乳首の大きさ、黒ずみのご相談

乳首の大きさ、黒ずみのご相談

乳首の大きさ、黒ずみ

乳首の形や大きさ・色の悩みも解決

バストのお悩みについてはバストそのものの大きさや形だけでなく、乳首のサイズや黒ずみなど、乳首に関するご相談も頂いております。

例えば、乳首が陥没している「陥没乳首」は、見た目のビジュアル面だけでなく、授乳の際にスムーズに授乳ができなかったり、乳頭炎等のトラブルの原因になることもあります。陥没乳頭修正術は、術後も授乳が可能ですので、陥没乳首でお悩みでしたら、まずは一度当院の医師の診察を受けてみることをお勧めします。

また、黒ずんだ乳首の場合、ハイドロキノンとトレチノインを塗るという手軽な方法で、薄い色にすることができます。ハイドロキノンは美容皮膚科の美肌治療でも使われる一般的な塗り薬です。

乳首の大きさが気になる

乳首の大きさは、先天性のものもありますが、授乳の際に赤ちゃんがくわえやすいように乳頭が大きくなり、その後も戻らなくなってしまう例もあります。このような場合は乳頭を小さくする乳頭縮小術によってバランスのよいサイズに調整することが可能です。

なお乳頭縮小術にはいくつかの方法があります。
乳首の先端が膨らんでいる場合には先端の皮膚をカットしてサイズを小さくして縫う方法、乳首が長い場合には乳首の根元の部分をカットして縫い合わせる方法で施術を行っています。

乳頭縮小術は、術後も授乳への影響はありません。また感触等にも違いはありません。

乳首が陥没している(陥没乳頭)

乳首が出っ張っておらず、乳房に入り込んでいる状態を陥没乳頭と言います。

通常、乳腺で作られた乳汁は、乳管を通って乳首の先から出ますが、陥没乳頭の場合は何らかの原因で乳管の周辺が縮んでしまい、乳頭の成長が止まって生じる現象です。
見た目や美容面の問題だけではなく、授乳の際に乳汁がうまく出ず、乳腺炎になる可能性もあります。また感染症や臭いの原因になることもあります。

乳首の黒ずみが気になる

乳首はメラニン色素が多いため通常の肌よりも濃い色をしています。色味には個人差がありますが、濃い茶色、薄茶色、赤みがかった薄茶色などがあります。黒ずみが気になる際には塗り薬によってメラニン色素を薄くすることが可能です。1日2回塗るだけのとても手軽な治療です。

副乳を除去したい

通常の左右の乳房以外に存在する乳房を「副乳」と言います。副乳は退化しきれずに残ってしまったもので、生理的変化の一種なので通常は治療の必要はありません。ですが、大きくて目立つ副乳は審美的な面でのお悩みを持つ方も多く、すっきりと綺麗に除去することが可能です。

施術方法について

症例写真

乳頭関連の施術(乳頭縮小)

正面
  • 施術前
  • 施術後
横向き
  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
乳頭縮小術

費用
乳頭縮小術(外径・高さ)
¥200,000~

リスク
感染症、乳汁分泌障害及び乳頭壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
手術後1週間程度の痛みがあります。
3.傷跡
本手術は切開を行いますので傷跡ができます。切開部は2か月程度の赤みがあります。

手術時の痛みに対して
手術は局所麻酔を行いますので手術時の痛みはほとんどありません。しかし、局所麻酔自体に痛みがあるので、痛みが心配な場合は静脈麻酔を併用します。

感染症に対して
術後の感染症に対して手術中は滅菌操作で行います。また、術後に抗生剤の内服を処方します。

乳汁分泌障害及び乳頭壊死のリスクに対して
乳頭縮小術では乳頭を全周性に切開して不要な組織を切除して乳頭を小さくします。組織を切除する際に血管と乳管を残して切除しますが、誤って乳管を損傷すると乳汁分泌障害をきたす危険性があります。また、血管の多くを損傷すると乳頭壊死をきたす危険性があります。

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代後半の女性です。水着を着た時などに乳頭の高さと大きさが気になるとのことで乳頭縮小術を行いました。当然若い方なので、将来出産時の授乳のことも考え乳管を温存させて、乳首の高さをなくすために乳首下方部の切除を行い、次に乳頭を小さくするために左右差を調整しつつ残った組織の切除を行いました。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
授乳のことも考えて施術を行います

乳首の悩みで多いのは、授乳中に大きくなってしまい、その後にバストが小さく戻っても乳首の大きさは戻らずに大きいままの状態になっている、というケースです。

乳首の状態も長さが伸びている場合と直径が大きくなっている場合と、長さと直径の両方とも大きくなっている場合がありますので、それぞれの状態に合わせた手術方法で治療を行います。また、今後も授乳する可能性があれば乳管を傷つけない方法で治療を行います。

豊胸術それぞれの特徴

大塚美容形成外科では複数の豊胸手術を取り扱っています。ご希望の形や大きさ、また持続性等によってお薦めの術式を提案しております。それぞれの特徴や費用は以下の表を御覧下さい。

施術方法 内容
ヒアルロン酸プチ豊胸
  • ご希望の大きさ1カップ程度
  • 持続期間半年~1年程度
  • ダウンタイムなし
  • 柔らかさ
  • ご自身の体型やせ型でもOK
  • 費用(税抜)1本・10cc ¥24,000
施術の特徴
リーズナブルな費用が人気です。1シーズンのみという使い方も可能です。
豊胸手術(プロテーゼ挿入法)
  • ご希望の大きさ何カップでもOK
  • 持続期間半永久
  • ダウンタイム1か月程度
  • 柔らかさ
  • ご自身の体型やせ型でもOK
  • 費用(税抜)¥450,000~
施術の特徴
2カップ以上大きくすることも可能です。
ピュアグラフト
  • ご希望の大きさ1カップ程度
  • 持続期間半永久
  • ダウンタイム1週間程度
  • 柔らかさ
  • ご自身の体型やせ型は応相談
  • 費用(税抜)¥715,000 ※脂肪吸引費用・麻酔費用込み
施術の特徴
自然な柔らかさが特徴です。さらに脂肪吸引によるダイエット効果もあります。
バッグピュアグラフト
  • ご希望の大きさ何カップでもOK
  • 持続期間半永久
  • ダウンタイム1か月程度
  • 柔らかさ
  • ご自身の体型やせ型は応相談
  • 費用(税抜)¥1,165,000~
施術の特徴
自然な柔らかさで2カップ以上大きくすることが可能です。

施術料金

豊胸

  • 1本・10ml
  • ¥24,000

  • ※脂肪吸引費用、麻酔費用込み
  • ¥715,000

  • ¥450,000~

  • 270g以上
  • プラス¥95,500

乳房のリフトアップ

  • ¥1,200,000

乳房を小さくする

  • ¥1,500,000

乳頭関連の施術

  • ¥200,000~

  • ¥300,000~

乳輪関連の施術

  • ¥300,000~

  • ¥33,000~

  • 1個
  • ¥50,000

シリコンプロテーゼ抜去(バスト)

  • 当院シリコン抜去
  • ¥400,000

  • 他院シリコン抜去
  • ¥500,000
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP