金属を使わず体に優しい歯科矯正、オールセラミッククラウン

Pocket

pixta_18550061_Mワイヤーが目立つため、口元に自信が持てなくなる方もいる金属ワイヤーでの歯科矯正。そこで近年注目を浴びているのが「オールセラミッククラウン」です。これは、歯並びだけでなく歯の形や色まで変えられる優れもの。自然に理想の歯を手に入れられるオールセラミッククラウンとは何なのでしょうか?

オールセラミッククラウンは、セラミック製の歯を被せる治療法

セラミック製の被せ物を装着することで同時に歯並び歯の色・形を改善することができる治療法です。従来のワイヤーによる歯列矯正と比べ、矯正中に矯正装置をつけないため治療中の審美性の高さが特徴です。また、オールセラミッククラウンは周りの歯に合わせて色や形を調整できるので、より自然に見せることができます。

また、ワイヤーによる矯正だと歯の位置が元に戻ってしまうことがありますが、オールセラミッククラウンではきれいな歯並びを保つことができます。

オールセラミッククラウンはメタルフリー。形や色が自由自在で自然

shade determination tooth with help of a shade guide, close up

オールセラミッククラウンが注目を浴びている理由は金属を一切使用しないメタルフリー。メタルフリーであるオールセラミッククラウンは金属アレルギーを心配する必要がありません。

体質や年齢にもよりますが、金属アレルギーが最も多い年代・性別は40代の女性と言われています。アクセサリーの装用や金属を含有する化粧品を長期的に使用したことが原因とする説が有力です。つまり長い間、金属が体に触れている状態というのはあまりいい状況とは言えないのです。

3種類のオールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンには3つの種類があります。種類により価格や使用している素材、耐久性などが変わります。(価格は大塚美容形成外科・歯科の場合)

ジルコニア・オールセラミッククラウン(1本 ¥120,000~)

ジルコニア
耐久性:★★★★☆
審美性:★★★★★

内側・外側ともにセラミックでできたクラウンで、中にジルコニアという人工ダイヤモンドを使用しています。内側に金属を使用しないため、より自然で透明感のある歯にできます。外側は患者様一人ひとりに合わせて歯科技工士が手作りで制作します。そのため、元の歯と並んでも違和感のない自然な仕上がりです。

また、ジルコニアはセラミックの中でも群を抜いて耐久性の高い素材です。ですから、熱いものや冷たいものが触れる口腔内でも耐えることができます。

イーマックスクラウン(1本 ¥70,000~)

耐久性:★★★☆☆
審美性:★★★★★

セラミックシステム、イーマックスを使った丈夫なセラミックを使ったクラウンです。通常のセラミックの3~4倍の強度を持つセラミックなので、セラミックの欠けの修復に使用されます。

フルジルコニアクラウン(1本 ¥35,000~)

フルジルコニア
耐久性:★★★★☆
審美性:★★★☆☆

全体がジルコニアでできているオールセラミッククラウンです。セラミックでありながら、薄く削ることができるのが特徴です。

【オールセラミック体験談】シミュレーションもあり安心でした

yaeba施術箇所:前歯をジルコニアクラウン 6本

オールセラミッククラウンが安いところはいくつかあったのですが、なんといっても大塚美容さんにお願いしようと思った決め手は、治療の質がとても高いと感じたことです。また術前シミュレーションも行って、事前に自分の歯がどのような形になるかがイメージできて、安心してお任せできました。もちろん術後の歯も白くてキレイな自然な感じの歯が入ったので大変満足です。

出典:http://dental.otsuka-biyo.co.jp/crown/z/

高い審美性と効果を期待できるオールセラミッククラウン

歯列を矯正するだけでなく色や形まで整えることができるオールセラミッククラウンは、歯並びだけでなく、歯の色に悩む方や金属アレルギーの方におすすめです。通常の歯列矯正と同様、保険適用外の治療ではありますが、従来のワイヤーによる歯列矯正では得られない高い審美性が手に入るので一度検討してみてはいかがでしょうか。