横浜院院長Dr.井田のブログ

鼻が気になる?

目と共に相談件数が上位にランクされる鼻の悩み。

「どこが嫌ですか? 指で指し示して教えて下さい。」

鏡を持って頂いて、まず概要をお話しして頂きます。

「どこと言うか、とにかく自分の鼻が嫌なんです。」

こういったお答えを頂くこともあれば、「正面から鼻の穴が見えるのが嫌」、「鼻の根本の高さが低すぎる」、「鼻先が大きい」、「鼻が曲がっている」、「鼻の骨が飛び出ている」、「鼻が大きく、高すぎる」、など具体的にお答え頂くこともあります。

これらの悩みの根源にあるのは、鼻の美容外科手術を受けたい殆んどの人は、「目立たない、人に気づかれない、普通?」を欲していることです。

一部の特殊な患者様を除いて、他の人より高くとか細くとか長くとか要求してはいないのです。

望ましい鼻の形。

それは、太すぎず、細すぎず、極端に鼻の穴が見えず、反対に長過ぎず、「普通で人に気がつかれない鼻」が目標となります。

そこで出てくる欧米人、主としてコーカシャン系の鼻と、アジア人、モンゴロイド系の違い。

アジア人で多いのが、「盛る手術」。

すなわち、高くする手術の圧倒的な多さ。

欧米系では、反対の、「引く手術」。

すなわち、低くする手術の多さです。

来週から、アジア人に多い手術から順番にお話ししてみたいと思います。

image

拙宅のレオナルドダ・ヴィンチ。

家内の一押しの薔薇です。

http://www.iris-gardening.com/oniwa/109/01.asp

我が家で一つ嬉しい出来事がありました。アイリスオーヤマのWebマガジン、素敵なお庭紹介で我が家の庭をご紹介頂きました。

北海道でも収穫できる巨峰の写真なども掲載されています。

時間があれば、上記リンクをご覧下さい。

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.