目の左右差は何が原因?改善するには二重整形がおすすめ!

目もと・二重

目の大きさに違いがあるのは、主に遺伝の影響だと言われています。しかし日常の癖によって左右差が生まれてしまうこともあります。

その左右差を改善する方法としておすすめなのが二重整形です。

左右差がある原因や、なぜ二重整形で改善できるのか等を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

左右差がある原因は遺伝だけではない

左右の目の大きさや二重の幅等に差が生じるのは、主に遺伝が原因であると言われています。

しかし、遺伝以外にも左右差がついてしまうこともあるので、その原因を紹介していきます。

普段何気なくしている仕草の中にも左右差が生まれる原因があるので、心当たりがあれば見直していきましょう。

 

睡眠時の姿勢

常に横向きで寝る癖があると、下側になっているまぶたがむくみやすくなり、目の大きさや二重の幅に差が生じることがあります。

そのため、意識的に寝る向きを変えるように意識すると良いでしょう。

 

頬杖をつく

頬杖が癖になっている場合、左右決まった方ばかりで頬杖をついていることが多いです。

そうすると顔の同じ側にばかり圧力がかかり骨がゆがんでしまい、目だけではなく顔のさまざまなパーツに左右差が生じる恐れがあります。

 

片方だけで噛む癖がある

いつも片方だけで食べ物を噛んでいると、顔の左右の筋肉に差が出てきます。

その結果、片側の筋肉が緊張し「左右の目の高さが合っていない」ということが起きてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

 

目の左右差に二重整形をおすすめする理由

目の大きさが違う場合に、改善方法として二重整形をおすすめしています。

ここでは「なぜ二重整形がおすすめなのか」を紹介していきます。

 

片方のみ二重に調整できる

片目だけ二重整形をすることによって、左右差を整えられます。ケースとしては、片方のみ一重や、片方のみ二重の幅が狭いといった場合に有効です。

 

両方の目元をはっきりさせることができる

両目に二重整形を行うことで、左右差を無くしつつ、両方の目元をはっきりとさせられます。

ただし、元のまぶたの状態によっては左右差が残る可能性もあります。

 

たるみや脂肪を切除して目元をスッキリさせられる

「まぶたがたるんで左右の目の大きさが違う」「片方のまぶただけ脂肪が厚い」といった場合に、たるみや脂肪を切除して左右差を整えることができます。

また、たるみが目立たなくなることで若々しい印象を与えることもできるでしょう。

 

 

まずはカウンセリングへ

二重整形を行うことによって左右差の解消だけでなく、目をぱっちりさせたり、たるみを無くしたりすることができます。

左右差を無くすと同時に、理想の目元を手に入れましょう!

また、二重整形には2種類あるので自身に適した治療を医師とのカウンセリングで決めることをおすすめします。

大塚美容形成外科ではカウンセリングを無料で行っています。また、オンラインでの予約も24時間可能です。そのため、「お金が気になる」という方や「忙しくて時間がとりにくい」という方も利用しやすい環境が整っています。ぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

監修医情報
大塚美容形成外科・歯科 総院長 石井秀典

大塚美容形成外科・歯科 総院長
石井秀典(いしいひでのり)

経歴
2000年 帝京大学医学部 卒業/2000年
帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得
2022年 大塚美容形成外科 総院長就任
帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
資格・取得専門医
医学博士
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS認定)
アラガン社ファカルティ(ボトックス・ヒアルロン酸注入指導医)
所属学会・団体
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
国際形成外科学会会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
目もと・二重
シェアする
タイトルとURLをコピーしました