【二重切開】二重幅の修正で狭くすることは可能?

Pocket

せっかく勇気を出して二重整形をしたにもかかわらず、「二重幅が広くなりすぎてしまった」「想像していたラインと違う」といったケースも少なくありません。

そこで修正を検討している人もいるでしょう。しかし、そもそも二重切開のように切開を伴う治療後に、二重幅を狭くできるのでしょうか?

今回はそういったことについて詳しくまとめていきます。

 

二重幅を狭くする治療は難易度が高い

二重修正の中でもいくつか、難しいと言われる修正があります。そのなかの一つが「二重幅を狭くする修正」です。

また治療後も状態が完全に落ち着くまで3ヶ月程度もかかると言われています。

回答として修正は可能です。しかし”絶対に”成功するという保障はないということも頭に入れておきましょう。

 

二重幅を狭くする治療におけるリスク

希望するラインより狭くなってしまう

二重を狭くする修正の場合、シミュレーションができないケースが多いです。そのため正確に仕上がりを見ることは難しいと言えます。

二重のラインは、皮膚の伸びや眉毛の高さなど多くの状況を掛け合わせて決定していきます。

三重になってしまう可能性がある

現状の癒着が取りきれないことや、希望するラインにおいても癒着が起きてしまっている場合があります。

癒着部分がいくつかあることで、ラインも複数でき三重になる可能性があるのです。

まぶたが閉じられない、閉じづらくなる

修正する場合、皮膚のみならず皮膚組織を切除していきます。

その際に、それらを取りすぎてしまいまぶたが閉じづらくなる現象が起きてしまいます。

これについては、医師の技術力が重要になってきますがもともとまぶたの皮膚がしっかりと残っていないとこういった状況が起こりやすくなってしまうでしょう。

 

修正手術がうまくいく可能性が高い方の特徴

・二重の修正回数が少ない方
・目を閉じられる方(半目にならない方)
・眼窩脂肪がある方
・瞼の皮膚が残っている方

 

二重修正を幅広く対応する大塚美容形成外科

大塚美容形成外科では、二重整形の修正ややり直しの治療も行っています。

その際は、現状がどのような状態であるのか、また患者様が理想としているラインを作れるのかどうかなどしっかりとカウンセリングを行います。

そのため「二重に左右差がある」「二重のラインが理想と異なっている」といった方はお気軽にご相談下さい。

下記が治療の料金となります。片目のみでも治療が可能です。
※掲載している価格は2022年7月時点のものとなります。最新の価格・情報は、公式サイトをご参照いただくかお問合せください。

施術名

場所

金額

    他院修正 片目(初回) 税込¥99,000
両目(初回) 税込¥165,000
\経験豊富な医師による丁寧な施術/ 大塚美容形成外科の
無料カウンセリングはこちら

 

まとめ

今回は二重切開の修正で幅を狭くできるのかについて詳しく解説していきました。

修正手術は治療の難易度が高いと言われています。そのため、クリニックや医師の中には修正治療を断っている場合もあります。要するに高い技術力を持っている医師のみが行っているのです。

そもそも治療の修正・やり直しを起こさないためにも医師やクリニック選びは慎重に行いましょう。

大塚美容の脂肪吸引

大塚美容の二重埋没法

\経験豊富な医師による丁寧な施術/ 大塚美容形成外科の
無料カウンセリングはこちら

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院銀座院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ 大塚美容外科 石井 秀典医学博士 インスタグラム
略歴
2000年 帝京大学医学部 卒業
2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 22年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士