目頭切開で一重の悩みを解決?気になる疑問を解消!

目と目が離れていることに対してコンプレックスを感じ、目頭切開を検討している方も少なくありません。
この時「同時に一重を改善したい」という声も増えています。

そこで今回は、目頭切開で一重の悩みを解決できるのかについて詳しく解説していきます。

目頭切開の手術方法は複数

目頭切開の切り方にはいくつかの種類があります。

なかでも多いのが「Z形成」と「W形成(内田法)」です。

「Z形成」は皮膚を切除することがない点が特徴です。皮膚の切開範囲が短く傷跡が目立たないと言われています。

「W形成(内田法)」は、切開と同時に皮膚を切除する点や目頭切開の効果が高い点が特徴です。術後に手術の傷が見えてしまうことがデメリットとも言えますが、皮膚が薄い部分なので綺麗に治ります。

大塚美容形成外科では、「W形成(内田法)」で治療を行っています。

 

目頭切開で一重は改善できるの?

目頭切開は、蒙古襞を切開して目の横幅を広げる治療になります。この蒙古襞がなくなることで、外国人のような目頭になり、平行型の二重ラインになるのです。

そのため、目のイメージが変わり大きい目を手に入れられる場合がほとんどです。

 

目頭切開と組み合わせると良い治療

目頭切開で一重の改善が可能と伝えてきました。とは言え「もっと二重幅を広くしたい」などといった要望に応えることは難しいと言えます。

しかし、埋没法や切開法と合わせての治療を行うことで希望する二重のデザインが選択できます。要するに選択肢が広がり、より綺麗な二重幅が作れるということです。

 

まとめ

今回は目頭切開で一重が改善できるのかについて解説していきました。いかがでしたでしょうか?

目頭切開に問わず、美容整形カウンセリングの時間が非常に重要です。クリニックによっては医師のカウンセリングがなく、また短時間でしか話す時間がないこともあります。

しかし、そういったケースの場合「思っていた仕上がりと違う」「ここまで腫れてしまうなんて知らなかった」といったようなことが起こる可能性も高まります。

こういったことを避けるためにも、医師とカウンセリングができそして、十分な時間をとってくれるクリニックを選択すると良いでしょう。

大塚美容形成外科では、無料のカウンセリングを行っています。目頭切開の治療で悩んでいる方はお気軽にご来院下さい。

記事監修医師紹介

大塚美容形成外科 総院長
大塚院院長
大塚院金沢院京都院銀座院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ 大塚美容外科 石井 秀典医学博士 インスタグラム
略歴
2000年 帝京大学医学部 卒業
2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容外科・形成外科歴 23年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士