目尻切開を受けても変わらないことってあるの?

Pocket

目尻切開は、たれ目に見せたいという方や目の横幅を広げたい、大きくしたいといった方に適している美容整形と言われています。

しかし、インターネットやSNS上には「目尻切開を受けても変わらない」などといったネガティブな声も挙がっているのが事実です。

そこで今回はそういったことについて詳しく解説していきます。

 

目尻切開後に見た目が変わらない原因とは?

目尻切開を受けても変わらないケースは稀にあります。

また、もともと目尻切開で変化が見られない可能性のある場合は、他の治療と併用して受けることでしっかりと変化を感じられるケースが多いです。

 

変化させるために医師選びを慎重にしましょう

今回は「目尻切開の治療を行っても変わらない」といった疑問について解説していきました。

しっかりと変化させるためには、医師やクリニック選びを慎重に行うことが非常に重要です。

未熟な医師が治療を担当してしまうことにより「適した治療を提案できない」「カウンセリングをした状態の目元と違う形になる」といった状況が起きかねません。

そういったことを避けるためにも、医師の勤続年数や経験をしっかりと確認しましょう。

 

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院銀座院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ 大塚美容外科 石井 秀典医学博士 インスタグラム
略歴
2000年 帝京大学医学部 卒業
2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 22年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士