美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

乳房縮小(マンマリダクション)について

乳房縮小(マンマリダクション)</span>

乳房縮小(マンマリダクション)

大きすぎてバランスが悪いバストをバランス良くコンパクトに形成します。

乳房縮小(マンマリダクション)とは

大きすぎるバストをコンパクトに形成します

大きすぎるバストをコンパクトに形成します

身体に対して大きすぎるバストは、バストだけが悪目立ちをしてしまう上に、身体全体のバランスが悪く見えてしまい、似合う洋服も限られてしまいます。

また、大きすぎるバストはバストの下垂を招きやすく、バストそのものが縦長になってしまい、老けた印象に見えてしまうこともあります。
また、重たいバストを常に支えている状態のため、慢性的な肩こりや猫背・吐き気などに悩まされている方も多いようです。

乳房縮小は、こういった大きすぎるバストの余分な乳腺組織・脂肪組織・皮膚を除去して身体のバランスに合わせて小さく形成し、更に下垂を改善して若々しいバストへと導きます。

ただバストを小さくするだけでなく、乳輪や乳頭の位置も引き上げますので、バランスの良い若々しいバストに仕上がります。また、バストの大きさに左右差がある方の場合は、左右のバストの大きさを整えることも可能です。

乳房縮小(マンマリダクション)の施術プロセス

授乳のことを考えた施術

授乳のことを考えた施術

乳房縮小を受けたとしても、乳腺の一部を温存すれば施術後に授乳が可能です。施術後に出産を考えている方も安心してお受け頂けます。

ただし、乳腺の一部を温存する場合は、乳房の縮小サイズが限られてしまい、大幅なサイズダウンは望めません。どの程度縮小できるかは個人差がありますので、カウンセリングの際に担当医に御確認下さい。

逆に、今後出産による授乳の予定が無い方は、乳腺を切除することにより大幅にバストを縮小することができます。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
仕上がりの美しさにこだわった安全な施術を心がけています

乳房縮小は切開する範囲も大きく全身麻酔と入院管理が必要な手術です。当院では麻酔科専門医が常駐し、入院設備も完備しています。また、余分な組織の切除だけではなく残した組織を有効に利用してお椀型の乳房を作ります。傷が残る手術ではありますが、乳房が大き過ぎて悩まれている方にはお勧めの手術です。

施術のポイント

大塚美容の乳房縮小(マンマリダクション)のポイント

サイズやデザインへのこだわり サイズやデザインへのこだわり

当院では、手術はもちろんですが術前のカウンセリングも丁寧に行っております。サイズ感はもちろん、左右差等も確認した上で一人ひとりのご要望に対して医師がオーダーメイドで提案を行い、納得していただいた上で手術を行っています

全身麻酔と術後の万全な管理体制 全身麻酔と術後の万全な管理体制

全身麻酔は麻酔科専門医による徹底した管理と、入院設備までを含めた術後管理ができるクリニックでなければ行うことはできません。当院では全身麻酔によって手術への不安や痛みを最大限に軽減しています。また熟練の医師とベテランの看護師、スタッフによって手術を行うため術後のケアやアフターフォローも万全です。

約40年間の美容形成外科の経験に基づく施術 約40年間の美容形成外科の経験に基づく施術

一人ひとりの体型等によって術法も変更しています。豊胸術、脂肪吸引術共に解剖学の知識や形成外科的な高い技術力が求められるため、経験が豊富な医師による施術をお勧めします。

当院では、全身麻酔による手術を行っております

大塚美容形成外科の全身麻酔手術

全身麻酔は、麻酔科専門医による徹底した管理と、入院設備までを含めた術後管理ができるクリニックでなければ行うことはできません。全身麻酔によって眠っている間に痛みを感じることなく手術を終えることができます。

なお、クリニックによっては全身麻酔ではなく硬膜外麻酔という背骨に麻酔を注射する方法を行うところもあります。この方法は麻酔科専門医ではなく外科医が自ら麻酔を行うため、医師の経験が少ないと麻酔の効きが弱く痛みを感じたり、逆に効きすぎて呼吸が止まってしまうリスクもあります。さらに硬膜外麻酔の場合、意識はしっかりとあるため、手術の様子を認識することができ怖がられる方も多いようです。

また全身麻酔を行うクリニックでも、麻酔科専門医がおらず外科医が自ら麻酔を行うこともあります。麻酔を管理しながらの手術になるため、リスクは高まるでしょう。

当院では出来る限り安全な環境で痛みを軽減して手術を行えるように、麻酔科専門医による全身麻酔で手術を行っています。

乳房縮小(マンマリダクション)のプロセス

当院の乳房縮小の施術方法は2種類あり、担当医師が患者様を診察の上、最も良いと思われる施術方法をご提案させて頂きます。施術は全身麻酔で行いますので、痛みは全く感じません。

逆T字型

乳房挙上で行われるのと全く同じ方法で、乳房縮小でも最も一般的な施術方法です。バスト下部の傷跡が残りますが、時間の経過とともに徐々に目立たなくなります。

  • 乳房縮小(逆T字型)のプロセス1 切開範囲をマーキングします。
  • 乳房縮小(逆T字型)のプロセス2 デザインに沿って表皮を切除します。
  • 乳房縮小(逆T字型)のプロセス3 乳房下部の余分な脂肪と皮膚の一部を切除します。
  • 乳房縮小(逆T字型)のプロセス4 乳輪を切開上部に持ち上げながら皮膚を縫合します。
  • 乳房縮小(逆T字型)のプロセス5 乳房下部も縫合します。
トンネル法

逆T字法のような乳首からバスト下部にかけての切開線が無いため、傷跡が目立たない施術方法です。主にバストが縦方向に下垂している方に適応しています。

  • 乳房縮小(トンネル法)のプロセス1 切開範囲をマーキングします。
  • 乳房縮小(トンネル法)のプロセス2 デザインに沿って表皮や余分な脂肪組織などを切除・除去します。
  • 乳房縮小(トンネル法)のプロセス3 乳首を潜らせるように持ち上げて、バストをリフトアップさせます。
  • 乳房縮小(トンネル法)のプロセス4 リフトアップしたバストの形を整え、バランスを確認します。
  • 乳房縮小(トンネル法)のプロセス5 皮膚を縫合します。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    大きすぎるバストに悩んでいる
  • Case 2
    バストの左右差が大きい
  • Case 3
    バストを小さくして下垂も修正したい

施術の留意点

施術時間 約3時間
ダウンタイム 2~3日
腫れ・傷跡 (腫れ)7~10日 (傷跡)3カ月~半年
施術の痛み 全身麻酔のため痛みはありません。
入院・通院 入院は2~3日、その後10日後に抜糸
麻酔 全身麻酔または静脈麻酔
持続性 半永久的
シャワー・入浴 シャワーは4~5日後から、入浴は10日後から。

施術料金

施術名 定価(税抜)
乳房縮小 ¥1,500,000

よくあるご質問

授乳に影響が出ないようにしたいです。
当院の乳房縮小では、乳腺組織を損傷しないで乳腺を温存することも可能です。ただし乳腺組織を残す場合は、乳房の縮小サイズが限られてしまい、大幅なサイズダウンは望めません。
バストの大きさが元に戻ることはありませんか?
急激な体重の増加などがない限りは、バストの大きさが元に戻ることはありません。ですが、加齢と共にバストの下垂が見られることはあります。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP