美容整形|大塚美容形成外科 横浜院 公式

大塚美容形成外科 横浜院ブログ
大塚美容形成外科・歯科 横浜院のブログです。当院では様々な美容整形を行っております。人気の二重埋没法、二重切開法や豊胸、脂肪吸引といった美容外科手術から、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、スキンケア治療といった美容皮膚科、さらに審美歯科、矯正歯科まで幅広い美容医療を提供しています。ブログでは症例写真なども紹介しています。
2018年07月03日(火)

埋没法術後3か月の二重の変化について(幅、腫れ、食い込み、ライン、型)二重整形フォーエバーブリリアント埋没法3点連結

みなさま、こんにちは。大塚美容形成外科・歯科 横浜院院長の井田です。

今回はフォーエバーブリリアント埋没法術後の二重の幅、腫れ、ラインの食い込み、型の変化について考察します。

 

症例

主訴 他院で1年前に埋没法を受けたがラインが狭くなってしまった。

希望の二重 自然でくっきりとして末広型二重

施術方法 フォーエバーブリリアント埋没法3点連結

 

術前術直後

術後2日術後9日

術後1か月

術後3か月

 

いかがでしょうか?

 

考察

①二重幅と腫れ、食い込みについて

術後3か月を完成の状態と考えると、開眼状態では術直後で約2倍、2日後で約1.5倍になっています。

ただし、閉眼状態では術直後で約1.3倍程度です。

術直後の二重幅は腫れと麻酔のために目が開けにくいことが原因で、腫れそのものによる影響はそれほど大きくないと考えてられます。

術直後から術後2日では腫れそのものは大きく変化していませんが、目が開けやすくなったことで二重幅が狭く見えるようになっています。

黒目が大きくなっていることでも確認できます。

術後9日になると大きな腫れはなくなりますが、まだ若干目が開け難いこととラインの食い込みが強いためで二重幅は広く、くっきり二重に見えます。

術後1か月すると腫れもほぼ落ち着き、目の開きもよくなっています。

ただし、ラインの食い込みの影響でわずかに二重が広く見えます。

術後3か月するとほぼ完成になります。

腫れがなくなり、開眼幅が大きくなった影響で、写真では通常時より二重幅が少し狭く見えています。

眉毛の位置が術前と比べて下がっていることでも、目が開きやすくなったことがわかります。

②二重ライン(型)の変化について(平行型二重から末広型二重へ)

開眼時にて術後1か月までは平行型になっています。

ただし、閉眼時では術直後から末広型です。

末広型二重になるように施術しても、術後初期は糸が組織に馴染まず食い込みが強いため一時的に平行型二重になっていることがあります。

閉眼時に末広型のラインになっていれば、馴染むと自然に末広型になります。

反対に平行型二重を希望して施術を行い、術後早期から末広型の場合は自然に平行型になる可能性は低いです。

 

まとめ

①術後数日

二重幅は2倍くらいに見えることもあります。

周りの人に「どうしたの?」と言われる可能性があるので心構えを忘れずにしてください。

②術後7〜10日

個人差もありますが、通常二重幅は1.5倍以下になります。

腫れの影響で二重の形や左右差が気になることがありますが、自然に改善することも多いです。

食い込みが強いため派手な二重ですが、メイクをすれば惚けることも可能です

③術後1ヶ月

腫れが落ち着き、二重の幅、型、左右差も安定してきます。

新しい二重にも慣れて、メイクを楽しみながら日常生活を満喫できます。

ただし、この時期になっても明らかな左右差あったり、希望の二重と大きく違う場合は修正手術を検討する必要があります。

また、むくみやすい方はまだ幅が広く見えて気になることがあります。

この時期の二重は術前のシミュレーションより若干くっきり広めに見えますが、ぱっちり二重が希望の方には一番理想に近い状態です。

このぱっちり二重のままを希望の場合は二重全切開法を検討するとよいと思います。

④術後3ヶ月

腫れによる影響もほぼなくなり、また糸も馴染んでほぼ完成の二重になります。

埋没法を受けたことや元の顔を忘れている方も多いです。

これ以降、通常二重に大きな変化はないです。

この時期になっても腫れぼったいと感じる場合は脂肪や皮膚の厚みや余りが原因のことが多いです。

気になる場合は上瞼脱脂二重全切開法を検討されるとよいと思います。

 

 

 

もっと好きお気に入りな自分になりたい方はお気軽にご相談ください。

 

【フォーエバーブリリアント埋没法によるリスク】
二重の消失、縫合糸膿瘍等の感染症、埋没した糸の透見(皮膚から透けて見える)、目の異物感、左右差等

【フォーエバーブリリアント埋没法による副作用】
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.目の違和感
術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
4.ドライアイ
術後は目の開きが大きくなるため眼球の乾燥感が出現する可能性があります。
5.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

【リスクと副作用に対する予防】
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。左右差に対しては術前に十分なシミュレーションを行いご本人が納得した状態で施術を受けるように取り組んでいます。

【料金(税別)】
フォーエバーブリリアント埋没法 3点連結(5年保証)片目…¥90,000 両目…¥150,000
4点連結(10年保証)片目…¥150,000 両目…¥250,000

▼フォーエバーブリリアント埋没法 https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/maibotsu/forever/

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

横浜院院長横浜院大塚院

井田 雄一郎Yuichiro Ida M.D.

横浜院院長 井田 雄一郎
略歴
平成12年 金沢大学医学部 卒業
平成13年 東京女子医大第二病院形成外科 入局
平成15年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 18年

Dr.井田のクチコミを見る
所属学会・団体
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
モバイルPC