美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

大塚美容形成外科・歯科 麻酔について

麻酔について

当院で使用する麻酔について

当院には麻酔科専門医が常駐しており、ご希望の麻酔をお選び頂けます。

大塚美容で使用する麻酔

痛みの少ない施術で美しく

二重埋没法 麻酔についてとは

美容整形を希望される方の中には、施術の痛みに不安を感じる方も多くいらっしゃることと思います。
当院では患者様ができるだけ痛みを感じずリラックスした状態で施術を受けていただけるように、麻酔科専門医が常駐し、麻酔についてきめ細かな配慮をしております。

麻酔科専門医がいるから、できること

二重埋没法 麻酔についてとは

麻酔について理解し安心して頂くためにも、常駐している麻酔科専門医と相談しながら手術内容や体質・体力などに合わせて、患者様自身でご希望の麻酔を選ぶことができます。また、手術中も執刀する医師に加えて麻酔科専門医による管理のもとで手術を行います。

全身麻酔可能な入院設備を完備

全身麻酔可能な入院設備を完備

全身麻酔は麻酔科専門医による徹底した管理ができ、入院設備を備えたクリニックでなければ行うことはできません。
大塚美容形成外科・歯科(大塚本院)では入院設備を保有しているため、丁寧な術後管理が可能です。

麻酔の種類

麻酔クリーム・麻酔テープ

麻酔クリーム・麻酔テープ

麻酔クリームは塗布した部分の痛みを感じにくくするもので、注射やレーザー照射、局所麻酔の前に塗ります。また、麻酔テープは注射等をする部位にしばらく貼ることで、表面に麻酔の効果があります。

点眼麻酔

点眼麻酔

点眼麻酔は、点眼剤(目薬)による眼球の表面への麻酔のことで、1滴~4滴を点眼します。
主に瞼の裏側の痛みを緩和するために使用します。

局所麻酔

局所麻酔

局所麻酔は、美容外科手術において最も多く用いられている麻酔です。小さな範囲もしくは対象部分を手術する際に行い、注射した箇所の周辺のみ痛みを感じなくなります。麻酔中の意識ははっきりしているため、手術中に仕上がりを確認することができます。

局所麻酔では体の安全のために一回で使用できる薬の量に制限があります。よって、制限された量よりも広い範囲の麻酔が必要な場合には、静脈麻酔や全身麻酔と併用することになります

局所麻酔のプロセス

麻酔液を注射することによって、手術する部分の痛みを無くします。当院では極細の麻酔専用注射針を使用していますので、麻酔時の痛みも軽減されます。

リラックス麻酔(静脈内鎮静法)

リラックス麻酔を注入すると10分ほど寝ている感覚となり、治療や局所麻酔自体への恐怖心や緊張感が薄らぎます。リラックス麻酔が効いているうちに局所麻酔を注射します。
身体に負担をかけずに施術が受けられるため、痛みを感じやすい患者様におすすめの麻酔方法です。
※笑気麻酔とは異なります。

静脈麻酔

静脈麻酔

手術に対する緊張感や恐怖感がある場合に行う麻酔です。手術中は軽く眠っている状態になり、痛みは感じません。

静脈麻酔は手術が始まってから終わるまでの間、眠っている状態となる麻酔です。血液検査や手術前日と当日の食事制限が必要となります。

静脈麻酔のプロセス

痛みを取り除く鎮痛剤と眠くなる鎮静剤を点滴で静脈に注入し、全身がリラックスしているような状態にします。術後はすぐに目が覚めますので、ご自身で仕上がりなどを確認することができます。

全身麻酔

全身麻酔

広範囲におよぶ手術や眠っている間に手術を終えたい場合に用いる麻酔です。完全に眠っている状態になるため、痛みを感じることはありません。

当院では執刀する医師に加えて、麻酔科専門医が術中の麻酔の状態を細かく管理します。

全身麻酔のプロセス

麻酔作用のあるガスを吸入することにより、完全に眠っている状態にします。術後は身体への負担を軽減するために、少なくとも一泊の入院をしていただく必要があります。当院(大塚本院)では入院設備を保有しているため、丁寧な術後管理が可能です。

当院のこだわり

厚生労働省から正式に認められた入院設備を保有しています

全身麻酔は麻酔科専門医による徹底した管理ができ、入院設備を備えたクリニックでなければ行うことはできません。一般的な美容クリニックはビル内にテナントとして入っている場合が多く、通常このようなクリニック形態では入院設備は認められておりません。

当院(大塚本院)では入院設備を保有しているため、丁寧な術後管理が可能です。

入院設備についてはこちら

麻酔科専門医による管理のもとで行います

麻酔にはさまざまな方法がありますが、その中には麻酔科専門医だけが使うことのできる薬や麻酔方法があります。当院では執刀する医師に加えて、麻酔科専門医が管理し手術を行います。

大塚美容の麻酔科医のご紹介

麻酔科専門医とは

麻酔科専門医とは

麻酔科の資格には、標榜医(ひょうぼうい)・認定医・専門医、及び大学病院等で勤務する指導医があります。その中で麻酔科専門医は、手術中だけでなく、術前・術後も含めた麻酔の管理を行う上で、最も重要な資格です。

麻酔科専門医は術中麻酔管理の実務責任者として、麻酔に関する確かな知識と技術を備えており、さらに標榜医・認定医を育成できる資格を持っています。(日本麻酔科学会より)

麻酔についてよくある質問

麻酔をしても痛いことはありませんか?
静脈麻酔や全身麻酔では、手術中に痛みを感じることはありません。局所麻酔の場合、痛みを小さく抑えられます。なお、痛みを感じやすい場合には、局所麻酔と静脈麻酔とを併用することも出来ます。
麻酔をしたあとは、その日のうちに帰れますか?
局所麻酔や静脈麻酔の場合には、その日のうちにお帰り頂けます。全身麻酔の場合は、術後の身体への負担を軽減するため、少なくとも一泊の入院が必要です。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP