二重切開後、いつからマツエクつけられる?

Pocket

魅力的な目元にするため、二重切開法とマツエクのどちらも検討する方は少なくありません。

その場合「マツエクをつけたまま切開法を受けられるのか」「切開法を受けた後はいつからマツエクをつけられるのか」といった点が気になるところです。

そこで今回は、切開法とマツエクについて解説していきます。

二重切開法もマツエクもどちらも検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

マツエク後に切開法は受けられる?

「切開法後しばらくマツエクできないならば、先に付けておけばいいのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、切開法を受ける前にマツエクをつけることはおすすめできません。

仕上がりに影響が出ることもある上、稀に傷口が接着剤でかぶれてしまったり、炎症が起きてしまったりすることもあります。

そのため、マツエクをしていない状態で埋没法を受けた方が衛生的で安全だと言えるでしょう。

また、手術の過程でマツエクが数本取れてしまうこともあります。

せっかくつけたマツエクが取れてしまうのはもったいないので、手術の前につけるのは控えた方が良いでしょう。

 

 

切開法後はいつからマツエクをつけられる?

基本的に切開法を受けた後は「腫れ」や「内出血」が起こります。

大きな腫れは2週間程度で落ち着くことが多いですが、その後も少し腫れは見られます。徐々に回復し早い方だと1ヶ月ほど、遅い方だと半年程度で完成するのが一般的なケースです。

腫れている間はまぶたの皮膚が敏感になっており、接着剤が原因で炎症を引き起こしてしまう恐れがあります。

そのため、切開法を受けてからマツエクをつける場合、最低でも1ヶ月程度は空けた方が良いでしょう。

 

 

術後のマツエクでまぶたが炎症を起こした場合

マツエク後、まぶたが炎症やかぶれを起こしてしまった場合、速やかに店舗に連絡し外してもらいましょう。専用のリムーバーで免許を持ったアイリストに外してもらう必要があります。決して自分でまつ毛を引っ張ったり、こすったりして外すそうとしないでください。まぶたに負担がかかり、余計に悪化してしまう可能性があります。

マツエクを外しても炎症やかぶれがおさまらない場合は、切開法を受けたクリニックに相談してみましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

魅力的な二重とまつ毛を手に入れるためには、いくつかの注意が必要です。

今回の情報を参考に、ぜひ満足のいく目元を手に入れてください。

また、万が一トラブルが起きた場合に備えて、保証やアフターフォローの手厚いクリニックを選ぶことも大切です。

記事監修医師紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院銀座院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ 大塚美容外科 石井 秀典医学博士 インスタグラム
略歴
2000年 帝京大学医学部 卒業
2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
2006年 大塚美容形成外科 入局
2006年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 22年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士