大塚美容形成外科・歯科のご紹介

プチ整形 Q&A

メスを使わない注入術などの、プチ整形の施術に関するQ&A。

プチ整形 Q&A

プチ整形全般

「プチ整形」とはどんな施術のことですか?
一般的にプチ整形とは、メスを使わない注入術などのことを指します。プチ整形はメスを使う施術に比べると料金もリーズナブルで、施術後のダウンタイムも短いのがメリットです。
ですが、プチ整形はメスを使わないので、基本的には永久的な効果はなく、時間の経過とともに徐々に元に戻っていきます。とはいえ「いずれ元に戻る」というのは、ちょっと手術は怖いけれども美容整形を試してみたい方や、実際の手術の前に、ある程度施術後のイメージを見ておきたいという方にもお勧めです。
未成年ですがプチ整形を受けることはできますか?
未成年の方でも親御様の同意があれば施術可能です。親御様に同意書を記入して頂き、ご持参の上、ご来院下さい。同意書はこちらからダウンロードできます。
施術の途中に自分で確認することは可能ですか?
施術によっては可能です。例えば、当院オリジナルの取れない埋没法「フォーエバーブリリアント埋没法」などでは、実際に施術中に二重のラインを確認しつつ、施術を受けて頂けます。その他、注入術なども施術中に鏡で確認して頂けます。どの施術が可能かはお問い合わせ下さい。
プチ整形がバレることはありませんか?
プチ整形は、メスを使った施術に比べると腫れや内出血などのダウンタイムが短く、すぐに通常の生活に復帰して頂ける施術がほとんどですから、メスを使った施術よりもバレにくいと言えます。周囲にバレないようにするためのご相談もお受けしていますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
妊娠しているのですが、プチ整形を受けることはできますか?
施術によってできるものと出来ないものがあります。例えばボトックス注射は妊娠中の方は施術不可となっています。妊娠中の方・妊娠の可能性がある方は、まずはカウンセリングにてご相談下さい。
施術後にお化粧をして帰りたいのですが可能でしょうか?
施術によっては可能です。例えば注入術でしたら、患部を避けて他の部分にお化粧をしてお帰り頂けます。注入術の傷口は非常に小さい針穴ですので、傷口はほとんど目立ちません。
他院でヒアルロン酸注入を受けたら、患部が凸凹になってしまいました。
当院では他院で受けたプチ整形の修正もお受けしています。ヒアルロン酸注入による凹凸は、患部に「ヒアルロニダーゼ」という薬剤を注入することにより、凹凸の原因であるヒアルロン酸を分解し、症状を改善することが可能です。このように他院での施術にお悩みの方は、お気軽に当院にお問い合わせ下さい。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP