目頭切開は痛い?痛みの原因や対処法を紹介

目もと・二重

離れ目や目の小ささに悩んでいる人は少なくありません。

そのような悩みを改善できる施術が目頭切開です。

しかし目頭を切るため「痛そう」「怖い」といったイメージがあり、悩みを抱えたままにしてしまう人もいます。

そこで今回は、目頭切開の痛みについて解説します。

 

 

目頭切開とは

日本人を含むアジア人は、目頭に皮膚のひだが被さっている場合が多いです。それによって離れ目になったりや目が小さく見えたりする可能性もあります。

目頭にあるひだは蒙古襞(もうこひだ)と呼ばれており、日本人の約8割が蒙古襞を持っていると言われています。

この部分を切除する施術が目頭切開です。

ひだの下に隠れていた白目の部分と、赤い粘膜部分(涙丘)が現れ、欧米人のようなはっきりとした大きな目に近づきます。

また、二重整形の埋没法や切開法と組み合わせることでバランスが良くなり、より魅力的な目にできるのです。

 

 

目頭切開は痛い?

目頭切開では、麻酔の際に目頭部分に針を刺すため、当然痛みや刺激は発生します。

しかし、麻酔を使用して痛みを無くしてから施術を行うため、施術中の痛みはほとんどないと言われています。

痛みを感じるのは麻酔を行う時と、手術中に麻酔が切れてきたときです。

また、目を酷使することにより術後に痛みが発生するケースもあります。

そのため、激しい運動や読書、長時間の運転など目が疲れるような行動は控えた方が良いでしょう。

次の項目では、どのようなタイミングや原因で痛みが発生するのか紹介します。

 

 

痛みを感じるタイミング

ここではいつ痛みが起きやすいのかについて説明していきます。

原因についても合わせて解説しているので、どうすれば痛みを軽減できるか一緒に考えていきましょう。

 

麻酔針を刺すとき

麻酔の注射を行う際に痛みがあります。施術中は麻酔が効いているので実質、施術の際一番痛みを感じやすいのはこのタイミングです。

痛みの度合いは、体質や医師の注入挿入技術にもよりますが基本的には麻酔針の太さに比例する傾向にあります。

そのため、痛みが不安だという場合はそのクリニックがどのような麻酔針を使用しているか確認してみましょう。

 

麻酔を注入するとき

麻酔薬が体内に注入されるときにもジンジンとした痛みを感じます。

この痛みは注入の勢いと関係があり、急激にいれるほど痛みが強くなるようです。基本的に少量ずつ丁寧な注入を行えば、そこまで気になる痛みにはなりません。

しかし、一人の患者さんに費やす時間よりも効率を優先して施術の時間を短縮させるために、一気に注入してしまうようなクリニックもあるため注意が必要です。

 

まぶたを切開するとき

麻酔がきちんと作用していれば切開時の痛みはありません。

目元の手術なので恐怖感はあると思いますが、痛みに関しては麻酔注射の時だけです。

 

施術後

施術後は腫れや内出血が起きるため麻酔が切れると少しの痛みが出ることもあります。処方された痛み止めと抗生剤をしっかり飲んで対処しましょう。

また、それ以外でも傷口から細菌が入ってしまった場合、目を使いすぎて負担をかけた場合などに痛みがでることがあります。

とくに細菌による感染を起こしている場合は早急な対応が必要となるので、痛みが強かったり、長引いたりするときは我慢せずに医師へ相談して下さい。

 

 

目頭切開を受けるなら痛みに配慮しているクリニックへ

残念ながら痛みに対して配慮をしていないクリニックもあります。

そのためと患者さんが抱える痛みに対して丁寧に配慮してくれるクリニックを選び、治療に望まれることがおすすめです。

大塚美容形成外科では、現在市販されている中で最も細い34G(直径0.2mm)の針を用意しています。医療設備が十分に整っているクリニックなのでぜひお気軽にご来院下さい。

 

監修医情報
大塚美容形成外科・歯科 総院長 石井秀典

大塚美容形成外科・歯科 総院長
石井秀典(いしいひでのり)

経歴
2000年 帝京大学医学部 卒業/2000年
帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得
2022年 大塚美容形成外科 総院長就任
帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
資格・取得専門医
医学博士
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAPS認定)
アラガン社ファカルティ(ボトックス・ヒアルロン酸注入指導医)
所属学会・団体
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
国際形成外科学会会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
目もと・二重
シェアする
タイトルとURLをコピーしました