簡単にあこがれの小顔になれる小顔注射「BNLS注射」とは?

Pocket

shutterstock_232810075

美容整形の力を借りて小顔になりたいけれど、顔を手術するのはなかなか勇気が出ない。そんな人におすすめしたいのが「BNLS注射」です。今回は最近話題の小顔になれるプチ整形、BNLS注射について紹介します。

顔が大きくなってしまう原因とは?

shutterstock_64742251

そもそも、顔が大きくなってしまう原因はさまざまです。骨格によるもの、脂肪によるもの、むくみによるものや筋肉によるものなどが挙げられます。

原因が異なればその対処法も変わります。たとえばむくみが原因であれば血液の循環を良くするマッサージをする、骨格が原因であれば、骨切手術や歯科矯正をする、などがあります。

今回紹介するBNLS注射は、脂肪とむくみが原因で顔の大きさに悩む人に最適な方法です。
では、BNLS注射とは何なのでしょうか?見ていきましょう。

BNLS注射とは

BNLS注射とは、小顔、顔痩せ、肌のひきしめを目的に開発された脂肪を分解する注射です。脂肪の気になる部分に注入することにより血流を良くし、余分な脂肪や老廃物の排出を促します。

BNLSの主成分である植物由来の成分が、「脂肪分解・肌のひきしめ・リンパ循環」を促し、小顔に近づけます。植物由来なので安心ですね。

BNLSの4つのメリット

shutterstock_331039157

BNLS注射には、4つのメリットがあります。

1. 注射のみ、かつ植物由来の成分で身体への負担が少ない

BNLSは、気になるパーツに注射をするだけの施術なので、メスを使うことはありません。BNLSの主成分は、従来の脂肪分解溶液の主成分であるフォスファチジルコリンではなく、植物由来の成分が主成分となっています。この植物由来の成分は、ヒトの細胞に無害であることが実験で証明されているため、安全性が高く安心して使用できます。

2. 小鼻や上まぶたなど顔の細かいパーツの脂肪除去

BNLS注射の注射範囲は、顔の額、上まぶた、鼻、小鼻、頬骨部、頬(ほうれい線周辺)、下頬部、側頬部、唾液腺肥大、頤下部など、11か所に細かく分かれているので、自分の気になる部分を治療することができます。

3. 施術時間も短く、治療間隔は通常の2分の1

BNLS注射は、治療間隔が短いことも特徴の1つ。通常の脂肪分解溶液による治療はダウンタイムが約2~3週間かかってしまうのに対し、BNLSはダウンタイムがないため、1週間おきに治療を行うことができます。そのため、忙しくて長期的に通うことが難しい人でも、短期間で一気に治療を終わらせることができるのです。治療回数は平均3回と言われているので、最短で約1ヶ月弱で治療を終わらせることも可能です。

また、施術時間も約15~20分です。施術した日に洗顔、シャワー、メイクまですることができるので、術後もすぐに日常生活に戻ることができますね。

4. 治療後2~3日で実感できる治療効果

他の脂肪分解溶液では、効果を実感するのに最低でも2~3週間かかりますが、BNLSはわずか2~3日で変化を実感できます。BNLSはゆるやかな変化なので劇的な変化はありませんが、効果の出現までの時間が短いのは嬉しいですね。

また、無茶な食生活をしない限りはリバウンドの心配もないので、再び顔が大きくなってしまうということもありません。

BNLSのデメリット

BNLSのデメリットは、効果に個人差があること、そして劇的な効果を実感しづらいことです。直接脂肪を取り除く脂肪吸引と違い、BNLSは脂肪の分解を促すことで痩せる方法です。そのため、1回の施術で劇的な変化が起こることはありません。

何度か施術を受ける必要はありますが、逆に周りにばれないように少しずつ小顔に近づけたいという人にはおすすめの方法です。

BNLS注射の気になる費用は?

shutterstock_297282815

手術で気になるのは、やはり価格。BNLSによる小顔プチ整形は1回では終わらないため、価格が高ければ続けることは難しいですよね。

大塚美容整形外科の場合、注射1本15,000円~、3回コースで39,000円と比較的リーズナブルな価格で治療することができます。
この価格であれば、エステに長期的に通うよりも安く済むのではないでしょうか。
詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

切らない「安心・安全」なプチ整形で小顔をゲット

BNLS注射は、確実に小顔を手に入れたいけれど、メスをいれるような整形には少し抵抗がある方に向いている施術です。ダイエットでも顔だけはなかなか痩せなかった方、整形そのものに抵抗がある方も、まずは気軽にカウンセリングから始めてみてはいかがでしょうか。