横浜院院長Dr.井田のブログ

食べる物と美容医療5

余談から始めますが、先週、家内に頼まれてiMacでwindows8を使用できるように設定しました。私自身はマック、windows、両方のマシンを持っているので特別必要なし。

で、初めてbootcampという、パソコンのハードディスクを二つに分けてそれぞれ別のosで動かすアプリを使用しました。

感想。

難しい、と言うより基礎を無視してマニュアル本、ネットの入れ方を参考に行って大幅な時間のロスをしました。

自分で模式図を書いて、appleのホームページを見ていれば、途中、多少プロセスが違っていても修正し最後までたどり着けるのに、「あれ、何これ」、「最後に画面が出ないよう」を2回やって5時間くらい浪費してしまいました。

普通にやっても2時間くらいかかるので、最後に失敗すると堪えます。

というわけで、以前もブログに書いた気もしますが、やはり基本が大事!

さて、ビタミンって何という話から始めます。

ビタミンとは、生体の中でたんぱく質、脂質、炭水化物を除く生体維持に必要な有機物、を指し示します。

前回から、お話ししているビタミンBには8種類のタイプが存在し、お互いに深い関係を保ちながら、生きていく上で必要なエネルギーを産生する役割を持ち、ビタミンB群と総称されます。
中には、ビタミンB12 、葉酸など悪性貧血の予防に重要な役割を果たすものも含まれます。

プラス、前回お話ししたカルボニルストレスの改善にも役立つ役割。

こうした基礎知識を蓄えた上で、ビタミンの方から患者様を見ていこう、との試みをご紹介します。

先日の抗加齢学会で紹介されていた症例です。

20代女性。ニキビ、抑うつ症状。なんとなく気分が優れない。

image

一般的な検査項目で、全てが正常値!

しかし、その値は正常値下限ギリギリ。

周囲にいらっしゃいませんか。

「私なんて、検査しても全部正常値どころか低いのよ」、「でも体調が良くないの、更年期かしらね」

もちろん、更年期障害の場合が多いかもしれませんが、そうでは無い事も考えられる。

上記の状態で、いかなる病状を考えるか。

次回、詳細を解説していきたいと思います。

image

毎日、自宅とススキノにあるクリニックまでの往復、約9キロを徒歩通勤しています。

途中、伊夜彦神社に参拝してみました。

清々しい気持ちになれます。

 

 

 

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.