二重整形は痛い?痛みの原因と対処法!

目もと・二重

「二重になりたいけど痛いのは嫌…」そのような理由でぱっちり二重になることを諦めてしまうのはもったいないです!

この記事では、二重整形の痛みについて詳しくお伝えしていきます。

皆様の痛みに対しての不安が少しでも解消されれば幸いです。

 

 

二重整形は痛い?

二重整形は、糸を通して二重を作る埋没法と、まぶたを切って二重を作る切開法に分けられます。いずれも医療行為を行う以上、痛みや刺激は発生します。

ただし、麻酔を使用してから施術を行うため、施術中の痛みはほとんど感じない場合が多いようです。

また、術後に痛みが発生する可能性もあります。

そのため、手術直後は激しい運動や読書など、目を酷使することは避けたほうが無難です。

 

 

痛みを感じやすいタイミング

ここでは「いつ痛みを感じやすいか」そして、その原因について詳しく見ていきたいと思います。

痛みについて原因から理解すれば対策も取りやすくなるので是非チェックしてみてください。

 

麻酔針を刺すとき

麻酔針を刺すときの痛みは、麻酔針の太さで変化します。

もし麻酔の注射の痛みが気になるという方は、そのクリニックでどのような針を扱っているかを調べてみて下さい。

ちなみに直径0.2mmの34Gという針が、現在市販されている中で最も細い針です。

 

麻酔を注入するとき

麻酔は注入時にも鈍い痛みが出る可能性があります。

我慢できる程度の痛みである場合がほとんどですが、急激な注入を行うと痛みが強く出るケースも有るようです。

痛みに特に弱いという方はできるだけ静かに注入してもらえるようなクリニックを選びましょう。

 

糸を通すときやまぶたを切開するとき

施術時の痛みです。基本的には麻酔がしっかりと効いていればほとんど感じることはありません。

麻酔が効きにくかった経験がある場合は事前に申告しましょう。

 

施術後

施術後、麻酔が切れた、傷口から細菌が入った、目を酷使した、などの場合に痛みが起きます。

できるだけ痛みを抑えるためにも安静に過ごし、患部を清潔に保つようにして下さい。

それでも痛みが発生した場合は、処方された鎮痛剤を服用しましょう。痛みが強い場合は我慢せずに医師へ相談することも大切です。

 

 

大塚美容形成外科は痛みに配慮している?

大塚美容形成外科は、治療時間短縮のために、麻酔を急いで入れるようなことはせず、「患者さんの痛みを最大限軽減したい」という想いを持って治療を行っています。

また、「どうしても痛みに不安がある」という方のために、現在市販されている中で、最も細い34G(直径0.2mm)の針を用意しています。

痛みに対して不安を抱えている方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

監修医情報
大塚美容形成外科・歯科 総院長 石井秀典

大塚美容形成外科・歯科 総院長
石井秀典(いしいひでのり)

経歴
2000年 帝京大学医学部 卒業/2000年
帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得
2022年 大塚美容形成外科 総院長就任
帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
資格・取得専門医
医学博士
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS認定)
アラガン社ファカルティ(ボトックス・ヒアルロン酸注入指導医)
所属学会・団体
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
国際形成外科学会会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
目もと・二重
シェアする
タイトルとURLをコピーしました