たるみ解消!糸のリフトアップで輪郭スッキリ!肌ツヤUP!

Pocket

Young woman with cosmetic cream on a cheekエイジングケアを頑張っても徐々に出現する頬のたるみ。年齢だから仕方ない、と諦めていませんか?

頬のたるみは、加齢だけでなくホルモンバランスの乱れや精神的ストレス、紫外線や乾燥といった多くの原因で出現します。セルフケアで多少は予防・改善することはできますが、時間がかかるうえに効果にも限界があります。

そこでおすすめするのが美容整形による改善法です。今回はメスを使わずに、ヒアルロン酸注入よりも確実なリフトアップ効果を得られる「スピーディミントリフト」についてお伝えします。

スマホの見過ぎでたるみができる!たるみが進行する生活習慣

Young woman at home connected on smartphone「体重は増えていないのにまぶたが重く眉の位置が下がったように感じる」「顎のラインがはっきりしない」といった悩みをお持ちではありませんか?これらの悩みは実はたるみによって引き起こされています。

・スマートフォンやパソコンを長時間使用して下を向いている時間が多い
・運動をほとんどしない
・睡眠不足

このような生活習慣は肌のたるみを引き起こします。いくらスキンケアでアンチエンジングを頑張っても、たるみを起こす生活習慣を続けていてはその努力も水の泡。

まだたるみが出ていなければ今から生活習慣を変えることで予防することができますが、すでにできてしまったたるみはどうすれば解消できるのでしょうか?

そこで、プチ整形感覚で受けることができる「スピーディミントリフト」というリフト術を紹介します。

特殊な糸による高いリフトアップ効果をもつスピーディミントリフト

mintlift_about01スピーディミントリフトは、トゲのついた特殊な糸を肌内部に挿入し、持ち上げることでリフトアップを叶える施術です。この特殊な糸は日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAの認可を受けた素材を使用しているため、安全性が極めて高く安心です。

通常リフトアップ術で使用する糸はカッティングスレッドと言われ、糸自体に切り込みを入れてトゲを作り肌を持ち上げています。そのため挿入後、時間の経過と共に曲がってしまったり、糸の強度が下がると早く溶けてしまう可能性がありました。

一方、スピーディミントリフトはバラのトゲのように360度トゲが糸に追加されています。ですから、強度・持続力が従来のリフトアップ術より高い点が大きな特徴です。

リフト術で重要なポイントは、糸の引き上げ力糸を通す位置(深さと方向)です。「糸の引き上げ力」とは糸で肌内部の組織を引き上げることを指しますが、普通の糸は引っ掛かりがないため組織を引き上げることができません。スピーディミントリフトで使用する糸は、従来の糸より組織に引っかかりやすいため肌の吊り上げ効果が高いのです。

スピーディミントリフトのメリット・デメリット

shutterstock_173327471

【メリット】メス不使用でダウンタイムがほとんどない

スピーディミントリフトはメスを使うことがなく、1ヵ所に針を刺してそこから糸を挿入します。そのため手術痕ができにくくダウンタイムがほとんどありません。

また、17Gという鈍針でゆっくり針を挿入するので身体への負担も少ないです。

【デメリット】効果の持続期間が1年と短い

従来の切開手術によるリフトの半永久(10年〜)という持続期間に比べ、スピーディミントリフトは約1年と短い点がデメリットです。一度の施術で永久的な効果を望む方には不向きな方法といえるでしょう。

手軽で効果的なリフトアップを望む方におすすめ

スピーディミントリフトは、リフト術に興味はあるが切開を伴う施術は抵抗がある方にもっともおすすめします。他には、時間がなくダウンタイムがほとんど取れない方にもおすすめです。

メイクが翌日から可能で、施術時の痛みも針を刺す際にチクッとした痛みが伴う程度。ですから、週末に施術を受けて翌週からは通常の生活に戻ることができます。

自分に合ったリフト術を受けるには医師選びが重要

shutterstock_304562786
手術の効果は糸の挿入する深さと引き上げる角度など技術的な面が大きく関係します。糸を挿入する深さが浅すぎると凹みや引きつれの原因となり、深すぎるとせっかくの効果がわかりづらくなってしまいます。

また、顔面の解剖学的な個人差はとても大きく、医師はその差を理解して施術を行う必要があります。経験に基づく確かな技術を持った信頼のおける医師によく相談してから治療を受けることをおすすめします。

術後はスキンケアだけでなく日々の習慣の改善も行いましょう

以前は切開が基本だったリフト術も、美容医療の進歩によりスピーディミントリフトのような切らないリフト術が開発され、患者さまの負担は少なくなりました。それに伴い、美容整形を行う方も増えています。

しかし、手術を受けて満足し、その後のスキンケアや生活習慣の改善を怠ると効果は十分に発揮できなくなります。特にたるみは紫外線や乾燥だけでなく、表情などの癖が原因になっていることも多いです。ですから、できるだけ長く美しくいるためにそのような癖を見直すことも大切です。

▼顔や頬のたるみ治療―大塚美容形成外科
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/skin/slack/

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士