横浜院院長Dr.井田のブログ

女性の育毛 3

前回お話しさせて頂いた、世界初の女性用育毛内服剤、パントビガール。

image

女性用とされているのは、男性に対してはフィナステリド、製品名リアップと言う効果の高い内服剤が存在するためで、男性は飲めないということではありません。

この製剤のポイントは、パントテン酸カルシウムを主成分として取り入れた所か?

脂肪代謝を促進し、毛・皮膚・神経組織を正常に保つのが主要効果。

その他、シスチン、硫酸チアミン、ケラチン、パラアミノ酸、なども配合し、白髪、皮膚の老化、末梢神経の修復などにも寄与する内容となっている。

製造国はドイツのMerz社。

妊娠後期であれば、妊娠中でも内服可能な薬剤です。

もう一つご紹介したいのが、頭皮の血流改善に役立つ器具、Hair max。

image

超音波を頭皮に当てる事で血流を改善し、毛根に活力を与えることで抜け毛、軟毛化を防ぐ役割を示します。

今回の三回のシリーズをまとめると、閉経前後を問わない全年齢層の女性に対し、頭皮の超音波治療、パントビガールの内服、ウィメンズロゲインの使用。

妊娠中を除く女性に対しては、男性ホルモンの代謝物で抜け毛の主要因であるジヒドロテストロンを抑制する塗り薬、パントスチンを用いていく。

基本は、これ。

imageimageimage

妊娠していない方はプラスこれ。
image
女性の脱毛、軟毛化に対処するという観点からの三回のシリーズでした。

理論的に、その人の生活歴、環境、脱毛、軟毛化の始まった時期を詳しくお聞きして育毛に携わって行きたい。

大塚美容形成外科の基本的な姿勢です。

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.