乳頭縮小・陥没乳首など乳頭の手術について

乳頭の手術</span>

乳頭関連の施術

乳頭縮小・陥没乳首など、乳頭関連のお悩みに対応します。

乳頭関連の施術とは

乳頭の形やサイズなど、お悩みは人それぞれです

乳頭の形やサイズなど、お悩みは人それぞれです

乳頭は、妊娠や授乳によって形やサイズが変わってしまうことがしばしばあります。通常は授乳後に元の大きさに戻リますが、戻らずにそのまま伸びている状態の場合、美容外科的な手術によって元のサイズに戻すことが可能です。手術後も授乳可能な状態にできますので、カウンセリングの際に医師にご要望をお伝え下さい。

乳頭関連の施術(乳頭縮小)

正面
  • 施術前
  • 施術後
横向き
  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
乳頭縮小術

費用
乳頭縮小術(外径・高さ)
¥200,000~

リスク
感染症、乳汁分泌障害及び乳頭壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
手術後1週間程度の痛みがあります。
3.傷跡
本手術は切開を行いますので傷跡ができます。切開部は2か月程度の赤みがあります。

手術時の痛みに対して
手術は局所麻酔を行いますので手術時の痛みはほとんどありません。しかし、局所麻酔自体に痛みがあるので、痛みが心配な場合は静脈麻酔を併用します。

感染症に対して
術後の感染症に対して手術中は滅菌操作で行います。また、術後に抗生剤の内服を処方します。

乳汁分泌障害及び乳頭壊死のリスクに対して
乳頭縮小術では乳頭を全周性に切開して不要な組織を切除して乳頭を小さくします。組織を切除する際に血管と乳管を残して切除しますが、誤って乳管を損傷すると乳汁分泌障害をきたす危険性があります。また、血管の多くを損傷すると乳頭壊死をきたす危険性があります。

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代後半の女性です。水着を着た時などに乳頭の高さと大きさが気になるとのことで乳頭縮小術を行いました。当然若い方なので、将来出産時の授乳のことも考え乳管を温存させて、乳首の高さをなくすために乳首下方部の切除を行い、次に乳頭を小さくするために左右差を調整しつつ残った組織の切除を行いました。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
様々なお悩みに対応いたします。

乳頭を小さくする手術は、乳頭の太さを縮める方法と乳頭の長さを短くする方法、そして乳頭の太さと長さを両方とも縮める方法があります。一番多い相談は太さと長さの両方を小さくする方法についてです。両方を縮める手術方法でも乳管を温存して、将来に授乳できるような手術方法を行うことが多く、傷は乳頭のしわに隠れるため、ほぼ分かりません。

乳頭縮小術

乳頭縮小術の施術プロセス

乳頭縮小術(乳首縮小術)は、肥大した乳頭や長くなった乳頭を部分的に切除し形を整える施術です。 乳首の幅が広すぎる場合は、乳首の側面の数箇所を三角形にカットして、余分な皮膚と組織を除去していきます。
また乳首の高さが高すぎる場合には、不要となる厚みを水平に輪切りにカットしていきます。また幅も広く、なおかつ高さもある場合には、先述した2種類の手術をミックスして整えます。

いずれの場合でも、所要時間は1時間~1時間半程です。乳頭部分はメラニン色素が多いので傷跡はほとんど目立ちません。

施術の留意点
所要時間 1時間~1時間半の手術です。術後翌日に消毒、約10日後に抜糸を行います。(溶ける糸を使用する場合は抜糸の必要はありません)
抜糸までの間、手術した部位を保護するガーゼを付けていただきます。
ダウンタイム 術法によって異なりますが、1~2週間程度多少腫れを生じます。赤みは1~2ヶ月程度出ることもあります。
術後について シャワーは傷口が濡れなければ当日から可能です。
1.サイズの大きい乳頭を小さくする方法
  • サイズの大きい乳頭を小さくする方法のプロセス1 施術前
  • サイズの大きい乳頭を小さくする方法のプロセス2 乳頭の側面数か所を三角にカットします。
  • サイズの大きい乳頭を小さくする方法のプロセス3 余分な皮膚と組織を除去し縫合します。
2.高さのある乳頭を小さくする方法
  • 高さのある乳頭を小さくする方法のプロセス1 施術前
  • 高さのある乳頭を小さくする方法のプロセス2 乳頭外周を輪切りにカットします。
  • 高さのある乳頭を小さくする方法のプロセス3 乳頭の高さをなくして縫合します。
3.サイズが大きく高さもある乳頭を小さくする方法
  • サイズが大きく高さもある乳頭を小さくする方法のプロセス1 施術前
  • サイズが大きく高さもある乳頭を小さくする方法のプロセス2 乳頭の側面数か所を三角にカットし、乳頭外周を輪切りにカットします。
  • サイズが大きく高さもある乳頭を小さくする方法のプロセス3 余分な皮膚と組織を除去し、乳頭の高さをなくして縫合します。

