大塚での埋没法は3種!理想の二重を叶えるための予備知識

Pocket

shutterstock_245286262

目は第一印象を決める最も大事なパーツ。そのため二重を含めた目元の整形の相談に来る方はとても多いです。

二重の形成術には埋没法と切開法があります。その中でも埋没法は、メスを使わず短時間で施術が済み、腫れも比較的すぐ引きます。大塚美容形成外科では3つの埋没法がありますが、どの方法が自分に合ったものなのか、仕上がりはどう違うのか疑問に思う方も多くいらっしゃるでしょう。その違いを専門医に聞きました。


Q.同じまぶたの状態で同じ幅の二重を希望した場合、どの施術でも仕上がりは同じでしょうか?

見た目の仕上がりはどれも同じです。ただ、施術法によって固定力の強さが異なります。つまり、施術法の違いは持続性の違いということです。

大塚美容形成外科の3つの埋没法の中でもフォーエバー ブリリアント埋没法(FB法)は固定力が強いので、半永久的な二重を期待できます。


Q.埋没法は、大きく分けて瞼板法と挙筋法の2種類があると聞きました。これらの違いを教えてください。

 

埋没法には糸を固定する場所によって、瞼板法と挙筋法に分けられます。瞼板法の方が取れにくいため一般的です。
瞼板とは「瞼の軟骨」のことを指します。瞼板法は二重の線を軟骨に固定しているため、固定力が強く安定している点が特徴です。
一方、挙筋法は二重の線を拳筋に固定しますが、瞼板法と比べ固定力が弱いです。さらに挙筋法は眼瞼下垂になりやすいという報告もあります。
大塚美容形成外科の3つの埋没法は、持続性を重視しすべて瞼板法で行っています。

 

type01_case02_on

 


Q.医師の技量以外で、埋没法の仕上がりを左右する要素を教えてください。

二重ラインのデザインです。何回もシミュレーションしてその人にあったラインを見つけ出します。
デザインの中で最も重要な要素は二重の幅です。基本的には患者様の希望を優先しますが、二重の幅と目の開きには深い関係があります。
例えば、あまり二重の幅を広くし過ぎてしまうと目を開けにくくなってしまうことがあります。逆に、目の開きをよくするには二重の幅を狭めます。両者の関係性を意識しながら目がパッチリと開き、かつ希望の幅に近づけられるラインを作ることが大切です。

 

forever_ex_img04(元の顔立ちが立体的で綺麗だったため、顔に似合うようぱっちりと大きな平行型の二重にしました)

 


Q.どうしたら自然な仕上がりにすることができますか?


二重の幅を狭くすると自然な仕上がりになります。しかし、狭すぎると奥二重になってしまうので変化も少なくなります。

二重のラインの種類には末広型と平行型があります。末広型は目頭から目尻にかけて二重の幅が広がっている形です。一方、平行型は二重のラインが目頭から離れ、まぶたと平行な形を言います。また、留める点数を多くすると仕上がりはより自然になりますが、腫れる期間は長くなってしまいます。


Q.一番ぱっちりと大きい目になる埋没法を教えてください。

 

平行型の二重かつ、目が開きやすい幅で作るとぱっちりと目ヂカラのある二重にすることができます。平行型の二重幅と眼の開きのバランスは、医師が一人ひとりに合わせて慎重にシミュレーションします。
ぱっちりとしながらも自然な二重を希望する際は、末広型と平行型の中間の幅をおすすめします。最近では、末広型と平行型の中間の二重幅を持つ芸能人も多くなりました。

 

forever_ex_img01(末広型と平行型の中間だと目がぱっちり見えます)

 


 

医師と相談しながらあなたの理想の二重を見つけましょう

埋没法は各クリニックによって多くの方法があり、値段も様々で迷ってしまいます。しかしこれらの差は持続性の差ということがわかりました。二重にするならぱっちりと大きな二重にしたいと思いがちですが、一人ひとりの顔やまぶたの状態によって、最も似合う二重幅は異なります。また、無理に幅を取ってしまうと、すぐに取れる可能性が高くなります。
自分の希望とまぶたの状態をよく知るためにも、一度カウンセリングで医師に相談してみてはいかがでしょうか?