二重埋没法の翌日はどんな状態?注意すべき行動も紹介!

目もと・二重

埋没法をする上で気になるのが手術翌日の状態ではないでしょうか?

まぶたの状態次第ではスケジュールを調整しなければならないこともあるでしょう。

そこで今回は「埋没法の翌日はどのような状態なのか」「手術翌日に気をつけることは?」といった疑問に答えていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

埋没法の翌日はどんな状態?

埋没法を受けた翌日から数日間は、腫れや内出血がおきる方もいらっしゃいます。

切らずに二重まぶたになれる埋没法は、メスを使う二重切開法と比べて、ダメージの少ない二重整形です。

しかし、腫れや内出血がどの程度出るかには個人差があり、術式や糸を留める点数、医師の技術力などによっても異なります。

 

 

手術翌日に予定を入れても大丈夫?

最低でも2〜3日程度は安静にできるよう、予定を開けておいた方が良いでしょう。

特に翌日は腫れのピークと言われており、目を酷使することでさらに悪化させてしまう可能性があります。

回復期間にも個人差があるので、心配であれば1週間程度は予定を開けておいた方がいいかもしれません。

 

 

術後に注意すべき行動5つ

①入浴の方法

身体が温まることによって血行が良くなると、腫れがひどくなってしまうことがあります。

そのため、施術後3日目くらいまではシャワーにするか、どうしても湯船に浸かりたい場合はぬるめの温度にしておいた方が良いでしょう。

 

②メイクの仕方

腫れや内出血が目立つ場合、ついメイクで隠したくなってしまいます。

しかし、傷口から細菌が入ってしまう可能性があるため、しばらくは様子をみた方が良いでしょう。

目元のメイクは3日後あたりから再開できることが多いですが、可能であれば1週間程度はアイメイクを控えた方が安心です。

 

③コンタクトの着用

施術直後はコンタクトの使用ができないため、メガネを用意しておきましょう。

3日程度経って状態が良いようなら着用できますが、まぶたを引っ張ってしまうと糸が切れてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

④アルコールの摂取

アルコールにより血行が良くなり、腫れがひどくなってしまうことがあります。

そのため、1週間程度は飲酒を控えた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

埋没法の翌日の状態や注意すべき行動を紹介しましたが、いかがでしたか?

もし手術の翌日や直近に予定があるようであれば、一度スケジュールを見直した方が良いかもしれません。

ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

 

監修医情報
大塚美容形成外科・歯科 総院長 石井秀典

大塚美容形成外科・歯科 総院長
石井秀典(いしいひでのり)

経歴
2000年 帝京大学医学部 卒業/2000年
帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得
2022年 大塚美容形成外科 総院長就任
帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
資格・取得専門医
医学博士
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS認定)
アラガン社ファカルティ(ボトックス・ヒアルロン酸注入指導医)
所属学会・団体
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
国際形成外科学会会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
目もと・二重
シェアする
タイトルとURLをコピーしました