陥没乳首修正術

陥没乳首修正術の施術プロセス

陥没乳首(陥没乳頭)とは、乳首がバストの内部に埋もれている状態です。刺激を与えると乳頭が出てくる仮性(軽度)の陥没乳首と真性の陥没乳首では多少術式が異なります。仮性の場合は術法も複数あり傷跡もほぼ目立ちません。

真性の乳首陥没の場合、引っ張っている筋肉と組織の緊張状態を手術によってゆるめていきます。まず乳頭の付け根から乳輪にかけて2~3ヶ所カットし、そこから乳管を引き上げて固定させることによって、乳房の中にめり込んでいる乳首を外に引き出し、きれいな形に整えて縫合していきます。手術は約1時間~1時間半程です。

乳管について

陥没乳頭の術式には、乳管を温存する方法と乳管を切断する方法があります。大塚美容形成外科では、患者様のご要望に合わせてどちらの術式でも選択することができます。

施術の留意点
所要時間 1時間~1時間半の手術です。術後翌日に消毒、約10日後に抜糸を行います。(溶ける糸を使用する場合は抜糸の必要はありません)
抜糸までの間、手術した部位を保護するガーゼを付けていただきます。
ダウンタイム 術法によって異なりますが、1~2週間程度多少腫れを生じます。赤みは1~2ヶ月程度出ることもあります。
術後について シャワーは傷口が濡れなければ当日から可能です。
陥没乳首修正術
  • 陥没乳首修正術のプロセス1 施術前。乳頭が陥没しています。
  • 陥没乳首修正術のプロセス2 局所麻酔後、乳頭を引き出します。
  • 陥没乳首修正術のプロセス3 乳頭の陥没に合わせて、手術のデザインをします。
  • 陥没乳首修正術のプロセス4 皮膚を切開して、乳頭直下の瘢痕(はんこん)組織を剥離し、皮弁を作成します。
  • 陥没乳首修正術のプロセス5 乳頭が再度陥没しないように、皮下で皮弁を縫合します。
  • 陥没乳首修正術のプロセス6 傷口を縫合して手術終了です。

乳頭の黒ずみ除去

乳頭の黒ずみ除去の施術プロセス

乳頭がメラニン色素の影響で黒ずんで見えることがあります。この場合は、トレチノイン、ハイドロキノンといった塗り薬で色素を薄くすることができます。自宅で1日1~2回(朝・晩)塗るだけで、徐々に黒ずみが薄くなっていきます。元々の濃さやお肌の反応に個人差はありますが1クールの目安は2~3カ月です。

施術の留意点
所要時間 自宅で塗り薬を塗るだけです。
ダウンタイム 特にありません。数日使用した際に、皮むけ、赤みが出る場合もありますが特に問題ありません。
術後について 通常の生活に特に支障ありません。
塗り薬の塗布方法
  • 陥没乳首修正術のプロセス1 ハイドロキノン乳酸をベビー綿棒に極少量取り、乳輪の外側皮膚(1cm幅位)に薄く塗布します。
  • 陥没乳首修正術のプロセス2 ハイドロキノンの上にゲンタシン軟膏をベビー綿棒に極少量取り薄く重ねて塗布します。
  • 陥没乳首修正術のプロセス3 トレチノインをベビー綿棒に極少量取り、乳輪にはみ出さないように薄く塗布。その後3~5分乾燥させます。
  • 陥没乳首修正術のプロセス4 ハイドロキノン乳酸をベビー綿棒に極少量取り、乳輪にはみ出さないように薄く塗布します。その後、ティッシュを乳輪に貼り15分後にはずします。

施術の詳細・施術料金

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
乳頭縮小術

費用
乳頭縮小術(外径・高さ)
¥200,000~

リスク
感染症、乳汁分泌障害及び乳頭壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
手術後1週間程度の痛みがあります。
3.傷跡
本手術は切開を行いますので傷跡ができます。切開部は2か月程度の赤みがあります。

手術時の痛みに対して
手術は局所麻酔を行いますので手術時の痛みはほとんどありません。しかし、局所麻酔自体に痛みがあるので、痛みが心配な場合は静脈麻酔を併用します。

感染症に対して
術後の感染症に対して手術中は滅菌操作で行います。また、術後に抗生剤の内服を処方します。

乳汁分泌障害及び乳頭壊死のリスクに対して
乳頭縮小術では乳頭を全周性に切開して不要な組織を切除して乳頭を小さくします。組織を切除する際に血管と乳管を残して切除しますが、誤って乳管を損傷すると乳汁分泌障害をきたす危険性があります。また、血管の多くを損傷すると乳頭壊死をきたす危険性があります。

施術名 定価(税抜)
乳頭の縮小(外径・高さ) ¥200,000~
陥没乳頭 ¥300,000~
乳頭のホワイトニング ¥33,000~

よくあるご質問

乳頭が大きくなる原因は?
生まれつき大きい方と、授乳により肥大してしまった方がいます。
乳頭関連の施術のダウンタイムを教えて下さい
術法によって異なりますが、1~2週間程度多少腫れを生じます。また、赤みは1~2ヶ月程度出る場合があります。
乳頭の感覚は術後は弱くなりますが、3ヶ月~6ヶ月程度で徐々に戻ってきます。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP