「二重切開が取れた」と悩む人の原因を詳しく解説!

せっかく二重切開の治療を受けたにもかかわらず、取れてしまったと悩んでいる方もいます。

なぜ取れてしまうのでしょうか?

今回はその原因について詳しく解説していきます。

 

そもそも二重切開って取れるの?

二重切開法は埋没法と異なり、瞼の中で二重の仕組みを作ります。それを癒着させて、綺麗な二重にする治療です。

その名の通り切開を伴う治療なので半永久的な効果が見込めることで人気を集めています。要するに、二重切開はほとんど取れることがないとされているのです。

 

二重切開が取れてしまう2つの原因

①医師の技術力が乏しい

やはり大きな原因として医師の技術力に問題があると言えます。

上眼瞼皮膚と眼瞼挙筋間に線維連絡を作製するのが二重切開法です。ここでの内部処置がしっかりとできていないことにより、二重ラインが元に戻ってしまうと言われています。

②カウンセリングがしっかりとできていない

そもそもの二重ラインが不自然な位置であったりその人に適していない位置であったりすることで、瞼の食い込みが不自然になってしまうことがあります。

この場合は、取れるというよりも薄くなってしまうため修正の難易度も高くなると言われているのです。

もちろん、この現象にも上記で挙げた医師の技術力が大きく関わってきます。

しかし、カウンセリングで目元を見た上で、その人に適した位置やナチュラルな位置は分かるはずです。

そのため、取れてしまう原因としてカウンセリングがきちんとできていないことが挙げられます。

 

二重切開が取れないための方法

せっかく高額な料金を支払って「綺麗になるための努力」をしても取れてしまっては意味がありません。また、取れてしまってからでは遅いです。

そうならないためには、クリニックや医師選びが重要です。

「お金が安いから」「駅から近くて行きやすいから」といったことばかりを追求しすぎて、実際に治療をしてもらう医師が経験値の浅い先生で失敗されてしまったという事例も少なくありません。

まずは、カウンセリングをしっかりと行ってくれるのか、美容外科医・形成外科医としてどれくらい経験しているのか、などを調べてみて下さい。

また、相性の問題もあるため自分の気持ちや「こうしたい」という思いを汲み取ってくれる医師だとなお良いかもしれません。

思いを汲み取るというと何でも言うことを聞いて医師が良いと勘違いする方もいますが、向いていない治療の場合に関しては、はっきりと教えてくれる医師が良いですよ。

 

まとめ

今回は、二重切開は取れるのか、また取れる原因などについて解説していきました。いかがでしたでしょうか?

基本的に二重切開が取れてしまう可能性はほとんどありません。しかし医師の技術力が乏しかったりカウンセリングがしっかりとできていなかったりすることで「取れてしまう」といったことも考えられます。

そうならないためにも、クリニック・医師選びは慎重に行いましょう。

大塚美容形成外科は、美容外科医歴の長い医師や42年間以上の歴史で蓄積された症例数を誇っています。

二重切開で悩んでいる方はお気軽にご来院ください。

記事監修医師紹介

大塚美容形成外科 総院長
大塚院院長
大塚院金沢院京都院銀座院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ 大塚美容外科 石井 秀典医学博士 インスタグラム
略歴
2000年 帝京大学医学部 卒業
2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容外科・形成外科歴 23年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士