【費用別】あなたの理想のバストを作れる豊胸手術

Pocket

shutterstock_111137318

女性の象徴でもあるバスト。小さいバストや、授乳や加齢によってバストがしぼんだり垂れてしまったりして、自信をなくしてしまう女性もいるようです。

そんな女性を救うのが豊胸手術です。豊胸手術というとシリコンバッグを入れる方法を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそれ以外にも様々な方法があります。中には、メスを使わない方法もあります。

バストの状態や希望のバストによって施術は異なりますが、仕上がりや効果とともに気になるのが費用。そこで今回は豊胸手術を検討している方に、費用別に各施術を紹介します。

あなたに合った施術はどれ?費用別の4つの豊胸術

shutterstock_278020784

豊胸手術といっても様々な施術があります。以下では費用別に各施術を紹介します。
※費用は大塚美容形成外科の場合

1.ヒアルエイド(10cc 36,000円)

ひあるえいど

「ヒアルエイド」は、ヒアルロン酸をバストに注入する豊胸術です。ヒアルロン酸は、もともと体内にある成分。そのため手術に伴う腫れなどのダウンタイムもほとんどなく、気軽に挑戦できるのが大きなメリットです。注入は20分程度で終わりますので、仕事や家事などで多忙な女性にも人気があります。

ヒアルロン酸による豊胸術の効果は1年〜2年ほどで半永久的ではありません。その特性を活かし、夏の間や旅行前など1シーズンだけバストアップしたい方にも向いています。施術当日のみは多少の痛みがありますが、傷跡が残らないため、手軽に美しいバストを手に入れたい方におすすめです。

ヒアルエイドはバストにハリを与え、大きく見せることができますで、特に小さなバストで悩む方に適しています。

ひあるえいど2

2. バッグ挿入法(450,000円~)

バッグ挿入

「バッグ挿入」は、バッグ(豊胸インプラント)をバストに挿入する豊胸術です。自身のバストの状態や希望するサイズや形に合わせて、オーダーメイドでバストアップできるのが特徴です。手術には1時間半程度かかりますが、効果は半永久的に持続します。そのため、本格的にバストアップしたい女性におすすめです。

バッグの形や、バッグの内容物も様々です。バッグの形は、多くは「ラウンド型」という半円のバッグが用いられます。この形は日本人の体型になじみやすく、自然なバストを形成することができます。

バッグ挿入2

3.ピュアグラフト(715,000円)

ピュアグラフト

「ピュアグラフト」は、自身の体から吸引した脂肪をバストに注入する豊胸術。自身の脂肪ですから生着率も高く、感触や見た目もなめらかでナチュラルなバストを手に入れることができます。注入した脂肪は4ヶ月程度で安定し、体重が減少しない限り小さくなることはありません。ただし、吸引できる脂肪が必要ですので、痩せ型の女性は医師に相談してみましょう。

ピュアグラフトはバッグの挿入に抵抗がある方、脂肪吸引も併せて行いたい方に適した施術です。注入後もしこりができにくいため、マッサージの必要もありません。

ピュアグラフト2

4.乳房挙上術(1,200,000円~)

リフト法

「乳房挙上術」は、バストの垂れに特化した豊胸術です。余分な皮膚と脂肪を切除し。乳房の位置を上げることによってキレイなバストにします。
乳房挙上術には、症状や体型に合わせて「乳房挙上術(マストペクシー)」「乳房縮小術(リダクション)」「医療バック挿入法(乳腺下法)」3つの方法があります。手術には3時間程度かかりますが、効果は半永久的に持続します。

バストの下垂に悩む方にこの手術は適しています。他にも、バストが大きすぎて悩む方はこの乳房挙上術とともに乳腺組織も除去する施術を行うことで、バストサイズをダウンさせることができます。

リフト法2

豊胸術の中で効果の長いものは?

豊胸手術は、「ヒアルエイド」「バッグ挿入」「ピュアグラフト」「乳房挙上術」の4つの方法に大別されます。費用だけでなく、効果の程度も考えて術法を検討したいところです。

効果の持続性でいうと、「ヒアルエイド」以外の豊胸手では、効果は半永久的に持続します。そして、「ヒアルエイド」は1年〜2年程度です。

効果は半永久的に持続しなくてもよく、できるだけ安価で抑えたいのであれば「ヒアルエイド」、半永久的に効果を望むのであれば「バッグ挿入」「ピュアグラフト」「乳房挙上術」が適しています。

豊胸手術のリスクはありますか?

shutterstock_300025802

「バッグ挿入」「ピュアグラフト」「乳房挙上術」は、効果が半永久的に持続する豊胸手術です。いずれも大きな手術ですので、リスクが気になるところです。

1.全身麻酔

これら3つの手術は、全身麻酔もしくは静脈麻酔をかけて行います。全身麻酔は、麻酔科専門医による徹底した管理大切です。経験の少ない医師の場合、麻酔の効き目が弱く痛みを感じたり、逆に効きすぎて昏睡状態に陥るリスクがあります。

ただし、近年では多くの医院で徹底した管理を行っているため、ほとんど心配はいらないでしょう。また、まれに体質により麻酔を使えないこともあります。カウンセリング時にはよく相談してください。

2.痛み・腫れ・傷跡

個人差がありますが、術後に痛みが伴うことがあります。痛みが大きい場合には医師が痛み止めを処方してくれます。また術後は、施術箇所に腫れや赤みが現れます。また、切開した場所が跡となって残る場合もあります。

あなたに最適な豊胸術を知るにはカウンセリングへ

自身のバストの状態やなりたいバストによって施術法が異なります。自身の費用や目的に応じて、検討してみてください。豊胸手術を受ける場合に大切なのは、信頼できる医師を選ぶことです。カウンセリングではていねいに話を聞いてくれたり、きちんと説明をしてくれる医師を選ぶようにしましょう。