内服薬(ニキビ)

内服薬(ニキビ)

内服薬で、ニキビのできにくい美しい肌に。

内服薬(ニキビ)について

ニキビの内服薬とは

ニキビの内服薬とは

当院ではニキビの内服薬として数種類の薬を用意しております。ニキビの原因となる皮脂の分泌は、男性ホルモン(アンドロゲン)によって多くなります。内服薬は抗アンドロゲン剤と皮脂の強力な縮小作用を有するイソトレチノインなどを使用します。

まずはカウンセリングの上で症状に応じた薬を処方しております。
ニキビの内服薬の中でも、よく処方されるのがアルダクトンとロアキュタンです。

アルダクトン

アルダクトン

アルダクトンは男性ホルモンであるアンドロゲン受容体拮抗薬として使用するため、抗アンドロゲン剤と呼ばれます。

ニキビが重症化して治りにくくなっている時は、男性ホルモンの作用による過剰な皮脂分泌が原因となって皮脂が毛穴に詰まり、重症化している可能性があります。
アルダクトンは男性ホルモンの働きを抑制し、ニキビの重症化を抑えてくれる働きがあります。

女性で生理前にニキビが出来てしまう方、顎周り・頬周辺にニキビが出来やすい方に向いています。

ロアキュタン

ロアキュタン

ロアキュタンはイソトレチノインとも呼ばれ、レチノイン酸というビタミンA誘導体を含むニキビの治療薬です。

ロアキュタンは20年以上もの間、欧米などでニキビの治療薬として幅広く処方されています。日本では現在のところ個人輸入は許可されていませんが、医師が診察した上で処方することができます。

ニキビは「古くなった角質が毛穴をふさいで皮脂が溜まり、アクネ菌がついて炎症を起こす」のが原因ですが、ロアキュタンに含まれるレチノイン酸にはターンオーバーを早め、皮脂をコントロールする作用があるので、ニキビ治療に効果があります。

欧米では「ニキビ治療の切り札」ともいわれており、個人差はありますが、治療期間は16~24週間ほど。早い方で4~12週間から効果が出始めます。「今までどんなニキビ治療を試しても効果がなかった」「重度のニキビで悩んでいる」方はまずはご相談ください。

またロアキュタン以外には、ビタミンB6によって皮脂の分泌を抑制するピドキサール、ハイボンや、アクネ菌を抑制するミノマイシンなどの治療薬もあります。ニキビや肌の症状を見た上で内服薬を処方いたします。

内服薬(ニキビ)

Pick up症例
  • 内服薬(ニキビ) 施術前施術前
  • 内服薬(ニキビ) 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
治療名
ニキビ内服治療

治療薬
ロアキュタン

費用
ロアキュタン
2週間分…¥14,000

リスク
催奇形性、うつ症状がある方の場合に症状の悪化

副作用
1.皮膚(特に口周り)の乾燥
2.中性脂肪の上昇
3.結膜炎、眼瞼炎、霰粒腫、麦粒腫

リスクに対する予防
催奇形性があるので治療期間中は避妊する必要があります。うつ症状に対して神経内科から内服治療を受けている方は薬の相互作用があることを説明しています。症状が強い場合にはロアキュタンの処方が出来ないこともあります。

副作用に対する予防
治療期間中は顔面の皮膚が乾燥するので保湿剤を同時に使用していただきます。当院では肌にやさしい保湿剤をご用意しています。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
10代のモニターさんの服用前後の比較です。皮膚科での治療経験はありましたが改善しないということでご来院されました。
赤いニキビの状態(炎症期)を放っておくとデコボコのニキビ跡になってしまう可能性が高くなります。ロアキュタンを2か月服用していただきました。炎症期だったニキビが大幅に改善したのがわかります。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
一人ひとりの症状にあった内服薬や治療で、悪化したニキビを治療します。

当院でのニキビ治療は、コントロール出来ずに悪化してしまった重症のニキビや、次から次へニキビが発生して悩まれている方を対象とした内服薬による治療法をご提供しております。

ニキビの原因となる皮脂腺の活動を強力に抑制し、炎症を沈静化させることで、重症のニキビから短期間で離脱することを目的としています。2~8ヶ月程度の内服を行えば、再発を高率に防ぐ事も見込めます。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    重度のニキビで悩んでいる
  • Case 2
    今までさまざまなにきび治療を行ったが、効果がなかった
  • Case 3
    確実にニキビを治したい

施術の留意点

持続性 1クール(16~24週間ほど)は飲み続ける必要があります
メイク 当日から可能

施術料金

施術名 数量 定価(税抜)
アルダクトン 2週間分 ¥16,800
ロアキュタン 2週間分 ¥14,000

よくあるご質問

服用をやめたらニキビが再発しませんか?
一般的にアルダクトンもロアキュタンも、ニキビの再発率は非常に低いと言われています。ただし誤った保湿ケアを行ったり、不規則な生活習慣により、再発を来たす可能性はあります。
どうして日本では認可されていないのでしょうか?
アルダクトンもロアキュタンも、どちらの薬も副作用のリスクがあるため日本では認可されていません。ですが当院では医師の指導の元で服用しますので、副作用のリスクを最小限に抑えてニキビ治療を行って頂けます。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP