横浜院院長Dr.井田のブログ

超高機能 炭酸ガスレーザー

元はと言うと、主として脳腫瘍除去を目的に開発されたこのレーザー。

大事な脳という組織の中で患部のみを除去し、正常部位は傷つけないのが特徴です。

しかし、あくまでもそれはレーザーが患部にしか当たっていない、というのが大前提条件となります。

札幌院導入の炭酸ガスレーザーは、レーザーの当たる部位を、形、大きさ、出力、3つの要素で完全制御が可能です

image

image

image

3種類の形、0.6mmから7mmまで変えられる直径、出力を上下することで一回に削る量を変える。

このことによって、正常部位への損傷を最小限に迎えることが可能になります。

適応疾患としては、ほくろ、脂漏性角化症、イボ、ニキビ、ニキビ跡、など。

image

普段は、上記画面のセッション、エステティックサージェリー、美容外科モードで用いていますが、内視鏡、その他にも使用可能な頼れる一台です。

imageimage

 

患部をしっかり捉えて離さない、そんな感じ。

ほくろ一つでも、除去法にこだわり、より綺麗に再発させないように。

おかげさまで、ほくろを除去しない日は無い位、このレーザーには働いてもらっています。

1cm以下のほくろには、このレーザーによる治療法が一番。

自信を持ってお勧めできる施術です。

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.