美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

隆鼻注射(レディエッセ)による鼻の美容整形

隆鼻注射(レディエッセ)による鼻の美容整形

隆鼻注射(レディエッセ)

希望の鼻筋を長期間維持できる、メスを使わない隆鼻術。

隆鼻注射(レディエッセ)について

隆鼻注射(レディエッセ)とは

隆鼻注射(レディエッセ)とは

レディエッセによる隆鼻術は、ヒアルロン酸隆鼻術同様に、手術をせずに注射のみで鼻を高くする方法です。施術時間は10分程度。麻酔処置を行い、極細針で注射するだけの施術です。

メスを使う施術に抵抗がある方、長期間希望の鼻筋を維持したい方、ダウンタイムの少ない施術をお求めの方にお勧めの、薬剤を注入するだけの気軽に受けられる鼻のプチ整形術です。

レディエッセとは

レディエッセとは

レディエッセは、骨や歯を形成するハイドロキシアパタイトが主成分の輪郭形成注入療法です。とても柔らかい上に粘着性もあり、ヒアルロン酸のように横に広がる可能性もほぼありません。皮膚への馴染みが良く、1年半程度かけて、ゆっくりと体内に吸収されていくので持続期間が長いのが特徴です。

レディエッセ注入後はすぐに効果を実感いただけます。その後も柔らかい状態で皮膚に残るので、自然に鼻を高くすることができます。もともと体内にある成分ですのでアレルギーテストは必要ありません。

隆鼻注射(レディエッセ)の施術プロセス

レディエッセの特徴

自然な固さを長期間維持できます

レディエッセの主成分であるハイドロキシアパタイトは、ヒアルロン酸よりも馴染みやすく、鼻先などの細かい部分にもしっかり注入することが可能です。

FDA認可の素材でアレルギーはほぼありません

レディエッセの主成分であるハイドロキシアパタイトは、美容整形に使われる以前から、形成外科・整形外科・耳鼻咽喉科・歯科など中心とした様々な医療現場で使われており、FDA(アメリカ食品医薬品局)やヨーロッパCEでも承認されている素材です。生体適合性は100%、アレルギーテストも不要です。

ヒアルロン酸隆鼻術との比較

ヒアルロン酸注入法 レディエッセ注入法
安全性 高い 高い
施術時間 10分 10分
施術の痛み 麻酔クリームか局所麻酔を使用するので、ほとんど痛みはありません
術後の腫れ ほとんどありません
持続性 半年から1年 1年半~2年
特徴 ヒアルロン酸を分解除去する注射で、元の状態に戻すことも可能です 横にひろがることはなく、自然で立体感のある鼻が実現できます
料金 ¥80,000 ¥130,000

隆鼻注射(レディエッセ)、ナチュラル埋没法

Pick up症例
  • 施術前
  • 施術後(1ヶ月後)

  • 施術前
  • 施術後(1ヶ月後)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
レディエッセによる隆鼻術、二重術

術式
レディエッセ注入、埋没法

費用
隆鼻注射(レディエッセ)
1本・0.8cc…¥130,000

二重術(2点瞼板固定法)
2点
片目…¥50,400
両目…¥84,000
3点
片目…¥75,600
両目…¥126,000

リスク
レディエッセによる隆鼻術
感染症、皮下出血、皮膚壊死、失明

二重術(2点瞼板固定法)
二重の消失、縫合糸膿瘍等の感染症、埋没した糸の透見(皮膚から透けて見える)、目の異物感等

副作用
レディエッセによる隆鼻術
1.術後の腫脹
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
レディエッセ注入は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

二重術(2点瞼板固定法)
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.目の違和感
術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

レディエッセによる隆鼻術
リスクと副作用に対する予防
皮膚の浅い部分に注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

感染症に対して
レディエッセ注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。

皮下出血に対して
針を何回も刺入すると血管から出血する可能性があります。当院ではカニューレ針という鈍針を使用して血管を傷つけないようにして注入しています。

皮膚壊死に対して
レディエッセの注入は骨上の深さに注入しますが、誤って筋層内の深さに注入すると筋層内を通る血管内に入ってしまう可能性もあります。血管内に多くのレディエッセを注入すると皮膚壊死を招く恐れもあります。顔面の正確な解剖を理解していることと丁寧な注入手技が必要となります。

失明に対して
レディエッセの注入は骨上の深さに注入しますが、誤って鼻背動脈や眼角動脈に入ってしまうと、失明をきたす可能性もあります。顔面の正確な解剖を理解していることと丁寧な注入手技が必要となります。

