横浜院院長Dr.井田のブログ

切開重瞼と眼瞼下垂

切開重瞼。

線ではなく、面で上瞼の皮膚と瞼板、上眼瞼挙筋と接着できる。余剰な脂肪、皮下組織を除去出来る点で非常に優れている反面、患者様には何時も二つの注意点を申し上げています。

1 十分なダウンタイム。出来れば2週は取れること。

2 切開重瞼は戻りません。反対も然り、戻せません。

本当は戻す、あるいは二重の幅を狭くする手術はありますが、とてつもなく難しい上、高額です。

まずは、単純に埋没で、我が大塚美容形成外科の社是。

しっかりとした適応、二重の幅を見誤る事がなければ、9割以上の患者様は埋没で事足りるし、患者様のご負担も少なくて済みます。

全く皮膚の厚ぼったさ、上瞼の脂肪も少ない患者様で、今日も「他の美容外科で埋没ではすぐ戻ると言われた」、と言って
当院に患者様がいらっしゃいます。

少し話が脇にそれますが、昨日の札幌のラジオ放送で、ススキノの名門バー山崎、の山崎さんがサービス業の心得についておっしゃっていました。

「あのね、一人のお客様から、あまり沢山とっちゃダメですよ。」

行かれるお客様へのアドバイスは、

「バーに行く時は、お酒の事が分からなければ、そのままいらして下さい。バーテンダーがちゃんとしますから。」

必要も無い手術をして余分にお金を稼ぐ。

決してしてはいけないことだし反面教師として肝に銘じたい。患者様におかれましては、無防備でご来院頂いても被害を与えない、そんなクリニック作りを心がけて行きたいと思う次第です。

image

ところで、こんな目に見覚えはありませんか?

次回、見せかけの眼瞼下垂、本当の下垂についてお話しして行こうと思います。

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.