モテ唇を手に入れる!ヒアルロン酸でぽってり唇&ケア

Pocket

hiaruron1

男性が女性のカラダで最も気にする部位はどこでしょうか。顔? それともスタイル? それもあるかもしれませんが、意外にも「唇」を見ている、という人が多いのです。

薄い唇や、カサカサと潤っていない唇は、「手入れされていない」「冷たい」「さみしげ」といった印象を与えてしまいます。

メイクもぐっと明るく、華やかになる夏。この季節にぽってりとセクシーな唇を手に入れませんか? また怠りがちな日々のリップケアも同時に解説します。

今の流行りはやっぱり「ちゅん顔」

笑顔じゃないのに女性らしく可愛い、口をスズメのように「ちゅん」と、すました表情の「ちゅん顔」。テレビや雑誌でも取り上げられ、今では「アヒル口」に続きトレンドです。

「ちゅん顔」のポイントは「ナチュラルな女性らしさ」と「自然で透明感のあるメイク」。濃いメイクはNGです。

そんなちゅん顔で重要なのが唇。人気女優の石原さとみさんのように、潤いがありぽってりとした唇は男性にも人気で、ぽってりとした艶のある唇はセクシーで女性らしさを与えてくれます。そんな憧れの唇を、メスを使わず、ヒアルロン酸注入で手に入れませんか?

 

10分で手に入る⁉︎人気のヒアルロン酸注入

hiaruron2

ヒアルロン酸は保湿力が高いことから、化粧水の成分としても人気があり、気になる肌のシワなどプチ整形にもよく使われます。でもヒアルロン酸を唇に注入すると聞いて不安に思う方もいるかもしれません。ここでは、ヒアルロン酸のメリットとデメリットについて紹介します。

ヒアルロン酸注入のメリット

1. アレルギーや副作用が少なく、即効性がある
ヒアルロン酸は人体にもともとある成分なので、アレルギーや副作用の心配がほとんどなく、必要な箇所に注入するだけですぐに効果を得ることができます。

2. メスを使わず短時間の施術
メスを使わず、施術時間も10分程度と短いので、身体への負担も軽く通院の必要はありません。

3. 元の状態に戻すことができる
元に戻したいと思ったら「ヒアルロン酸分解注射」によって元の状態に戻すことができます。

4. 自分のニーズに合わせて選べるヒアルロン酸
唇に使用するヒアルロン酸は、硬さや弾力性の違いによりいくつかの種類があります。例えばアヒル口のような形なら少し硬いヒアルロン酸を使用し、ボリュームのある柔らかい唇なら全体的に弾力性のあるヒアルロン酸を使用します。

ヒアルロン酸注入のデメリット

1. 持続期間は半年から1年
ヒアルロン酸は徐々に吸収されて無くなってしまいます。そのため、体内に残らず安全に使用することができるのですが、逆に吸収されてしまうので元の状態に戻ってしまう、ということにもなります。長期的な効果を望むのであれば、継続した施術が必要です。

2. 内出血の可能性がある
まれに施術で注射針が細い毛細血管に当たってしまい内出血が生じてしまう場合があります。軽い内出血であれば1週間ほどで消えますが、内出血を抑えるために、施術した当日はお風呂に長時間浸かる、激しい運動などは控えましょう。

ヒアルロン酸はもともと人体にある成分なので、アレルギーや副作用がなく安心です。また、自分に合わないと思ったら、元の状態にも戻すことができます。

綺麗な愛される形を手に入れるためにも、カウンセリングをきちんと受けて、自分にあった自然な唇を手に入れましょう。

所要時間
10分
腫れ・傷跡
なし
施術の痛み
チクッとする程度
入院・通院
なし
麻酔
クリーム麻酔
持続性
6ヶ月〜12ヶ月
洗顔・メイク
当日から可能
シャワー・入浴
当日から可能
料金
1本・1ml 長期持続型 ¥80,000
1本・1ml 厚生労働省認可 ¥80,000(現在キャンペーン中)

※料金は大塚美容形成外科の場合

気になる敏感な唇の痛みと違和感

唇は口に入るものを判別したり、重要であり敏感な部分。普通に注射したら痛みを伴います。しかし、施術は麻酔を使用するので、痛みを感じることはほとんどありません。

また、施術後の違和感も気になるところ。特に「キスした時に、相手に気づかれるのでは?」という不安もあるでしょう。そこでヒアルロン酸の硬さがカギとなります。

柔らかいヒアルロン酸は吸収されやすいという弱点がありますが、より唇の感触に近く、ヒアルロン酸を注入したと気付かれにくいです。施術を受ける際は、きちんと施術後まで考え、医師に相談した方が良いですね。

リップケアでワンランク上の女性に

hiaruron3

顔や体の保湿ケアはしているのに、リップケアは意外と手を抜きがち。せっかくヒアルロン酸でセクシーな唇が手に入ったのに、カサカサしていたら魅力半減。きちんとリップケアをして周りと差をつけましょう!

家にあるものでOK!リップパック

市販ではなく家庭にあるものでもリップパックが簡単にできてしまいます。
準備するのもは
・保湿成分のあるクリーム(ワセリン、リップクリーム、はちみつ)
・ラップ
・蒸しタオル
と、とてもシンプルです。蒸しタオルは水で濡らしたタオルをゆるめに絞り、耐熱皿に乗せて電子レンジで40秒〜1分程度温めれば作ることができます。

ぷるぷるの唇を叶える、リップパックの手順

1.唇に蒸しタオルを当て、1~2分程度温めます。
2.唇が柔らかくなったら、保湿成分のあるクリームをやさしくたっぷりと塗ります。この時、唇の縦じわに沿って塗りこむとしわが目立たなくなります。
3.唇全体を覆うようにラップをします。
4.3~5分ほどパックしたら、ラップをゆっくりと剥がして終了です。

自宅で簡単にリップケアができ、短時間で潤いのある唇になるので、メイク前に一手間加えてみてはいかがでしょうか?

リップケアで心がけたいこと

hiaruron4

リップクリームには正しい塗り方があるのはご存じですか?潤いのある唇を手に入れたら、それを持続させたいですよね。正しいリップクリームの塗り方を知って、乾燥に負けない潤いのある唇を保ちましょう!

1.リップクリームは1日5回程度に
リップクリームは1日に何度も塗りがちです。しかし、これが逆効果。摩擦で炎症を起こしてしまいます。

2.リップクリームは縦につけること
唇の縦じわに沿って、リップクリームを塗ってください。横に塗ってしまうと、縦じわの奥まで浸透せず効果的ではありません。

3.負担の少ないリップクリームを選ぶ
香料付き、UVカット効果のあるものは普通のものより、少し唇への刺激が強いものが多いです。唇が荒れている時は刺激が少なく、柔らかいテクスチャーのものを選んでください。

ぽってりとした潤いのある唇で、視線をくぎ付けに

きちんとケアがされている唇は美しく、女性らしい落ち着いた印象を与えてくれます。ぽってりとした艶のあるセクシーな唇を持つ女性は、男性のみならず女性からの注目も集めるかもしれません。

この夏、安全で手軽なヒアルロン酸で魅力的なぽってり唇を手に入れませんか?

▼唇ヒアルロン酸注入―大塚美容形成外科
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/lips/thick/

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 20年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士