しみ・あざ・肝斑の施術について

しみ・あざ・肝斑の施術について

しみ・あざ・肝斑のそれぞれの原因に合わせた治療を。

しみ・あざ・肝斑の原因を知ることが大切です

しみ・あざの治療法

しみ・あざの治療法

しみやあざは、発生した場所や形状によって原因が異なり、その原因にあわせた治療法や対策が必要になります。
たとえばしみの場合、レーザー治療が御法度なものもありますし、逆にレーザー治療が最適な治療法のものもあります。

しみやあざに対して間違った治療法を行うと、しみを取るどころか悪化させてしまう可能性もあるので、まずは取りたいしみやあざの種類を確認し、お肌の状況などをきちんと診断して原因を調べることをおすすめします。

しみの原因

しみの原因

たとえば、しみができる原因として一番多いのは紫外線です。紫外線の影響でメラニン色素の生成が活発になりしみができます。
通常、メラニンは紫外線から肌を保護する役目を担っており、ターンオーバーにより体外に排出されます。ですが、加齢により肌のターンオーバーの期間が長くなってしまったり、加齢以外でも、ホルモン異常、妊娠出産時の女性ホルモンの増加、皮膚の摩擦や生活習慣の乱れが原因でメラニンは肌の表面に沈着し、しみとなります。

「しみができてなかなか取れない」という状態は、つまり肌のターンオーバーが衰えているサインです。原因は紫外線や加齢に限らず、様々な外的要因も関連していることが多いといえるでしょう。

あざの原因

あざの原因

あざについても原因は複数あります。たとえばメラニンの異常繁殖の場合は、先天性、もしくは幼少期に発症することが多いです。

当院では、肌の状況を診断することはもちろん、生活習慣なども含めてカウンセリングを行うことで適切な治療法をご提案しています。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
施術後の肌管理までしっかりと行うことが大切です。

しみやあざに対する治療で大切なことは、レーザーを照射するだけではなく、その後の肌管理まですることだと考えております。しみが出来るということは皮膚の加齢性変化であり、同時に皮膚の保湿力やハリも失われている可能性が高いです。しみを薄くしたり取るための治療と同時に、肌全体のトーンを明るくしていくことが美肌へとつながります。

しみ・あざ・肝斑の種類

老人性色素斑 老人性色素斑

日光性色素斑とも呼ばれます。30代くらいから発生するしみで、最もよく見られます。日光から紫外線を浴び続けることでメラノサイトが活性化し、体内のメラニン生成が増加します。結果としてメラニン色素が沈着してできるしみです。

このしみは加齢とともに発生します。顔だけではなく、四肢や体幹部にも発生します。この種類のしみを薄くしたり取るための治療には、Qスイッチ付きルビー付きレーザートレチノイン治療などが適しています。

脂漏性角化症 脂漏性角化症

表皮が厚くなった、少し盛り上がりのある茶色のいぼです。毛の生え際から顔の中心に向かって増えていき、中年以降の男性にも発生します。紫外線による皮膚の老化によって起こる表皮の角質の増殖が原因といわれます。

なお、脂漏性角化症とあわせて別の種類のしみも伴っていることがあります。この種類のしみを薄くしたり取るための治療にはCO2レーザーなどが適しています。

雀卵斑(そばかす) 雀卵斑(そばかす)

そばかすができやすい人が紫外線を浴びることで、しみ部分の色が濃くなり目立つようになります。比較的浅いしみの事が多く、色白の人に多いといわれています。

この種類のしみを薄くしたり取るための治療にはQスイッチ付きルビーレーザートレチノイン治療が適しています。

炎症後色素沈着(ニキビ跡・傷跡) 炎症後色素沈着(ニキビ跡・傷跡)

火傷や虫さされ、ニキビ、かぶれ、怪我などの炎症の跡が原因でできる色素沈着です。

自然に治癒するしみもありますが、ずっと皮膚に沈着するものもあります。この種類のしみを薄くしたり取るための治療には複数の施術を行うこともありますのでまずはご相談ください。

肝斑(かんぱん) 肝斑(かんぱん)

両頬にほぼ左右対象にできる薄い茶褐色のしみです。30代頃から発症し女性に多く見られます。しみの境界線ははっきりしていません。原因としては紫外線や妊娠、出産などのホルモンバランスの乱れが挙げられますが、マッサージなど慢性的な刺激を与えることで発症するともいわれています。

なお、頬にできるしみが肝臓の形に似ていることから「肝斑(かんぱん)」と呼ばれています。肝斑(かんぱん)の場合は刺激により色素沈着を起こすため、レーザー治療は向いていません。

太田母斑 太田母斑

太田母斑は生まれつき顔にできるあざで、青から黒色に見えます。この種類のあざを薄くしたり取るための治療にはQスイッチ付きルビーレーザーによる治療が主です。

しみ・あざ・肝斑の施術一覧

  • トレチノイン治療(ハイドロキノン含む)
    tretinoin トレチノイン治療(ハイドロキノン含む)

    皮膚の再生を通常の2倍以上のスピードに速めて古い角質を追い出すと同時に、美白作用でしみを薄くする治療です。


  • Qスイッチルビーレーザー
    ruby laser Qスイッチルビーレーザー

    「Qスイッチモード」が付いていることでメラニンだけに働きかけるため、ほかの肌にも負担がかからない治療です。


  • Vビームレーザー
    Vbeam laser Vビームレーザー

    ヘモグロビンに吸収されるレーザーで、赤いにきびや赤くなってしまったにきび跡、赤あざの治療に適しています。


大塚美容が支持される理由

  • 小さな手術で大きな効果を

    創立以来の当院の基本理念です。患者様の心身のご負担を少しでも取り除くことができる手術の提案をし、また、患者様のご希望をきちんと理解することで、効果を導き出しています。

  • 経験に基づく技術

    1976年の大塚院開院以来の歴史で国内外の多くの学会発表の経験があり、その研究成果や実績を活かした施術を行っています。
    ※42年間経営 6院にて729,000件の手術経験

  • 確立された技術力

    日本形成外科学会や大学病院で経験を積んだ形成外科医・美容外科医が在籍し、日々技術力の向上に努めています。また更なるスキルアップのため医師同士の意見交換会も実施しています。

  • 丁寧なカウンセリング

    手術方法だけではなく、メリット・デメリットについても説明します。手術前の不安を取り除いてください。また手術後は、メール相談や24時間対応の緊急連絡先にいつでもご相談可能です。

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP