二重切開後にまぶたが痒いその原因とは?対処法も含め詳しく解説

Pocket

「二重切開後にまぶたがかゆい」といった症状を引き起こす方もいます。しかし「かゆみ」にはいくつかの原因があるため、焦る前に知ることが大切です。

そこで今回は、二重切開後にまぶたがかゆい原因とその対処法について詳しく説明していきます。おすすめしたいクリニックの紹介もありますので、参考にしてみて下さいね。

 

 

二重切開後にまぶたがかゆい原因

 

回復過程によるもの

皮膚の回復過程でかゆみを感じることがあります。治りかけの際に、ヒスタミンと呼ばれる物質が内側で放出されることがで神経に影響し、かゆみを感じるのです。

しかし、ここでかいてしまうことでさらにヒスタミンが放出されるので、かゆみが倍増すると考えられています。

そのため、できるだけ刺激を与えないようにしなければいけません。

 

アレルギーもしくはかぶれ

まぶたを止めている糸に対してアレルギーが出てしまったり、治療時に使用した消毒液などによってかぶれを起こしてしまったりといったことが原因でかゆみを感じることがあります。

しかし、糸のアレルギーは非常に稀なケースです。

また、かぶれてしまった場合は皮膚を清潔に保つことで徐々にかゆみは消失していきます。

 

感染の可能性も

感染し結膜炎を起こしている可能性も考えられます。感染は、何らかの理由で傷口から細菌が入り込み起こってしまうものです。

 

 

まぶたがかゆい場合の対処法

 

まぶたを冷やす

痒い場合は保冷剤などで冷やすようにしましょう。こまめに冷やすことで痒みも治まってきます。

注意点として、保冷剤を直接当てないようにして下さい。また、冷やす際に手で直接触れてしまうことで細菌が入り込んでしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

薬を使用する

痒みが治らない場合は、抗ヒスタミン薬の内服薬や塗り薬を処方してもらうことも可能です。
医師に相談してみましょう。

触ってしまったりかいてしまったりすると、余計かゆみが悪化しさらには細菌感染を起こす可能性もあるため注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は、二重切開後にまぶたが痒くなる原因や対処法を解説していきました。いかがでしたでしょうか?

痒くなるなどのリスクは美容整形において付き物とも言えます。しかしそのような説明をしっかりと行っていないクリニックもあるので注意が必要です。

大塚美容形成外科は経験豊富な医師が多数在籍しているクリニックです。形成外科の専門医資格を取得している医師や人気テレビ番組で活躍した医師など、技術力にも定評あります。

また、フォーエバーブリリアント埋没法や一番人気の二重埋没法など、クリニックオリジナルの施術も揃えています。

カウンセリング相談は無料で行っているためぜひお気軽にご相談下さい。
※銀座院のみ初診料が発生します

 

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院銀座院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ 大塚美容外科 石井 秀典医学博士 インスタグラム
略歴
2000年 帝京大学医学部 卒業
2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 22年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士