター様の体験レポートはこちらから<NICOLYモニター体験談>
https://nicoly.jp/article/7529


  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
モバイルPC