大塚美容形成外科で実際にカウンセリングを受けてきました!

Pocket

DSC_1254_0003_DSC_1364 「美容整形を考えているけれど、整形外科ってどんな雰囲気かわからないし、不安……」そう思う方は多いのではないでしょうか。今回は大塚整形塾の新人編集部員が実際の患者様と同じ手順で埋没法のカウンセリングを体験しました。

icon
新人編集部員・本田

25歳、アイプチ歴10年。頑固な一重まぶた。美容整形の経験はなし。
最近まで接着式のアイプチを使っていたためまぶたのたるみが気になるように。

予約はインターネットが便利!

DSC_1254_0000_DSC_1426まずはカウンセリングの予約を取ります。予約方法はインターネット、電話のいずれかです。今回はインターネットで予約をします。

インターネット予約では予約可能日時を一覧で見ることができます。そのため、自分の予定と合わせやすく仕事や家庭などで忙しい方には特に便利です。

院内はリラックスできる空間

DSC_1254_0008_DSC_1263カウンセリング当日。受付でカウンセリングの予約をしていた旨を伝えると、問診票をもらいました。問診票を記入しながら、カウンセリング室へ案内されるのを待ちます。待合室は暖色系の照明で落ち着いた雰囲気です。

もし、待合室で他の人と会うことが不安であれば、個室で待つこともできます。個室にはソファがあり、リラックスできそうでした。こうした細やかな気配りがあると、初めてでも安心です。

DSC_1254_0009_DSC_1267

いよいよカウンセリング室へ

DSC_1254_0002_DSC_1372記入した問診票を受付の方に渡すと、ほとんど待つことなくカウンセリング室へ案内されました。
カウンセリング室は待合室と違い、明るい白熱灯で照らされ清潔感があります。キレイな置物や観葉植物があったのも印象的でした。

先生と向かい合って座ると、いよいよカウンセリングスタートです。

まずはまぶたの状態の確認から

DSC_1254_0005_DSC_1309正しいまぶたの状態を確認するために、アイメイクを落とします。元々薄化粧なのでメイクオフにそれほど時間はかかりませんでしたが、アイメイクは薄めか、目元だけはスッピンで行ったほうが良さそうです。

先ほど書いた問診票を見ながら、先生が質問をしていきます。

先生「元の目は一重ですか?」
本田「もともとは一重です。いつも、アイプチで奥二重っぽくしてます」
先生「日中はアイプチで、帰宅してメイクを落とすタイミングで取るんですね。メイクオフの後、奥二重の線はどれくらい残りますか?」
本田「すぐに一重に戻ってしまいますね。ラインはほとんど残りません」
先生「元に戻りやすいんですね。朝起きたときにまぶたは腫れていますか?」
本田「腫れるとか、むくむとかはあんまり自覚したことないですね」

カウンセリングは最初が一番緊張する時間ですが、先生が優しく話しかけてくれるので思ったよりもリラックスしながら話すことができました。

丁寧な説明で小さな疑問も解決!

DSC_1254_0006_DSC_1289まぶたの状態、悩みについて話した後は、本題である埋没法の説明に移ります。先生が紙に図を書きながら丁寧に説明してくれるので、とてもわかりやすかったです。

先生「まぶたのラインを2か所で固定するのが、二点法です。術後、大きい腫れは2~3日、小さい腫れは1週間くらいで引きます。二点法の欠点は、継続期間の個人差が大きいことです。人によっては、もとに戻ってしまいますが、一生取れないという方もいます。施術直後はまぶたが引っ張られる感覚がありますね」
本田「引っ張られる感覚があるときは、痛みもあるんでしょうか?」
先生「痛みはないですよ。術後当日は少しピリピリとした痛みがありますが、痛み止めのお薬を渡すので安心してください」

このように、質問があれば丁寧に答えてもらえます。埋没法のようなメスを使わない手術であっても、不安は多いもの。ちょっとでも疑問や不安を感じることがあればどんどん質問することをおすすめします。

メリットやデメリットを含めた施術法の説明を一通り受けると、次は二重のシミュレーションです。

シミュレーションで自分に合った二重まぶたを見つけよう

DSC_1254_0004_DSC_1329一通り埋没法についての知識を備えたところで、いよいよシミュレーション。実際に二重まぶたを作り、出来上がりをイメージします。

患者様が手鏡を持ち、先生がシミュレーション専用の器具を使って二重を作っていきます。

先生「これが末広型ですね。もうちょっと広げていくと……これが末広型と並行型の中間ぐらいです。そしてこれが完全な平行型です。だいぶ目の印象が変わるでしょ?」
本田「すごく変わりますね!」

みるみる目の印象が変わっていく様に、カウンセリングであることを忘れて嬉しくなります。

先生「自然な感じを希望されるなら、広くしてもこれくらいですかね。パッチリさせたいのであればこんな感じ。普段アイプチでやっているように奥二重な感じがよければ、こんな感じです」

末広型、平行型、その中間など細かく再現してもらえるため、自分に似合う二重が一目瞭然。自分の気に入った幅の二重を、鏡を見ながら決めていくことができるのです。もちろん、特定の有名人のような二重にしたいのであれば、できる限り希望に沿ってもらえます(まぶたの状態は人それぞれなので、難しい場合もあります)。

料金の説明もしっかりと

DSC_1254_0001_DSC_1410カウンセリングが終わると、受付の方が別の場所で料金の説明をしてくれます。支払い方法や保証についても細かく説明してもらえ、料金の高い施術を勧められることもありません。

この後すぐに契約し施術を受けるか、いったん帰宅して再度検討するかは自由。施術を無理に勧められることもなく、患者様の意思を最大限尊重してくれているなと感じました。

カウンセリングで初めの一歩を踏み出そう!

淡々と進められると思っていたカウンセリングですが、思ったよりも親身に相談に乗ってもらえたのが安心でした。

カウンセリングは無料で受けることができます。通常の美容外科であれば、施術を強引に勧められることはありません。複数の医院のカウンセリングを受けて比較検討するのも、満足行く施術を受けるためにおすすめの方法です。

あまり人に相談できず、一人で考えがちになるのが美容整形。まだ施術を受けるか決心できなくても、相談するという形でカウンセリングを受けてみるとよさそうです。

▼無料カウンセリング予約―大塚美容形成外科
https://mypage.otsuka-biyo.jp/resvhl?

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士