目の下のクマが気になる!青・黒・茶…治療法は違うの?

Pocket

imasia_17927757_S

なんとなく疲れているように見えたり、必要以上に老け顔になったりしてしまう原因、そのひとつに目の下のクマがあります。

ところが、医学的見地から説明するとクマという医学用語は存在しません。年齢その他の原因によって現れる目の下の状態を総称してクマという俗称で呼んでいるのです。

メイクではどうにか隠せても、セルフケアではなかなか改善することのできないクマ。ここではその解決策について医学的な立場から説明しましょう。

あなたのクマは何クマですか?

imasia_18627060_S

ひと口にクマといっても、その種類は3つに大別され、原因もさまざまです。そのため対処方法もそれぞれ異なります。それでは、美容外科で改善することのできるクマをタイプ別に分けて解説します。

青クマ

下瞼が青黒くなり、いつも疲れたような感じに見えているのであれば、それは青クマであると考えられます。原因は目の下の血行不良です。これは寝不足が原因となって起こることもありますが、長時間に渡るパソコンやスマホの使用ストレス身体の冷えなどが原因となって起こることもあります。

茶クマ

クマの部分を引っ張ってみて、クマが移動するようであれば茶クマです。この原因は色素沈着によるもの。色素沈着が起こる原因には紫外線による刺激や目の周囲をこすり続けたことなどが挙げられます。

他にも、アイメイクのクレンジングが不十分だとその色素が肌に残ってしまい、茶クマとなってしまうこともあります。

黒クマ

仰向けに寝転んでクマが消えたら黒クマです。黒クマは加齢による下まぶたの皮膚の下垂が原因で現れます。理由として、目の周囲の筋力の低下や、真皮に存在する潤いやハリを保つ成分(ヒアルロン酸やコラーゲン)の不足が挙げられます。

あなたのクマ別、美容外科での治療法

shutterstock_265243715

あなたのクマは何クマかわかりましたか?それでは次に、それぞれのクマの対処方法について説明します。

青クマ

青クマは目の下の血行を促すことが重要です。そのため、マッサージや入浴などで血行をよくすると改善されるでしょう。

目の周りをマッサージする際は、必ずマッサージクリームやマッサージオイルを使用して肌に負担をかけないように行いましょう。何もつけないままだと指の滑りが悪くなり、肌をこすってしまい色素沈着の原因となる場合があります。

他には、蒸しタオルを目元にあてるのも効果的です。

茶クマ

茶クマはQスイッチ付きルビーレーザーレチノイン酸ハイドロキノンで治療をします。

Qスイッチ付きルビーレーザーは、メラニン色素が原因のしみやあざに効果を発揮するレーザー治療法です。レチノイン酸はビタミンAの誘導体で、肌のターンーバーを促すことで茶クマを薄くします。ハイドロキノンはメラニンの発生を抑制することで茶クマを改善しますが、これは刺激の強い成分なので使用には注意が必要です。

自身の茶クマにはどの治療法が適しているのかは、医師に相談しましょう。

黒クマ

加齢によるものが大きな原因となっていますので、ハムラー法ヒアルロン酸の注入自己脂肪注入による治療が適切でしょう。

ハムラー法とは、下まぶたのまつ毛のすぐ近くの皮膚を切開し、くぼんだ部分に脂肪を移動させる方法です(皮膚の切開をしない方法もあります)。加えてヒアルロン酸や自己脂肪を注入することにより、目のくぼんだ部分に若々しいハリを与えることができます。

ハムラー法での治療では2~7日程度のダウンタイムと、約1週間後に抜糸のための通院が必要です。効果の持続期間は約10年で長いと言えるでしょう。

一方、ヒアルロン酸のみの治療は手軽でダウンタイムを必要としません。しかし持続期間は1年程度と、ハムラー法に比べて短くなります。

クマを見極めて最適な治療法を

クマにはさまざまな種類があり、それぞれ治療法が異なるということがわかりました。

青クマや茶クマの場合では、年齢を問わず生活スタイルに影響を受けていることがあります。ところが黒クマだと原因は加齢であるため、専門医による適切な治療が行われない限り、セルフケアで改善することは難しいでしょう。

あなたがクマでお悩みなのであれば、一人で悩んでしまわずに美容整形外科の門を叩いてみてはいかがでしょうか。

▼目の下のクマの施術―大塚美容形成外科
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/skin/circles/

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士