痩せたい!脂肪吸引でスッキリ!メリハリボディを目指す

Pocket

脂肪吸引でメリハリボディを目指す
ダイエットは、女性にとって永遠のテーマといわれていますが、肥満の原因や憧れているスタイルは人それぞれです。

美容整形業界の痩身の分野では超音波やレーザー、脂肪冷却に脂肪溶解注射など様々な痩身法があります。その中でも短期間で効果があり、リバウンドしにくく部分痩せも可能な「夢のような痩身法」があります。それが脂肪吸引法です。今回は脂肪吸引の安全性や痩身のメカニズムなど、たっぷりお伝えします。

脂肪吸引って危険じゃないの?

脂肪吸引法は、過去には事故や失敗例があり、決してリスクがないわけではありません。しかし、医療技術の進歩や管理体制の見直しがによって以前よりさらに安全性が高くなりました。

例えば、最先端の技術を駆使しして開発された「超音波(VASER)脂肪吸引」は、超音波によって脂肪を効率よく溶かします。溶かした脂肪を吸引するため、内出血や腫れも少なく、またこれまでの脂肪吸引では難しかった皮膚に近い部分の脂肪もキレイに短時間で吸引できるようになりました。

脂肪吸引はリバウンドしない?

脂肪吸引はリバウンドしない?
肥満とは、脂肪細胞のひとつ一つが大きくなった状態を言います。一般的なダイエットではこの脂肪細胞を小さくすることで痩せるのですが、脂肪細胞の数を減らすことはできません。

一方、脂肪吸引は体内の脂肪細胞そのものの数を減らします。実は肥満の原因である脂肪細胞は思春期を過ぎるとほとんど増えません。たとえ残っている脂肪細胞が大きくなったとしても脂肪細胞の数自体は少ないままです。そのため、リバウンドをしないといえるのです。

ダイエットが体重を減らすことや体質改善に重点を置いているのに対し、脂肪吸引はサイズダウンやボディラインを整えるという、見た目をより美しくすることに重点をおいています。

体重減少が目的であれば従来のダイエットが適していますが、体のラインを整えたい、メリハリのある体にしたい、普通の食生活でも体質的に痩せづらいというのであれば、脂肪吸引のほうがおすすめなのです。

ピンポイント脂肪吸引とボディデザイン脂肪吸引

ピンポイント脂肪吸引とボディデザイン脂肪吸引の違い
脂肪吸引には、一部分だけの脂肪を取る「ピンポイント脂肪吸引」と、体全体を美しいボディラインにするために行う「ボディデザイン脂肪吸引」の2種類があります。それそれ、解説していきましょう。

ピンポイント脂肪吸引

ピンポイント脂肪吸引は、手でつまめる程度の狭い範囲の脂肪を選択的に除去する方法です。範囲は、手のひらサイズの面積に対して一部位となります。

例えば、全体的なボディラインは特に問題がないが、下腹部のぽっこりした部分、ヒップと太ももの境目辺りの余分な脂肪だけが気になるという方に効果的です。範囲が小さければ小さいほど食事制限や運動による方法で脂肪を除去することは困難です。体の全体を見ると太っていないのに、その部分のためにいつまでもダイエットを続けていては痩せすぎてしまい不健康に陥る可能性もあります。

一方、脂肪吸引では無理なダイエットをせずに、部分的な脂肪をピンポイントで除去して悩みを解消することができるのです。いわゆる「部分やせ」ができるということです。

ボディデザイン脂肪吸引

ボディデザイン脂肪吸引は、気になる部位とその周囲の脂肪をバランスよく除去し美しいボディラインをつくる方法です。

基本的には均一にむらなく脂肪吸引を行い、部位によっては深層の脂肪を中心に吸引することによって「くびれ」をしっかりと作ります。皮膚表面は凹凸にならないよう、様々なテクニックや機器を組み合わせた脂肪吸引を行います。それにより女性らしい「曲線美」やほっそりした「華奢なライン」をデザインすることが可能となり、メリハリのある美しいボディラインを作り出します。

このように脂肪をただ単に除去するのではなく、一人ひとりの雰囲気や骨格を考慮してボディラインをデザインしながら脂肪吸引を行うので美しい体を手に入れることができるのです。

ただ、ボディデザイン吸引は一人ひとりに合わせるという特性から、熟練の医師でないと思い通りのデザインにならない場合があります。この方法を希望する場合は、医師選びを慎重に行うことが肝要といえるでしょう。

脂肪吸引のこれが気になる……を医師が解説

脂肪吸引の気になる点を医師が解説

Q1.脂肪吸引の施術時や術後の痛みはどの程度ですか?

局所麻酔で脂肪吸引を行った場合、施術時の痛みは部分的にあります。特に腹部周囲は痛みを感じることが多いです。痛みがあるときは麻酔を追加するので過度に心配する必要はないでしょう。

静脈麻酔や全身麻酔では痛みは感じません。術後は1〜2週間ほど、筋肉痛のような痛みがあります。

Q2.ついつい食べ過ぎてしまい、食生活を改善できません。脂肪吸引を受ければ食生活を変えなくてもリバウンドしませんか?

そもそも脂肪吸引は、通常の食生活をしているのに痩せられない人に向けた施術です。まずは食生活を改善しないと施術を受けることはできません。術後に暴飲暴食をしてしまえば、当然ながら太ってしまいます。術後も暴飲暴食はせず、適度に食事制限を設けて普通の食生活を心がけることが肝要です。

Q3.術後数年〜数十年経ってボディラインが崩れることはありませんか?

脂肪吸引をするしないに関わらず、加齢によってたるみは起こります。キレイなボディラインをキープするには、筋トレなどで体を鍛えるとよいでしょう。脂肪吸引をすると脂肪の層が薄くなり、皮膚から筋肉までの距離が近くなります。そのため、筋肉の形が現れやすくなり、筋トレの効果を感じやすいでしょう。

脂肪吸引で理想のボディに

自身の体型の悩みや体質により、施術の方法は異なります。部分的に痩せたいのか、全体的に脂肪を減らし、女性的な魅力あるボディラインにしたいのか……。まずは自分がどのような体になりたいのかを考え、カウンセリングでしっかりと医師に伝えることが大切です。

▼脂肪吸引―大塚美容形成外科
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/bodyline/fat/

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士