二重術(2点瞼板固定法)
リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
今回のモニターさんは20代半ばです。鼻にレディエッセを1ml注入しています。元に戻すこともできるプチ整形ではありますが、患者さんから「ずっとこのままでいたい」と言われることを目標に施術に取り組んでいます。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
注射だけで鼻を高くします。

注入術による隆鼻術は、顔全体のバランスを考えて注入するため自然な輪郭を作ることができます。

レディエッセの特徴は吸収が遅いため長期間持続します。また、注入後に徐々に硬くなるため横に広がりにくいです。ヒアルロン酸だと触った感触も少し柔らかく感じると思いますが、レディエッセだと異物感を感じることはなく自然です。ただしレディエッセを溶解する注射はないため、失敗は許されません。患者さんの希望を良く聞き、施術中も何度も鏡で確認しながら注入を行っていきます。

隆鼻注射(レディエッセ)のプロセス

  • 隆鼻注射(レディエッセ)の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    納得いくまでしっかり相談してから、治療を受けていただくことが出来ます。カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 隆鼻注射(レディエッセ)の施術プロセス その2 クリーム状の麻酔を塗布します。
  • 隆鼻注射(レディエッセ)の施術プロセス その3 鼻に合わせレディエッセを注入する範囲と量を決定し、注入する範囲をマーキングしてデザインを行います。
  • 隆鼻注射(レディエッセ)の施術プロセス その4 全体のバランスを見ながら極細の注射針で鼻にレディエッセを注入していきます。施術時間は約10分です。
    注入はドクターが、鼻の高さや顔全体のバランスを見て行いますので、希望の鼻の形に仕上がります。注入している間も鏡で確認しながら行いますので、希望通りの高さを実現できます。
  • 隆鼻注射(レディエッセ)の施術プロセス その5 ご希望の鼻筋が完成。レディエッセ注入はダウンタイムもなく、すぐに仕上がりを確認していただけます。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    メスを使わない施術で、なるべく長期間持続させたい
  • Case 2
    メスを使う手術に抵抗がある
  • Case 3
    すぐに希望の鼻の形を手に入れたい

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
レディエッセによる隆鼻術

術式
レディエッセ注入

費用
隆鼻注射(レディエッセ)
1本・0.8cc…¥130,000

リスク
感染症、皮下出血、皮膚壊死、失明

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
レディエッセ注入は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
皮膚の浅い部分に注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

感染症に対して
レディエッセ注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。

皮下出血に対して
針を何回も刺入すると血管から出血する可能性があります。当院ではカニューレ針という鈍針を使用して血管を傷つけないようにして注入しています。

皮膚壊死に対して
レディエッセの注入は骨上の深さに注入しますが、誤って筋層内の深さに注入すると筋層内を通る血管内に入ってしまう可能性もあります。血管内に多くのレディエッセを注入すると皮膚壊死を招く恐れもあります。顔面の正確な解剖を理解していることと丁寧な注入手技が必要となります。

失明に対して
レディエッセの注入は骨上の深さに注入しますが、誤って鼻背動脈や眼角動脈に入ってしまうと、失明をきたす可能性もあります。顔面の正確な解剖を理解していることと丁寧な注入手技が必要となります。

施術時間 約10分 ※麻酔クリームを塗るため別途20分かかります
ダウンタイム なし
腫れ・傷跡 ほとんどありません。まれに内出血の可能性があります。
施術の痛み 麻酔をするので、多少圧迫されていると感じる程度です。
入院・通院 不要
麻酔 局所麻酔(麻酔クリーム)
持続性 1年半~2年程度
洗顔 当日から可能能
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 部分メイクは手術当日でも可能。施術部位は翌日から。

施術料金

施術名 回数 定価(税抜)
隆鼻注射(レディエッセ) 1本・0.8cc ¥130,000

よくあるご質問

ヒアルロン酸とレディエッセの仕上がりの違いがよくわかりません。
隆鼻注射(レディエッセ)は、ヒアルロン酸よりも少し硬めの仕上がりになり、横に広がりにくいのが特徴です。また、ヒアルロン酸に比べると体内への吸収に時間がかかるため、持続期間が1年半~2年とヒアルロン酸よりも長いのが特徴です。
レディエッセ注入後の副作用はありますか?
レディエッセは、ハイドロキシアパタイトという骨や歯を形成する成分が主成分で、生体適合性は100%です。事前のアレルギーテストも不要で、副作用はほとんどありません。ただし、むくみ・痒み・内出血・色素沈着といった、注入術に関連したリスクはあります。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP