目頭切開のメリットとデメリットを紹介!

Pocket

目頭切開は、目頭にある蒙古襞を切除して目と目の間隔を狭め、より目を大きく見せるための施術です。

様々なメリットがありますが、切開を伴うためリスクやデメリットも存在します。

そこで今回は、目頭切開のメリット・デメリットの両方を紹介します。

後悔しないためにも、どちらも理解した上で施術を検討するようにしましょう。

 

 

メリット

まずは目頭切開のメリットを紹介します。

 

欧米人のような平行型二重を作れる

日本人は、目頭の二重幅が狭く、目尻にむかうにつれてラインの幅が広がっていく末広型の二重が多いと言われています。

これは蒙古襞があることが理由です。

目頭切開法で、この蒙古襞をカットすることによって欧米人のような平行型二重を作ることが可能になります。

 

目が大きく見える

蒙古襞が強いと目頭が丸く部分に皮膚がかぶさり、目の横幅が狭くなります。

そのせいで目が小さく見えている方は少なくありません。

蒙古襞を切開することで、目頭部分の皮膚のかぶさりを改善し、横幅の広いパッチリとした大きな目にすることができます

 

離れ目を改善できる

多くの人が美しいと感じる目元は、左右の目それぞれの幅と目の間の距離が「1:1:1」の比率になっていると言われていますが、実はこの比率は白人に対する比率です。

日本人を含めた東洋人に対しては目頭の間が少し広い方が美しいバランスとされています。

目頭切開によって、目と目の間の距離を調整することができるため、離れ目を改善し左右対称に近いバランスの良い目元を実現可能です。

 

二重切開法と組み合わせられる

蒙古襞が発達していると、目頭側の二重が狭くなってしまい、二重整形で平行型の二重を作ったとしても末広型に戻ってしまいやすいと言われています。

しかし、二重手術と目頭切開を併用することで、平行型の二重を作りやすくなり、美しく大きな目に近づけることができます。

つまり、目頭切開をすることで二重手術の効果をより高めることができるのです。

 

 

デメリット

続いてデメリットを紹介します。

 

しばらく腫れや赤みが続く

手術後は基本的に腫れや赤みがでます。

個人差はありますが、1〜2週間ほど目立つ場合があります。

そのため、大切なイベントや人前に立つような機会がある場合には、目頭切開は控えておいた方が良いかもしれません。

 

違和感が出てしまうことも

蒙古襞を取り過ぎてしまうことで、目頭のピンクの粘膜が露出しすぎて違和感が出てしまうといったケースもあります。

そのため、施術前には十分に医師と完成イメージをすり合わせておくようにしましょう。

 

費用がかかる

手軽な価格とは言えない程度の費用がかかります。

クリニックにより差はありますが、20~40万円程度が多いです。

 

日常生活に制限がかかる

腫れや赤みが落ち着くまでは、日常生活に様々な制限がかかります。

体温が上昇すると血流が促進され、腫れが強くなってしまう可能性があります。

そのため、腫れがおさまるまでの間は、運動や入浴などの血行が良くなる行動に制限がかかります

 

元に戻すことが難しい

一度切開してしまうと元に戻すことが難しいとされていますが、術式にもよります。W法だと効果も高いですが皮膚を切除するため元に戻すことは難しいです。

一方、Z法では皮膚切除をほとんど必要としないため元に戻すことも可能です。

また、蒙古襞形成という修正手術もはありますが、目頭周辺の皮膚を使って蒙古襞を形成するため、さらに目元へのダメージが重なったり、仕上がりに違和感が出てしまう可能性があったりと、元に戻すのは簡単ではありません

 

 

まとめ

目頭切開のメリットとデメリットを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回紹介したように目頭切開にはデメリットもあるので、失敗のリスクを抑えるためにも医師やクリニック選びは非常に重要です。

大塚美容形成外科は開院から45年以上の歴史を積み重ね、症例数も豊富です。大学病院などで経験を積んできたベテランドクターが多く在籍しております。

目頭切開を検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院銀座院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ 大塚美容外科 石井 秀典医学博士 インスタグラム
略歴
2000年 帝京大学医学部 卒業
2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 22年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士