大塚美容形成外科・歯科のご紹介

目の下のクマ Q&A

注入術やレーザー、たるみ取りなど、目の下のクマの施術に関するQ&A。

目の下のクマ Q&A

ヒアルロン酸注入

一度の施術でどのぐらい持続しますか?
ヒアルロン酸の種類や個人差で違いはありますが、大体6か月~12か月持続します。
どういうシワに効果がありますか?
目元の細かいシワだけでなく、ほうれい線やおでこの深いシワなど、どんなシワにも効果があります。経験豊富な医師が、患者様一人ひとりのお顔に合わせて最適な量を注入します。

レディエッセ注入

レディエッセ注入後の持続期間は?
レディエッセの注入量や個人差で多少の違いはありますが、大体1~1.5年持続します。
ヒアルロン酸とレディエッセの違いとは?
ヒアルロン酸もレディエッセも、どちらもシワ解消の注入術に使われる注入剤で、どちらも人体に元々ある成分を使用していますので、安全性には問題ありません。
ヒアルロン酸とレディエッセの最大の違いは、ヒアルロン酸は目元や口元などの細かくデリケートなパーツの治療が可能なのに対し、レディエッセは深いシワの治療に高い効果を発揮します。

Qスイッチルビーレーザー

痛みはありませんか?
施術時にパチッと輪ゴムで弾かれたような痛みがあります。痛みが心配な患者様には、施術前に麻酔クリームを塗布しています。お気軽にご相談下さい。
レーザー照射後はどうなるのでしょうか?
Qスイッチルビーレーザーを照射後、約5~7日程度で薄いかさぶたに。また、新しい皮膚が再生する際に、少し痒みを生じる場合があります。無理にかさぶたを剥がしたり、患部を掻いたりしないように気をつけて下さい。

下瞼たるみ取り(切開法)

どこを切開するのですか?
下まぶたたるみ取り(切開法)は、下まつ毛の生え際を切開して、たるんだ皮膚を切除します。
入院や通院の必要はありますか?
入院の必要はありませんが、1週間後に抜糸の必要があります。

下瞼たるみ取り(脱脂法)

傷跡はどのぐらい目立ちますか?
下まぶたたるみ取り(脱脂法)は、下まぶたの裏側の結膜から切開し、余分な脂肪を取り除くため、施術後の傷跡は全くわかりません。
コンタクトレンズはいつから着用できますか?
患者様の術後経過によって多少の前後はありますが、通常、術後3日後からコンタクトレンズの装着が可能となっております。

下瞼たるみ取り(ハムラー法)

深いしわで悩んでいますが解消しますか?
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)は、目元のたるみ・目袋(バギーアイ)・シワをトータルに改善する施術方法です。深いしわにも対応しています。手術の効果も約10年と長期間の改善が望めるメリットも有ります。まずはお気軽にご相談下さい。
施術後の腫れが気になります。
ダウンタイムは2日~7日ですが、腫れが完全に引くには1~2週間程度かかります。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP